※今週のブログ更新は通常と掲載順序を入れ替えてお届けさせて頂きます
☆阪急杯の◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》購読予約受付中
--------------------
【阪急杯の有力馬診断(前篇)〜“2歳時6戦4勝(3歳以降0勝)”のアルーリングボイスの仔らしく、“2歳時4戦3勝→3歳時1勝→4,5歳時0勝”の早熟戦績を辿るアンヴァル〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
rtuyiuoi
―アンヴァル牝5藤岡康54藤岡健(栗東)
2歳時は4戦3勝とスプリント路線で圧倒的なパフォーマンスの連続。
その後に別距離カテゴリの桜花賞路線を目指された分で一時調子を崩しましたが、3歳秋から4歳春までは何とか重賞好走級~OP特別勝利級のランクで走れていました。
しかし、4歳夏シーズンになると、OP特別2着&重賞3着とそれなりの結果は残しましたが、走りの中身は全盛の若駒時代とは全く異なるズブさ丸出しの姿に。
それは、2番人気に推されていた前走北九州短距離Sの予想文でも指摘した通り、早熟血統(母は同じ様な戦績推移で晩年はカラッキシだったアルーリングボイス)の限界と見るのが妥当だろうと。
前走2番人気馬なので今回も多少人気は残るはずですが、上記の通りとすれば後追いすべきでない馬となります。


―エスターテ牝5○○54伊藤伸(美浦)
折り合い難から距離短縮ローテに良績集中するのと、小柄な牝馬で軽斤量時(過去好走は全て52キロ以下⇔53キロ以上では過去8戦8凡走)にしか走らないという2点がポイントという馬。
距離千四で、斤量も54キロ背負わされるココは買い材料ナシ。


―ジョイフル牡6川又56吉村(栗東)
2走前タンザナイトSはナックビーナスを豪快に差し切る金星として一部で評価されていましたが…ただし、そのナックビーナスはソラを遣う癖があって0.1秒差が定位置(相手ナリに走れる)というタイプで、その結果についてはジョイフルが強くてナックビーナスを打ち破ったというよりは、ナックビーナスがいつもの相手ナリ力(併せてからの強い)を発揮できない、遥か離れた所から差し切ったジョイフルの作戦勝ちの色が濃いモノでした。
前走シルクロードSは外差し有利展開に乗りながらも7着止まりだったのが現状の実力で…重賞の相手関係ではやや苦しいか。


―ニシノラッシュ牡8○○56宮本(栗東)
2年前の阪急杯4着馬。
ただし、その年の同レースは直線で大渋滞が起こったレースで、結果的には逃げたダイアナヘイローがそのまま1着に、2着3着には地力の違いで外から追い込んできた1人気モズアスコット&2人気レッドファルクスが入線という構図でした。4着以下についてもドン詰まり馬多数という中で、最内枠からスンナリ先行競馬できたニシノラッシュは、展開とコース取りの面で相当恵まれたから好走できた部類でした(全馬がスムーズならば大分着順を落としていたはずの内容でした)。
近2走は長欠明けで情状酌量できる敗戦としても、その3走前の限りでは再激走も望み薄だろうと見られます。


―ハッピーアワー牡4吉田隼56武幸(栗東)
まず父ハービンジャーの牡駒の時点で本質的なスプリント適性は疑問と思うべきです。
それで芝千二で1勝クラス戦以上を勝利したのはこれまでナンヨーアミーコとハッピーアワーの僅か2頭のみ、芝千四まで広げてもヒーズインラブの3頭のみです。
気性難ナンヨーアミーコもそうですが、ハッピーアワーの場合にもスピードがあるからではなくて、気性的な面で仕方なくこの距離を使われたのが始まりなので、そういう馬が同距離カテゴリで大きく出世できるかと言えば疑問が大きいと言うべきです。
4走前キーンランドカップ・3走前プリンターズSは共に先行勢が苦しく-後方勢が着を拾えるレース展開での10着・7着というのも如何にも評価し辛いです。
この開幕週馬場条件の距離千四ではまだスピード不足と見ます。


★○○○○○○(←阪急杯の◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
昇級初戦だった昨夏中京記念後に『使える脚が短い分で準OPも散々勝ちあぐねましたが、その中には重賞OPクラスで通用している馬に対しての惜敗歴も多々…勝ち切れないだけで持っている能力自体はOPクラスでも通用し得る馬だと見られます。今回は距離長いマイルで伸びきれなかった敗戦で、持ち場の距離千四路線ならばチャンスあるでしょう。』と書きました。
その後も距離マイル起用では全て掲示板外に敗れていますが、距離千四路線では5走前朱鷺Sが3着まで0.1秒差&2走前阪神カップは詰まり6着健闘で、やはりOP特別級では好走が狙えるラインにある馬だと見られます。
阪急杯は2年連続で直線で大渋滞が起こっており、その中で運良く抜けて来られた馬が力量足りなくとも馬券内を狙える可能性も読めますので…その候補として大穴一考。

--------------------
☆阪急杯の◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週600円台で予想[全平場予想&重賞OP予想]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を全てコミコミ週5長文配信》購読予約受付中

--------------------