☆当レースの危険穴人気馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在10位台)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版メルマガ《週600円台で予想展望回顧を全コミコミ週5配信》購読予約受付中
☆完全版DMMオンラインサロン《10日間無料お試しOK》新規入会随時受付
--------------------
【宝塚記念の有力馬診断(後篇)〜[グローリーヴェイズ]芝重賞OP競走での上位人気馬ぶっ飛ばし事例の実に8割がディープ産駒騎乗時(プリモシーン・デゼルetc.)というレーン騎手〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
9hi@0[-
★クロノジェネシス牝4北村友56斉藤崇(栗東)
『今の競馬は消耗が激しくレースを続けて使っても良いことがありません』というのは、クロネジェネシスの妹ノームコアを所有する個人馬主さんの言葉ですが、その背景はともかくとしてトレンドとして連戦ローテを苦にしての凡走事例、その表裏としての休み明けローテ(若しくは何もできずの大敗後などで疲労が抜けているタイミング)での一変事例は枚挙に暇がありません。
このクロノジェネシスも昨秋は8分のデキと言われていた秋華賞であれだけ走れて、叩いて良化と言われていたエリザベス女王杯で走れなかったというのは、その反動の一言で片付ける他にありません。
ちなみに姉ノームコアも同様に、3歳秋初戦紫苑Sで激走して次走エリザベス女王杯では人気を背負って飛んでいました。そして4歳時には全てフレッシュなローテで活躍しているという近況です。

クロノジェネシスの今期は大阪杯に向けて間隔を空ける為に京都記念から始動のローテだったはずですが、それでも前走大阪杯時の間隔は中6週で馬体減での出走でした。それでの2着という結果については、本調子であればまだ上が見込めるモノだと捉えたいです。

昨秋秋華賞、今期初戦京都記念は共に中10週以上空いて馬体重大幅増でパフォーマンスを伸ばしての勝利(陣営は常々馬体を増やしたいとしており、連戦ローテではそれができずにパフォーマンスを伸ばせずという経緯)…それと同様の過程で挑むココは前走大阪杯以上の内容と結果が見込める局面と見ます。


▽グローリーヴェイズ牡5レーン58尾関(美浦)
芝重賞OPレースで非ディープ産駒の人気馬に騎乗した場合には12戦10好走、対してディープ産駒の人気馬に騎乗した場合には10戦2好走と両極端の成績を残しているレーン騎手。

このレーン騎手が飛ばすパターンは、上手く道中の溜めを作れなかったケースばかりで…それは、出遅れる馬だったり、また血統で言えば押して出して行くと良くない繊細なタイプの馬だと失敗確率が上がるというコトです。

つい2走前京都大賞典では外枠先行競馬で折り合えずに凡走した前科もあり、3週前追い切りと2週前追い切りでは折り合いの不安を覗かせていたとの話もあり…やはりレーン騎手騎乗で戦闘力UPが望めるタイプではないと見れれますので。


―アフリカンゴールドセン5○○58西園(栗東)
昨年アル共杯3着後には「連戦ローテで折り合いの難しさを見せていた。元が気性難ステゴ産駒だけに、やはり間隔を空けて落ち着いてレースに挑むローテがベストだろう」と記しましたが、その後は間隔開けた2戦の日経新春杯&メトロポリタンSでも折り合いを欠いてまるで良い所ナシの結果に。
そういう意味では距離短縮は良いのかも知れませんが、これまで大事に使っていたにもかかわらずやっつけ感も窺える3連戦ローテが良いとは?


▽カデナ牡6鮫島駿58中竹(栗東)
一瞬の脚を生かしたいタイプで、あまりペースが流れない中での軽い上がり勝負の方が自身の本領。
昨年好調期に『軽い・一瞬の脚型だけにスローペースでの上がり勝負の方が自身の本領という3連続好走目。次走以降も脚が鈍る急坂コースではなく、脚が続かない外回りコースでなければそれなりに信頼が置けそう』と記しましたが、前走大阪杯でのスローペースで一足に懸ける競馬でのあわやの激走は正にコノ馬の本領と言えます。
大阪杯と比べて距離的にも馬場的にも、一瞬脚だけでは乗り切れない底力要求レースが想定されるココでは果たして?


▽ブラストワンピース牡5川田58大竹(美浦)
前走大阪杯7着については前年6着時と全く同じ敗因が指摘できて…内有利レースになりながらも速力不足で後手に回って、器用な立ち回りができない弱点を露呈という負け方でした。
昨夏に距離二千の札幌記念では勝利しましたが、それも内枠から出して行ってもダッシュが付かず後手に回る形でしたので、やはりタイトな競馬になる中距離G1の内枠ではどうしても位置が取れない馬と見るべきでしょう。
その札幌記念では内を割る形で勝利しましたが、それはまずG1よりも格段にタイトなレースではなかったのと、幸運もあってコーナー地点を内の進路取りながらも周りに馬がおらずに広いスペースを使って仕掛けられた点がポイントでした(再現性に乏しい競馬)。
いずれにしても馬のズブさ・鈍さが招いた敗戦も、逆に言えば距離延長や渋化馬場や外枠など弱点を補える条件レースでならば巻き返しが期待できるワケで…蓋を開けてみなければですが、そういう馬場で施行される雨の宝塚記念となればその格好のレースとなり得ますが…。
ただし、状態的には以下の通り買い辛いトコロがあります。


★○○○○○○(←当レースの危険穴人気馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走G1レースでは、5番手追走からコーナー地点で窮屈になり位置取りを下げ、最後はバテた馬だけ交わして5着入線。もう少し位置を取れればまた違った可能性もありますが(実際に鞍上もそうコメントしていますが)、でもそれをしなかった・できなかったというのは馬の問題でもあると思います。
昨年も福永騎手が騎乗した3戦は全て行きたがる挙動を見せており、前走やはり折り合い面を位置取り面よりも優先せざるを得ず…それも込みで馬の能力とも言えますので。
また、そういう折り合い専念騎乗して、仕掛け遅れながらも直線ではキチンと追えていたのに最後伸びなかった辺りは…早熟ディープインパクト産駒の限界の頃合いと見られます(古馬になっての2好走は共に低レベルG1レースだった大阪杯3着とジャパンカップ3着だけ…3歳春までの相対的パフォーマンスを取り戻すというミラクルがない限りはココでは足りません)。

?ラッキーライラック牝5Mデムー56松永幹(栗東)
?スティッフェリオ牡6幸58音無(栗東)
この2頭については完全版限定公開とさせて頂きますm(__)m

--------------------
☆当レースの危険穴人気馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在10位台)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆完全版メルマガ《週600円台で予想展望回顧を全コミコミ週5配信》購読予約受付中
☆完全版DMMオンラインサロン《10日間無料お試しOK》新規入会随時受付
to79@
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
【完全版オンラインサロン】に入会希望(10日間無料お試しOK)の方は
コチラから

〜〜〜〜〜〜

【完全版メルマガ】を中期単位(約10~12週単位)で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに[詳細希望]とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------