〜日曜予想[メイン予想]は深夜24時掲載ですのでもう暫くお待ち下さい〜
[時間限定掲載]フェブラリーSの推奨馬の馬名は(6位)で公開中!
《→コノ馬は休み明け初戦は振るわず、叩き2戦目以降から本領発揮がパターンとなっている馬です。
=過去の中8週以上時の成績とその次走の成績=
グリーンチャンネルカップ3着→武蔵野S1着
欅S3着→アハルテケS1着
グリーンチャンネルカップ12着→オータムリーフS3着
高瀬川S11着→BSイレブン賞1着
立夏S5着→洲本特別1着
銀嶺S5着→再び休養入り
500万下5着→500万下1着
--------------------------------------

前々シーズンも初戦3着から2戦目で圧勝…前シーズンも叩き2戦目の武蔵野Sでジャンプアップのパフォーマンスを見せたという形に。
前走根岸Sはいつになく入念な攻め過程での鉄砲戦でしたが、それでも全く動けなかった結果を見る限りではやはり初っ端からは走れない体質の馬と見られて…この二戦目に大きく変わってくる可能性の魅力は見出せます。

---------------------------------------------------------------------------

☆オリジナル出馬表の見方

jgh
→馬名→レース間隔/[前走]クラス・コース距離(※重賞OP競走版はレース名)→→着順→
・最上部のブラック囲み部位→メンバーレベルC以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル]
左側のパープル囲み部位→属性&チェック馬
=スンナリ系馬(スンナリ系気質を複数回見せている馬)、=スンナリ系可能性馬(スンナリ系性質を1度見せた馬)、=スンナリ系馬且つ次走チェック馬、=折り合い難馬・気性難馬、=良馬場向き馬・=雨馬場向き馬、夏冬春暖涼=各季節馬、左・右=各回り巧者、千=直千巧者、北=北海道巧者、滞=滞在向き、休=休み明け向き、叩=叩き良化型、=レースレベル観点での注目馬(基本的にHレベルレース歴戦馬)、狙・注は次走チェック馬(※候・見・元は個人的なマークなのでスルーして下さい)」
真ん中のレッド囲み部位→レースレベル
C以上[超Hレベル以上]-CD[Hレベル]-D[並]-DE[低レベル]-E[超低レベル]
その右のオレンジ囲み部位→発生バイアス「後〇=後方有利、外〇=外有利、後外=後方外有利etc.」
その右のグリーン囲み部位→補正タイム
その右のブルー囲み部位→レース評価
「X・Y・Z=次走注目評価/N=ノーカウント評価」(※重賞OP競走はアルファベット順の[S-A-B-C-D-E-F-−]のパフォーマンスレベルも掲載)
その右のグレー囲み部位→レースメモ「膨大につきコチラのリンク先で別掲」
※レースメモは原則的に敗因orパフォーマンスを下げた要因を表す記号です(リンク先の赤文字箇所はその例外)。ただし、レース評価(XYZ/N)・レースメモ(敗因)は敢えて網羅はさせていません…私がキチンと妙味に繋がるとジャッジするケースに絞り込んで記しています。例えば、そもそも弱い馬は仮に展開不利のせいで余計に負けているとしても着眼する必要はありませんし、着順が1つか2つ入れ替わる程度の不利からは妙味は見出せないので着眼する必要はありません等々。

☆オリジナル出馬表の意義とメリット
18年3月掲載⇒

◆文綟掲載予定)

☆オリジナル出馬表の活用法
基本的には以下の3パターン(連続ワケ有り敗戦馬・チェック馬・Hレベルレース馬)に属する馬に注目して頂くのがベターです。また、何れにしても“レベル”の観点は何よりの土台になりますので、連続ワケ有り敗戦馬・次走チェック馬でも近走レースレベルよりも今回メンバーレベルが高い場合には入れ込み過ぎない方がベターです(その逆こそが狙い目です)。
56i7ty8o

☆オリジナル出馬表の実践例
19年7月掲載
(随時追加予定)

☆明日のオリジナル出馬表/平場推奨馬一覧(暫定分)
≪完全版メルマガ購読者限定となっておりますm(__)m≫
該当の方は≪記事最下部までスクロール→[ログイン]をクリック→[パスワード認証]をクリック→[ニックネーム(何でも適当で可)&パスワード(毎週初にお知らせ)]を入力≫でご覧下さいませ。
--------------------------------------
☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》新規購読受付中

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。