お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆基準買い目については基準買い目(17年実績値114%→124%)〜下位人気馬は全て過剰人気(特に複勝は超不利)/総流しは大損/ワイド5頭・馬連7頭流せば紐抜けは100R中1R〜をご覧下さい
--------------------
【完全版予想([1]重賞OP予想&[2]平場推奨馬一覧)
[1]前日結果=2R中1的中/本日予想=セントウルS・京成杯AH
[2]前日結果=2頭中1好走/本日予想=全2頭[中7,12]
完全版メルマガ=外部媒体より6~9割安価(最安)の1開催日330円前後でほぼ毎日配信
完全版DMMオンラインサロン=お手軽に1週間お試し無料1ヶ月単位で購読可能
note=[1]1R300円台/[2]1R200円台×レース数(最大1日980円)
netkeibaウマい馬券=1R500~750pt(
※オッズ変動防止の為に平場予想は一部のみ掲載)

-------------------------
中山11R京成杯AH予想買い目

【ブログ重賞OP予想】
中京11Rセントウルステークス(勝負度C)
[印]
◎クリノガウディー
(以下の印馬は完全版限定公開)

[見解]
スクリーンショット 2021-09-10 134234
例年の阪神競馬場で施行されるセントウルSはスプリント色の強いレースになりがちで、実際に阪神施行の近6年間(2014~2019)の3着内好走馬18頭中16頭は前走でも距離1000~1200mのレースを走っていた本職スプリンターが占めていました。
それに対して、従来の傾向とガラリと異なる決着となったのが初めて新装中京競馬場で施行された昨年のセントウルSで、上位3頭は全て前走で距離1600mのレースを走っていた馬でした。
この新中京芝1200mというのは数あるスプリントコースの中では最も距離長め適性(スタミナと末脚性能)が問われる舞台設定となっており、その昨年のセントウルSも含めて過去に同コースで行われた重賞レース全21戦の好走馬63頭中27頭は距離短縮ローテ馬でした。出走比率も考慮すればその距離短縮ローテで挑む馬、つまりは距離1400m以上も守備範囲としている様な半マイラー馬の活躍が非常に目立つ条件というわけです。
また、そもそも日本競馬はスプリント路線よりもマイル路線の方がよりハイレベルなので、ガチンコで両者がやり合えば後者に軍配が上がるという要因もあるでしょう。

今年のセントウルSもコース適性と相対的に高い能力が見込める距離短縮ローテ組(生粋スプリンターではなく半マイラー)こそ狙うべき存在と見て…その中からクリノガウディーと〇〇〇〇〇を推奨馬とします。

本命はクリノガウディー
この父スクリーンヒーローの牡馬産駒の傾向として、勢いのあるタイミングでは格上相手でも屈せずに大物喰いを見せるケースも多々あるなど、格下げ戦や同級戦よりも格上げ戦で高い好走率と回収率を誇ります。
同馬も過去にG3凡走からG1激走が2度ありましたが、OP特別で連勝中と勢いに乗ったタイミングで相手強化の格上げG2挑戦というは、正にスイートスポットの走り時(買い時)と見られます。
ただし、細江純子氏のコラムによれば岩田騎手曰く『今週の追い切りで6分から7分あたりまで戻ってきたかな』という仕上がり面はやや気掛かりで…それさえ無ければ勝負度高めだった所をその分だけ大分トーンダウンでの通常◎という結論です。

≪当レースの相手馬買い目&他メインレース予想は完全版(note&完全版メルマガ&DMMオンラインサロン)限定公開です≫

-------------------

☆完全版DMMオンラインサロン(※現在満枠中→9/13に人数限定で再募集予定)
iuphoi@
『ザックリと言えば“当ブログの増量版”が完全版です…もし当所にその価値が無いと見るならば…でしょうし、もし当所で事足りるならばそれで全然OKだと思いますし、もしも当所から更に深く多くのコトを見たい・知りたい・吸収したいと思われている研究熱心な方に是非ともご検討頂ければ幸いです』

【完全版オンラインサロン】に入会希望(1週間無料お試しOK)の方は
コチラから

〜〜〜〜〜〜

【完全版メルマガ】を中期(約10~12週)~長期単位で購読希望という方は以下フォームにメールアドレス登録(or登録済などで新規登録できない場合にはsguw125@gmail.comに[詳細希望]とメール送信)して頂ければ随時ご案内致します

案内送付登録はメールアドレスのみ入力→: 


---------------------