☆当レースの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在10位台)で公開中!
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版メルマガ《週600円台で予想展望回顧を全コミコミ週5配信》購読予約受付中
☆完全版DMMオンラインサロン《10日間無料お試しOK》新規入会随時受付
--------------------
【中京記念の有力馬診断(後篇)〜無気力騎乗連発だった昨年12月2週目のデムーロ騎手リターン馬のベステンダンク(当日8R中7Rで秒単位大敗→内6頭が次走乗り替わりでガラリ一変激走)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
iyuouo@
△ソーグリッタリング牡6川田57池江寿(栗東)
まずは昨夏関屋記念時の有力馬診断を参照↓
『コノ馬は抜け出してからソラを使う面があって出世が遅れた馬。
3走前2走前のOP特別連勝は共に直線馬なりで、あとはソラを遣わせぬ様に追い出しを我慢した分での0.0秒差&0.3秒差で、本来ならばもっと着差を付けて然るべき完勝劇だった。
前走エプソムCも超スローペースの行った行ったの競馬でありながらも、やはり早めに追い出せぬ性質馬だけに、前残りを許してしまったという形での3着止まりでした。
それはイレギュラー決着にしてやられただけで、本来は重賞で勝ち負けして当然の馬という見方をし続けて大丈夫だろう。
勝ち切る為には鞍上の好判断が必要になってくるが、何れにしても能力で3着内は外さない競馬には自ずとなってくるはず。』

・・・
5走前カシオペアSもソラを遣った分での格下相手の0.0秒差3着、3走前京都金杯もそういう馬には厳しい大外18番枠から大外を回す競馬になった分だけ伸びきれずの4着、2走前メイSは0.0秒差2着、前走エプソムCも内枠から相手ナリに走って2着。
結果的には好走後にもかかわらず人気落ちだった前走が買い時だった感はありますが…引き続き重賞相手関係でも相手ナリに好走善戦は濃厚な一頭と言えます。


▽ロードクエスト牡7松若57小島茂(美浦)
3走前スワンSでは、出遅れから道中も追走に苦労したり行きたがったりとムラな面を見せて良い所ナシの敗戦。その要因として考えられるのは、3走前京成杯AHでの接触不利の後遺症。どうも他馬を気にする面が出てしまっているようで、それでの最内枠競馬が仇となった可能性が高い負け方でした。
そこから十分間隔を空けたのが功を奏したのか、今期2走は共にイン競馬ながらも嫌気を出さずに4着5着と健闘。
ブログ上でも何度か取り上げた通り、蹄不安を抱えている時は戦績も振るわない傾向があり、それが解消した今は一時期の不振は脱した感はありますが、現時点の能力よりも過去に積み重ねた実績に応じて課されるハンデ57キロというのは明らかに不利で…善戦まではあってもこのタイミングで突き抜ける結果があるとは?


―プリンスリターン牡3原田和52加用(栗東)
まずは前走NHKマイルC時の◎予想見解を参照↓
『前走アーリントンCはHペースを位置を取りに行きすぎる騎乗をされた分で行きたがってしまうロス大の内容。それでもジックリと溜める競馬ができた他上位馬と互角級の走りができたのは、能力を再認識させられた結果でした。
2走前シンザン記念は凡戦扱いされていますが、それでも次走桜花賞で馬場不利ながら6着健闘したサンクテュエールと互角の走り、その後にきさらぎ賞1着&皐月賞7着健闘するコルテジアを突き放す走りというのは案外侮れないパフォーマンスで。また、この馬は右回りだと内にモタれる面があって、そのレースでは直線で他馬接触を回避するために矯正が求められた分だけ追えないシーンがあった分だけの敗戦とも見られます。
3走前朝日杯FSも右回りもあってスムーズさを欠く形になっての差し遅れての敗戦でした。』

・・・
その前走NHKマイルCは序盤から鞍上が御せずで乗り難しさを露呈するチグハグなレース振りで…。
そこで激走する為には前走アーリントンCや3走前朝日杯FSから劇的にレース振り・騎乗振りが改善することが前提でしたが、結果的にはこの鞍上では無理だたっというのが結論と見ます。
「3走連続でワケ有り敗戦が続ていたからまともなら更に」という予想でしたが、この難儀な馬にこの鞍上が乗る限りはそういうレース振りにしかならないという…これは原田騎手批判ではなくて、この人馬を買う側が悪いという話です。
馬は能力ある方と見ますが、引き続きフルゲートの難しい局面ではそれをフルに発揮させるコトはほぼほぼ望み薄だろうと。


―ブラックムーン牡8藤井57西浦(栗東)
折り合い不安と馬群不安で外追い込みオンリーというタイプ。
5走前ニューイヤーSは外有利馬場で内がガラ空きだった分で内を狙う競馬をしてきたが、それで斤量60キロを背負いながらも8着というのはそこまで悪くないパフォーマンスでした。
4走前洛陽Sは外差しレースで4着健闘、3走前大阪城Sは逆に内有利レースで7着止まり。
上記の特徴が余程嵌まるレースとなれば通用可能性は残していますが、フルゲート多頭数戦では余程のコトが無い限りは・・・。


★ベステンダンク牡8松山57安達(栗東)
まずは2走前マイラーズC7人2着時の◎見解を参照↓
https://yoso.netkeiba.com/?pid=yoso_detail&id=1146964
ykiyuop
・・・
2走前マイラーズCはデムーロリターン&スンナリ先行競馬で一変、前走都大路Sも連続スンナリ先行競馬で連続激走という経緯。
ようはスンナリ先行競馬でさえあれば現級6走連続好走中という隠れ実績上位馬で…今回は逃げ馬トロワゼトワル以外の出方は鍵となりますが、再びその形が叶いそうでさえあればまた盲点激走馬になり得る一頭と見ます。

(※当時未確定だったベステンダンクは次走7番人気2着・サトノディードは8番人気1着で、結果的には凡走7頭中6頭が次走乗替りで一変という結果に↓)


★○○○○○○(←当レースの◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
前走G1レース人気薄健闘時での有力馬診断では『近2走は共に寒い季節となり調教でも併走遅れで本調子になかったのが全てだろう。今回はコースは違えど1週前追い切りでは本来の先着調教となっているだけに、本調子を取り戻してつい3走前だけ走れば通用という可能性は拾いたいトコロ。』と記しましたが、予想では拾えませんでしたが結果的には季節馬らしく調子が上向いての一変だったと読み取れます。
この良績季節で非遅れ調教という好調サインを見せていればあれ位は走れる馬という見方をすべきで…人気薄激走後で人気が追い付いていない(前走G1善戦馬としては人気しない)ココは買い時と見ます。


?ストーミーシー牡7○○56.5斎藤誠(美浦)
やはり全方位に開かれた場で、全てを出し惜しみなく出し尽くすワケにはいきませんので…コノ馬については情報保護=完全版限定公開とさせて頂きますm(__)m

--------------------
☆当レースの◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在10位台)で見られます!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆完全版メルマガ《週600円台で予想展望回顧を全コミコミ週5配信》購読予約受付中
☆完全版DMMオンラインサロン《10日間無料お試しOK》新規入会随時受付
yul『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』
【完全版オンラインサロン】に入会希望(10日間無料お試しOK)の方は
コチラから

〜〜〜〜〜〜

【完全版メルマガ】中期(約10~12週)~長期単位で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに[詳細希望]とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------