お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》
☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》
--------------------
【菊花賞の有力馬診断〜[三冠王手コントレイル]皐月賞とダービーの1,2着が同一決着になるのは1983年(ミスターシービー三冠達成年)以来の出来事で…〜】

r6uiy7
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―マンオブスピリット 牡3 Mデムー 57 斉藤崇(栗東) 

上記ツイートのシルヴァンシャーは天皇賞春ではデムーロ騎手の逆噴射騎乗で大敗、その次走の京都大賞典では8人4着と即巻き返しでした(それを狙い撃ちした馬券的にはあと一歩及ばず無念でしたが…)。
今年も大阪杯とNHKマイルでは好騎乗でG1制覇するなど“G1ハンター”の片鱗は多少残している同騎手ですが、それはこの舞台条件で威力を発揮するコトはないだろうと。


△ヴェルトライゼンデ 牡3 池添 57 池江寿(栗東)
▽ロバートソンキー 牡3 伊藤工 57 林(美浦)
ヴェルトライゼンデはダービーでは2着サリオスに0.3秒差を付けられた完敗で、7着まで0.1秒差内だったブラックホールまで横一線だった争いを制して3着に食い込んだ程度で…その時点でも決して世代3番手と言える立場でもない一頭。
前走神戸新聞杯2着によって菊花賞では“断然2人気”となりそうですが、それもロバートソンキーと共に屈指の差し有利コースである中京二二コースのHペースにも恵まれて突っ込んで僅差の2着争いを制するという内容でした。
当時はセントライト記念を急遽回避して状態面に不安を抱えてのレース出走だっただけに、そして叩き良化型というプラス要素もあるので確率的には走ってくる可能性の方が高いのでしょうが…それでも“断然2人気”に相応しいレベルの馬なのかと言えば疑問アリ。


―ガロアクリーク 牡3 川田 57 上原(美浦)

キンシャサノキセキ産駒はそもそもの早熟志向と、また年齢・レース数を重ねると気難しさが出てくる産駒が多数

それ故に早期に活躍した馬が、その後も順調に活躍を継続させている例はほぼほぼ無いというのが実情です。

同産駒の最多賞金獲得馬シュウジは今でも活躍していると思われるかも知れませんが、途中に5連続二桁着順など大きな挫折がありながら、年月をかけて持ち直して今に至っているワケです。

これまでに2歳〜3歳春までに重賞好走した同産駒は「モンドキャンノ・カシアス・シュウジ・ガロアクリーク・ルフトシュトローム・ベルーガ・サフィロス・サイモンゼーレ・アドマイヤモラール・ジュランビル」ですが、そのシュウジを除けばほぼ全て3歳秋以降にまともな活躍ができていません。

前走セントライト記念時の有力馬診断でも『キンシャサノキセキ産駒は先週京成杯AHでルフトシュトロームが撃沈しましたが、早期活躍馬がその後も順調に古馬以降も活躍を続けられる例は滅多にありません』と記しましたが、早枯れ撃沈の最悪は免れたものの鞍上に「春からそこまで成長はしていませんでした」と言わせてしまう収穫の乏しい結果でした。

やはり、これから先には追い抜かれていく立ち位置と見た方が良いでしょうし、(例のごとく)疑ってかかるべき既存勢力の1頭と見ます。


―キメラヴェリテ 牡3 松若 57 中竹(栗東)

まずは3走前皐月賞時の有力馬診断を参照↓

『これまで逃げたレースでは4戦4好走、逃げられなかったレースでは3戦3凡走…先週桜花賞で穴をあけたスマイルカナと似た様な戦績推移の持ち主です。

ただし、逃げた場合には全勝で底を見せていなかったスマイルカナに対して、コチラは全勝ではなく全好走という点で魅力は大幅減。

前走若葉Sは内前有利展開を逃げて勝てなかった辺りは底が割れたパフォーマンスで…スマイルカナと同じくというワケにはいかないだろう。』

・・・

3走前皐月賞当日の馬場は圧倒的に差し有利傾向があり、そこでHペース逃げを打っては撃沈も止む無し。

2走前鳴尾記念は逃げられずの競馬での撃沈で、前走シリウスSは逃げられたもののダートでHペースでの撃沈で…これらも同様に止む無しと言えます。

若葉Sにしても皐月賞にしても出ムチも入れて強引に逃げたもので、前走シリウスSでもスッとハナに立ったランスオブプラーナを強引に制して逃げたもので、Hペースを作りやすい徹底逃げ馬と言えます。

少なくとも想定される差し馬場では逃げ粘りは考えなくて良いはずですが、後述するバビットや展開読みの上ではキーとなる馬になりそう。


▽バビット 牡3 内田博 57 浜田(栗東)

2走前ラジオNIKKEI賞後には『折り合い面に不安ある馬…今回は逃げ馬揃いも最内枠の利あり逃げ競馬に持ち込んで本領発揮となりましたが、逃げない競馬への不安は依然としてアリ』と記しました。

前走セントライト記念では今度は容易に逃げを打てるメンバー構成戦で、蓋を開けてみてもペース的にも楽な単騎逃げ切り勝利でした。

今回は上記キメラヴェリテの存在がいる以上は、十中八九逃げポジションは譲るコトになるはずで…そこで気性的に逃げても逃げなくても同じだけのパフォーマンスを発揮できるかと言えば、微妙な面もありそうで…。


―ココロノトウダイ 牡3 丸山 57 手塚(美浦) 
エイシンフラッシュ産駒は上級条件戦・格上げ戦で△傾向。
同産駒の牡駒でOPクラス在籍馬は4頭いますがどれも昇級後は壊滅的な成績。もちろん重賞で好走した馬は1頭も出ていません。それも5番人気以内に支持された馬は8頭もいながらもですので、格下条件での走りを格上戦で期待すべきでないと言うことができて…実際にこのココロノトウダイも自己条件戦でだけ走っているという馬です。


★コントレイル 牡3 福永 57 矢作(栗東) 

皐月賞とダービーで1着馬と2着馬が同じ並びになるのは極めて珍しいケースで、直近だと1983年のミスターシービーが三冠達成した年でした。

求められるモノが少なからず異なる皐月賞とダービーの両者が同一決着になるというコトは、それだけ好走馬とその他の馬との間に、そう簡単には埋められぬ絶対的な力量差があるからこそだと言えるはずです。

そのもう1頭のサリオスも今秋復帰戦では古馬相手にも圧巻のパフォーマンスを見せましたが、そのサリオス以外の3歳牡馬オープンクラス在籍馬は対古馬にボロボロの対戦成績になっています(サトノインプレッサ・ワーケア・ブラックホールetc.)。

コントレイルも対古馬相手ではどの程度のランクに値するのかは、絶対的ではないかも知れませんが、少なくともサリオス不在の同世代牡馬に土が付くシーンは中々想像し難いです。

差し有利馬場が見込まれる今週末の京都芝で、外差し馬場マイスター(馬場読み〇&差し技術〇)の福永騎手が騎乗という点でも更に安心感が。


▽ヴァルコス 牡3 三浦 57 友道(栗東)

▽サトノフラッグ 牡3 戸崎 57 国枝(美浦)

コントレイルという横綱が出走しながらもフルゲート頭数揃い、そこにヴェルトライゼンデも急遽出走した神戸新聞杯。

ヴェルトライゼンデが主役を張る予定が急遽回避&少頭数立てとなり、ダービー掲示板外馬が大威張りするレースとなったセントライト記念。

レースレベル的には例年通り前者が大分上でしたので、セントライト記念好走馬は評価しない方向で。

?アリストテレス 牡3 ルメール 57 音無(栗東) などの抽選対象馬
明日水曜18時更新のnetkeibaコラムで取り上げる予定です

?ビターエンダー 牡3 津村 57 相沢(美浦) 
?レクセランス 牡3 松山 57 池添学(栗東) 
?ディープボンド 牡3 和田竜 57 大久龍(栗東)
?ブラックホール 牡3 藤岡佑 57 相沢(美浦)
これらの馬についての見解・評価は完全版限定公開(情報保護)とさせて頂きますm(__)m

--------------------

☆完全版メルマガ《週600円台で全予想・オリジナル出馬表・展望・回顧・各考察をほぼ毎日配信》
☆完全版DMMオンラインサロン《1週間無料お試しキャンペーン中》

8oiuo
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから

〜〜〜〜〜〜

【完全版メルマガ】中期(約10~12週)~長期単位で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに[詳細希望]とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------