お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場推奨馬一覧)
[1]前日結果=1R中0的中/本日予想=ラジオ日本賞・[ブログ予想]ローズS
[2]前日結果=2頭中2好走/本日予想=全3頭[中京4,中京8,中山10]
完全版メルマガ=外部媒体より6~9割安価(最安)の1開催日320円前後でほぼ毎日配信
完全版DMMオンラインサロン=お手軽に1週間お試し無料1ヶ月単位で購読可能
note=[1]1R400円程/[2]1R275円程×レース数(最大1日980円)
netkeibaウマい馬券=1R500~750pt(平場勝負穴予想のみオッズ変動防止の為に900pt)
 
-------------------------
中山11Rラジオ日本賞

【ブログ重賞OP予想】
中京11Rローズステークス(勝負度C)
[印]
◎クラヴァシュドール
△・・・

[見解]
ou9ip890
先週紫苑Sでは桜花賞善戦(同出走馬の中で最先着)・オークス凡走(同出走馬の中で最下位)だったマルターズディオサが勝利を収めましたが、当時予想内でも詳説した通り、レースレベルが低くて弱い馬でも上位入線できてしまうレースだったオークスよりも、正真正銘のHレベルレースだった桜花賞で力を見せていた馬こそ“本物”として重視すべき存在だと見ています。

今回ローズSの出走馬の中で、その桜花賞で最先着だったのが本命印を打つクラヴァシュドールです。
このクラヴァシュドールについては、今春3戦でチューリップ賞でのみ高評価(◎)、桜花賞オークスでは無印評価をしていました。
それは前哨戦を前哨戦とせずに勝ちに行く方針をとる中内田厩舎所属馬という点からでした。
そんな能書きだけではなく、実際にもチューリップ賞では肉体的にも精神的にもお釣りは無さそうな仕上げでの2着好走で、その後に連戦でパフォーマンスを上げられなかったのも致し方ないものと見られます。
多少恵まれた面もあったとはいえども、その状態でHレベルレース桜花賞4着善戦という戦績については、能力的に格上存在との評価を与えたいです。

2歳秋シーズンでも3歳春シーズンでも、初戦の前哨戦で最高パフォーマンスを叩き出した馬キャラ&厩舎キャラを思えば…3歳秋シーズンも同じくココでこそ一番の走りをしてくれる期待が懸けられる一頭と見て推奨します。
≪相手馬と買い目は完全版(note&完全版メルマガ&DMMオンラインサロン)限定公開です≫

-------------------

☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
upoiu9op
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから