お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場推奨馬一覧)
[1]前日結果=1R中1的中/本日予想=神戸新聞杯・[ブログ予想]オールカマー
[2]前日結果=2頭中0好走/本日予想=全3頭[中京6R~]
完全版メルマガ=外部媒体より6~9割安価(最安)の1開催日320円前後でほぼ毎日配信
完全版DMMオンラインサロン=お手軽に1週間お試し無料1ヶ月単位で購読可能
note=[1]1R400円程/[2]1R275円程×レース数(最大1日980円)
netkeibaウマい馬券=1R500~750pt(平場勝負穴予想のみオッズ変動防止の為に900pt)
 
-------------------------
中京11R神戸新聞杯

【ブログ重賞OP予想】
中山11Rオールカマー(勝負度C)
[印]
◎ミッキースワロー

[見解]
uip;oi@
1人気カレンブーケドール
昨秋はシーズン3走目ジャパンCで、ウッドコース調教を解禁して、春オークス当時の高パフォーマンスを取り戻しての激走。
結果的には蹄不安を引きずって坂路調教オンリーの2戦で落ち込み、コース調教(国枝厩舎の勝負調教)を施されたオークスとジャパンCでは世代最高級のパフォーマンスを繰り出したという経緯です。
今回も相変わらず蹄の補正は見られて、3週前と2週前こそウッド調教だったものの。1週目と直前追い切りは坂路調教にトーンダウン。
その坂路調教でも紫苑S3着・秋華賞2着とそれなり以上には走っているワケなので、それと同じだけ走れれば全然足りる計算にはなりますが…それでもココで本領発揮というよりは、何かに足を掬われる可能性の方が高いだろうと。

3人気クレッシェンドラヴ
前走七夕賞では『元より怖がりな面もあってスムーズな形でないと力を出せなかった傾向もあった馬で、前走のポカが一過性だとは限らない点は注意が必要で…外枠なら押さえ以上の評価はしたいですが、内枠ならばその二の舞の懸念も』と記しました。
結果的にも『思った以上に前に行けませんでした』とのコトでその懸念は半分的中も、それでも大分バラける馬場だったので後半巻き返しが利いたという結果に。
2走続けて前に行きたくても気性が邪魔をして前付けできない競馬になっているのは明確なマイナスポイントで…ココも少頭数は有難いですが最内枠ではやや信頼を置き辛いトコロ。

本命は2人気ミッキースワロー
揉まれ弱さあって外回し競馬が好走パターンになっているというタイプ。
2走前日経賞は外差し馬場で外回し競馬で好走、前走天皇賞春は通常では同戦法は不利ですが今年は外有利馬場となった分で自ずと有利な走りができたのが主な好走要因。
ただ、ミッキースワロー騎乗時の横山典騎手は実は位置を取りに行く意思は常々見せており、ただし枠順や他馬との兼ね合いもあった中々それは実現していませんが…後述の“G2マイスター横山典騎手”という観点と、この少頭数立てで先行勢手薄のメンバー構成戦のココならば、外回し競馬よりも有利なスンナリ先行競馬を打てる可能性も十分で…その暁には当然勝ち負けの結果が見込めます。

“G2マイスター横山典騎手”については18年秋からピックアップしていますが、月日を経てそのワードが浸透しつつあるというコトは、確かに実態を反映しているポイントであるからこそでしょう。
今年も同騎手の重賞勝利はほぼ全てG2レースだったりしています。
昨秋以降でも「アル共◎ムイトオブリガード1着」「中山記念◎ダノンキングリー1着」「目黒記念◎キングオブコージ1着」「札幌記念◎ノームコア1着」と同騎手のG2マイスター騎乗のおこぼれに与っていますが、それらはどれもこれも好騎乗で騎手が持ってきた様な勝利でしたが、こういう騎手力と本気度が大いに問われる=それ次第でどうにでもなるG1ステップレース(少頭数戦+ヌルいペース戦)こそ同騎手の技術と独創力が最大限発揮される庭(狙い時)というワケです。

-------------------

☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
upoiu9op
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから