考えるヒント(常勝競馬)〜8年目の行列のできる大穴競馬予想ブログ〜

今週は「 高松宮記念 2017 予想 」を中心にお届けします! 【JRAの全レースを緻密に観察・分析しているからこそできる、他とは一線を画す[面白深い]競馬予想を訴求するブログです】 ≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想・一時期はライブドア競馬ブログ1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

タグ:予想

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
阪神11R毎日杯(勝負度CD)
[印]
◎プラチナムバレット
△サトノアーサー
▽クリアザトラック、トラスト


[見解]
サトノアーサーは、新馬戦でも稍重馬場を苦にしてモタついて辛勝止まりだったが、前走きさらぎ賞はその比ではないまともな道悪馬場で更に苦しいレース振りになっていた。それでも格好を付けた2着ならば元の素質上位は明らか。
前走後には『小回りコースで良さを出すのは難しい馬で皐月賞ではどうかだし、距離的にも器用さが求められるという最近傾向的にも現代ダービーでもピンとは来ない。大物感はある馬なのですが、競走結果を出し易い馬ではなさそうで、少なくとも成長途上感が否めない3歳春の段階では過信禁物の一頭に。』と書きましたが、今回は直線だけの競馬をすれば十分の少頭数立て・良馬場・外回りの条件。
取りこぼしはあっても、凡走というのは想像し辛い場面。

テイエムヒッタマゲは芝適性も中距離適性も疑問。

クリアザトラック・プラチナムバレットの前走500万下はHレベル戦。しかも今回と同コースで、同じく少頭数立てで、それなりに直結する面が多いレースだっただろう。
クリアザトラックは外先行の難しいポジショニングながらも何とか我慢利いたのは収穫…それが今回テン乗り騎手に乗り替わりでどうなのか…。
プラチナムバレットは内枠から窮屈なポジショニングの競馬で、初めて馬群内での競馬となった点でもモタつく面があった印象。それでもクリアザトラックとタイム差ナシに迫った価値は大きい。
前々走福寿草Sは内回りコースで超内有利馬場を外々回す競馬だった。
本質的には外回り向きで、スンナリとした競馬で前走よりも持続戦になればソコソコやれる手応えは持てる。

アルアインは前走の致命的な不利がフィーチャーされていますが、逆に“不利が無かった場合よりも、不利を受けた場合の方が次走人気を集める”のではないかと思わせられる様な、目立ち過ぎる事象だったが故に今回過剰反応人気という印象。
前々走と不利込みでも前走での実パフォーマンスを見る限りでは、そこまでの馬ではない感も。
キレるディープ産駒ではないので、良馬場替わりでの上げ幅もどこ迄だろうか。

トラストは能力的には評価している一頭なのですが、理想は距離マイル以下の短足馬で、ラストに脚が鈍っての3着候補までが現実的か。

キセキは如何にもなルーラーシップ産駒の新馬勝ちで素質を評価されての結果過大評価馬で、その後の2走では完成度不足を露呈する内容。
ルーラーシップ産駒自体が上級戦で案外な結果になっていますし、コノ馬も現時点での上のクラス到達にはまだ遠い印象。

ガンサリュートは前走京成杯は北村友Jの好騎乗だったし、これまでも上がり掛かるレースに良績・前走は小回りコースでロベルト系らしい好内容競馬だけに、この見え見えの外回りスロー戦での力量はどうだろうか。

・・・
よって、連対最有力候補にはサトノアーサー、3着内期待馬には人気所ではクリアザトラック・チョイ穴目ではトラスト、そしてプラチナムバレットを最も人気薄で3着有りそうな妙味馬と見て本命印を打つ。
《ワイド◎△>馬連◎△、三連複◎△-▽(2点)》
-------------------
☆毎日杯のチョイ穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
中山11Rフラワーカップ(勝負度D)

[印]
◎ドロウアカード

△ファンディーナ
▽サンティール、モリトシラユリ

[見解]
●3歳春の時点の牝馬にとって、この中山1800コースは言うまでも無くタフな舞台設定である。
実際に過去の決着を振り返ると、一昨年「力が違った1人気1着アルビアーノ以外は前崩れで、2着はスタミナ馬アースライズ・3着はダートOK馬ディアマイアーリン」、3年前は「バウンスシャッセとマイネグレヴィルというスタミナ馬のワンツー/ロブロイ産駒&BT産駒がワンツスリーで、ディープ産駒が4着5着」、昨年も「力が違った1人気1着馬の他はロージズインメイ産駒とハービンジャー産駒で4着まで占める結果」というモノで、そういうスタミナ・パワー系統馬が鬼強いバイアスに大きく結果が左右されてきたレース。

今年の1人気ファンディーナはディープ産駒、4人気ハナレイムーンもディープ産駒、3人気ディーパワンサは阪神JFでも結果を残したマイラー・・・見事に如何にもフラワーカップで飛びそうな系統の馬が人気上位を占めている(これらの馬が馬券内好走する為には力の違いが求められる)。

●昨年の当レースはハービンジャー産駒(4着ギモーヴ)狙いで、ハービンジャー違い(3着ウインクルサルーテ)で完全的中ならずでしたが…とりあえず狙える種牡馬の一つにハービンジャー産駒がある。

昨年は『父ハービンジャーの牝駒(メスの産駒)は振るわないと思われるかも知れないが、[2歳3歳限定の条件戦OP戦]で[距離1800以上]の条件での善戦率は、ディープやキンカメなど有名種牡馬とも遜色ない数字(ジリ脚のせいか極端に4着止まりのケース多いのですが…)』と書きましたが、その後の1年間でもやはり人気薄馬なら人気以上に走る割合高・善戦率=4着内率では優秀な数字を残している(4着止まり率は問題ですが…)。

それの今年の該当馬サンティールに期待したい。
父がそれで、母型にもスタミナの血があり、実際に牡馬相手に距離1800の持続戦で勝利の戦績的にフラワーCタイプと言える馬。
前走についてはあまり評価できないレースでしたが、外に振られる形で集中力を欠いた様なカンジもあったし、一言で言えば差し追い込み競馬は下手なのだと思う。
前々走の先行抜け出しでの未勝利勝ちの内容は上物で、当時の再現可能な枠順を引き当てた今回はレース振り一変=結果一変の可能性も少々…。

●そして、上記のスタミナ傾向に最もシックリくるのはモリトシラユリである。
前々走は同じ中山のタフ競馬で3着好走して、前走は東京マイルのスピードに対応できずの凡走。その前にはダート1800実績まで持ち合わせている様な、正真正銘のパワー&スタミナタイプ。
見え見えの如何にもなフラワーCタイプ馬で複系人気はしているので本命にはしなかったですが、確率という面ではサンティールよりも高いだろう穴候補馬。

●そして、穴馬3頭の中で迷った上での結論なので順序が前後して申し訳ないですが…最終本命馬には人気薄ドロウアカードを推す。
先週の中山開催も[土曜は差し傾向→日曜は前残り傾向]だった。今週も先週と同様に平日の雨が乾いていく段階での開催なので、土曜よりも日曜の方がインが生きる馬場になる可能性も。また、反動で先週日曜みたくペース的に前残り傾向が生まれてもおかしくない。
安易なスロー前残り展開に持ち込めれば、先週中山牝馬Sでも巧者を激走に導いた名手騎乗のドロウアカードの一発はないだろうか。
血統的にはスタミナに不安あるものの、少なくともスプリンターの全姉とは違う体型・走法のマイラー。
3走前Hレベル戦でのタフな馬場を最後まで伸び続ける逃げ切りで、前走は外有利馬場且つHペースを最内枠先行からよく粘る好内容だった。
土曜スプリングSはアレでしたが、その前の中山重賞は言わば騎手勝負の連続…その流れに乗り得る一発候補としてコレを本命とする。

本命馬・能力最上位ファンディーナ・適性上位の複穴サンティール&モリトシラユリの構成で、この4頭のワイドBOXを本線に…《ワイド印4頭BOX>複勝◎≫馬連◎△》
-------------------
☆フラワーカップの大穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「高松宮記念の有力馬診断」を月曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の月曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
中山11Rスプリングステークス(勝負度D)

[印]
◎ウインブライト

△アウトライアーズ、サトノアレス
▽エトルディーニュ

[見解]
メンバーを見渡すとそれなりに世代中上位を窺える馬が揃った一戦だが、ただし強い馬に限って一癖も二癖もあるような馬ばかりで一筋縄では行かないレースにもなり得るという印象。

まず目に付くのは先行脚質馬の少なさ。
大阪杯前哨戦の中山記念や、先行して行われた皐月賞前哨戦の弥生賞がそうだった様に、馬の実力よりも騎手勝負の側面も出てきそう。
そして、先行馬の少なさ=スローペース濃厚とも絡む話だが、折り合い面に不安を抱えていたり、距離適性に問題があったり、今期始動戦のトライアルレースですべき競馬があったりで、見え見えの先行有利展開でも騎手がその手を打てないという馬ばかりでもある。

モンドキャンノはNHKマイルCへのステップレースとして、目先よりも本番の為にペースが緩む距離延長のココを使ってきた経緯であると陣営は参戦決定当初から明言していた。他にもローテの観点や、そもそもクラシック登録していないコトも背景にある模様だが。
その上で、「いかに道中で脚を溜められるか」がテーマとの陣営談話からも、また負荷の軽い調教過程からも、ココは獲りに行かなくても良いとの意思で敢えて展開不利の競馬をしてくる買い辛い馬。

トリコロールブルーは大目標はダービーで、ココを使ってダービーTRへというのが青写真という馬で、スプリングSを勝ちにはきていない馬(でも鞍上デムーロによって乗り越えてくる可能性もありそうで怖いですが…)。

サトノアレスは今回から新コンビ戸崎J。戸崎Jは調教に乗って反応の良さを掴んだとの話で、また陣営も「反応の速さ故に、結果的に抜け出すのが早くなり過ぎないか」という面を懸念している位で、それが本番前の前哨戦となれば我慢する方向の競馬が目指される場面になるのが普通。

アウトライアーズの課題は折り合い面で、競馬し易かった中山マイルの前走から距離延長とペース替わりのココは大きな関門に。


かと言って先行型の中人気馬のプラチナヴォイスは確実にまともに走ってくれるなら◎を打ちたい位の能力を秘めた馬のはずですが、ここ2走で気難しさを噴出させてきているエンパイアメーカー牡駒で、今回の最終追い切りにしても手前変えてくれないなどで2歳時の輝きを取り戻してくれる根拠は見出せない。
エトルディーニュは悪くないのですが…でも左回りの前走がベストだったと見ているので…。


結論としては、間違いなく強いアウトライアーズを物差しにして、距離延長1800・Sペース必至のトライアルレースという条件ならば遜色の無い結果を残せてもおかしくないウインブライトの妙味を狙いたいです。

まず、コノ馬は早期デビューをさせたコトは間違いだったと思います。
コノ馬の父ステゴの牡駒(オス)は、基本的には2歳早期では走れない晩成型。具体的には、過去5年でも2歳時に2勝したのは後の菊花賞3着馬レインボーライン僅か1頭だったり…。
実際にコノ馬のケースでも、2歳早期には見るからに貧弱な体で走れずに、そこから休養を入れて見違える様に馬体が充実してきた2歳終〜3歳初に掛けて一気に強くなっている印象…。
その2歳暮れにそれなりの結果を出せた時点で、近い将来化ける期待値が高い大物ステゴ牡駒の資格アリと言えます。
つまり、そこから更に一息入れたタイミングの今回見込める成長力でも他馬を上回るレベルが無いだろうかとの期待感は並以上です。

前回のアウトライアーズと相見えたレースは、距離マイルのやや外有利馬場のやや速いペースで、単純に言えば向こうの土俵だった。
今回の距離延長では本質的な距離適性でも、折り合い面を含めた総合的な距離適性でも確実に非マイラーのコノ馬の方に分がある。
あとは上で挙げた上位人気4頭よりも、レース振りの柔軟性がある点は大きな強みにもなり得る要素…先行策まではないと思うが上位人気4頭よりも好立ち回りができる馬。

成長力の面で好走期待可能…あとは鞍上勝負の面で優位なレースができれば更なる上も有り得ると見て推奨します。

相手はNHKマイルC目標モンドキャンノとダービーTR目標トリコロールブルーは信頼ならないと見ているので、ココへの適性でも本気度でも能力でも全て上の2強&また過小人気のエトルディーニュを拾って≪馬連ワイド◎―△△▽≫
-------------------
☆スプリングSの◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「月曜予想」を日曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の日曜予想号の配信は「完了」です

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
中京11Rファルコンステークス(勝負度D)
[印]
◎ラニカイサンデー

[見解]
今年の3歳世代(牡馬王道路線)は総じて低レベルと言われますが、この短距離路線のレベルの低さも中々のモノに思える。
ここで言うトコロの短距離というのは距離1200路線と、あと距離1400路線まで。距離1400(以下)適性馬でも力のある馬はマイル路線に挑戦するので、その分で距離1400(以下)路線に留まる馬のレベルはより低くなるという必然もあるのだが、結論としてはこれまでの距離1400以下路線での活躍馬は総じて信頼ならないか。

まず、これまでの距離1200のOPレースは全て最低レベル戦なので、そこでの好走馬の力量評価できない(マイネルバールマンなんかは距離1200適性無い中でも制圧したという角度での評価は必要だが)。
距離1400のそれについても同様のコトが言えるので、つまり買えるのは確率ならば距離マイル路線から降りてきた馬で、それと妙味ならば新興勢力になると思う。

前者で言えばナイトバナレット・ボンセルヴィーソ辺りは嫌い辛い人気馬と言えそうです。
他は距離1400以下に専念してきた馬ばかりで、その何でも有りの低レベル路線内でのOP善戦や500万下好走は信頼ならないというのは上で述べた通り。

あと中京千四コースの最近の傾向としては、穴なら[内枠先行馬]or[外枠差し馬]の期待値が高くなっている。

結論としては、新興勢力というか表現が正しいのか分かりませんが、新星候補の大穴ラニカイサンデーを推す。
エントリーチケット・なずな賞組も候補だったのですが、最後の決め手としては2年前の当レースや先週日曜トリトンSみたく内枠先行馬にバイアス発生した時の爆発力にも期待して最も極端枠を引いたコレに。

コノ馬がここまで勝ち上がるのに時間を要したのは半分は不運。
不適なダートや距離マイルを使われたり、ヴィゼットジョリーやボンセルヴィーソなど重賞級の馬達に蓋をされて2着止まりが3度もあったりで、つまり適距離(1400)ならば確実に上のクラスでも通用する様な不利バイアスや強敵相手での高レベルパフォーマンスは何度もしてきた馬。
前走にしても超が付くHペース展開を先行して、残り300m地点で早め抜け出しから、ラストに追い込み馬の急追を受けて僅差の競馬になったモノ…中身としては相当に濃い内容だった。
上記の通り、イン先行が生きるシチュエーションになれば…コノ馬のこれまでの不遇が爆発していきなりの低調重賞挑戦での通用の脈アリだと見る。
《複勝>単勝》

-------------------
☆ファルコンステークスの二桁人気◎大穴本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆平日(日曜深夜24時〜木曜)もほぼ毎日「馬券の為になる」ブログ更新してます!
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方はコチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
【ブログ重賞OP予想】
阪神11Rフィリーズレビュー(勝負度D)

[印]
◎ゴールドケープ

△レーヌミノル、ベルカプリ、アズールムーン、アルミューテン

[見解]
1人気レーヌミノルの能力上位は明白。
ただし、3人気ジューヌエコールと共に、今回の結果云々よりも出走が確定している次走以降のマイルG1を見据えたレースという目的も先行する立場である。
前走クイーンCでは楽ではないペースで逃げて4着まで粘る好内容だったが、陣営はその競馬を是とはしていない様で、今回は溜める競馬(控える競馬)がされる模様。
中間調教でもその矯正がされているが、やや付け焼き刃の感ある矯正戦法と、少し気性の面で扱い辛さが出てきている点に死角は無いとは言えない…スンナリ番手に付ければアッサリも有り得るので対抗評価からは落とせませんが…。

3人気ジューヌエコールも前走が外国人Jでリズム欠いて逆噴射という結果で、今回は北村友一J起用からもまずは折り合い内容重視の始動戦としたいだろう。
それと出遅れ馬2人気カラクレナイにも言えるコトだが、フィリーズRは基本先行有利で差しての好走馬は次走桜花賞でも好走できる位の実力上位馬ばかりという傾向からも、そこまで強くはない差し馬を好き好んで買うべきレースではない。

実はあんまり快速系の逃げ先行馬が多くないという今年のメンバー構成で、それならばそれなりに前目に位置しての競馬から粘れないかという期待で人気薄ゴールドケープを狙いたい。

巷では今年の3歳牝馬勢はHレベルだと言われている。
それは恐らくその通りだが、ただし全体のレベルが高いというよりは、中々強い馬が中々多いというコトだろう。
何が言いたいかと言うと…阪神JFやクイーンCやチューリップ賞は間違いの無いレベルだったと思いますが、その強い馬が集結するHレベルレースが存在する一方で昨日アネモネSやこれまでの牝馬限定OP特別全て(エルフィンS・紅梅S)など相当にレベルの低いレースも出現してきているというコト。
下手なOP特別や重賞レースでの好走結果で評価される様な馬よりも、やはり王道の阪神JFで比較好成績を残した〇〇〇〇〇〇は重く扱うべきではないだろうか。
その阪神JFでは厳しいペースを外枠から先行しながらも、掲示板間近まで残したレース内容は普通に弱くないモノでした。
間隔は少し空きましたが、至って順調な調整過程での狙い澄ました復帰戦で、これはフィリーズRの好相性ローテでもあります。
ややスピード感には欠ける馬ですが、母型の血統的にはマイルよりはマイル未満の方が良さそうな印象で、あとは直線で持ち前の渋とさを生かせる展開に持ち込めれば好勝負可能でしょう。

あとは、上記した通りハッキリと後ろ目の位置取りになるという馬が案外多いメンバー構成で、キチンと前に行くという馬は割と限られている…その後者の馬場バイアス利と展開利での前残りを狙い撃つ戦略もアリだろう。
ハナなら別馬のベルカプリを筆頭に、アズールムーン・アルミューテンもピックアップ…つまり《前目の集団を形成するだろう[印を打った全5頭のワイド馬連BOX]と[複勝単勝◎]》を買い目とする。


-------------------
☆フィリーズレビューの穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「次週展望」を日曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)

続きを読む

☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
☆馬名(ブログランキング)の見方が分からない方は
コチラのサイト様の説明をご参照下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

【ブログ重賞OP予想】
中京11R金鯱賞(勝負度CDorD)
[印]
◎サトノノブレス
△パドルウィール
▽ステファノス
▽ロードヴァンドール


[見解]
1月開催でBコースが使い込まれた後のAコース替わりとなるこの中京芝・春開幕週(開幕日)は、一昨年も昨年も顕著な内有利傾向だった。
昨年まで同週に開催されていた中日新聞杯でも、やはり「コース取りは内〜中・位置取りは前〜中」というの好立ち回りを見せた馬が好成績を残せるという傾向になっている。

その上で本年の金鯱賞であるが、内枠には外枠向きルージュバックを筆頭に内枠(イン)を生かせないタイプの馬が多く並んでいる印象。
そもそも内枠に拘るべきコースでもないし、単純に枠は問わずに前目の位置取りを取れる馬を重視する姿勢が正解だろう。

数少ない徹底先行型のロードヴァンドールと、高確率で積極策が見込まれるパドルウィールは当然マークしなければならないだろう。

パドルウィールについては、以下の有力馬診断見解を参照↓
『前走小倉大賞典は、当初からの目標レースだったココへの叩き台の位置付けでの参戦。
それにしても負け過ぎなのだが、コノ馬は昔は好走歴は全て差し追い込みで、前目の位置取り(前半脚を使う)だと凡走ばかりという戦績の持ち主。そういう前半ゆったりした追走から脚を伸ばすのが理想形で、それが良績を残す中京コースだと全体の展開的に自ずとスローの入りでも先行できるというのが巧者たる所以の一つであろう。
前走は上記の逆で、小回り小倉でのHペース先行の競馬をしてしまった分の逆噴射で、それに加えて叩き台の中身ができていなかった仕上げで余計に負けた形だった。
今回は見え見えの適性レースなので穴人気必至なのでどの程度の印を打つかは人気と相談してになりますが、適性論から言えば上記のキチンとした根拠から前走とは真逆の一変まで有り得て良い場面だと見ます。』

ロードヴァンドールは今回とは異なるレース質での前走小倉大賞典4着激走はそこまでアテにならない可能性もありますが、それでも軽い流れでの単騎逃げが見込まれる以上は前残りを想定する必要はアリ。

上位人気4頭(ステファノス、ヤマカツエース、プロディガルサン、ルージュバック)もほぼ同列の評価をしたいですが、もし穴決着ならばそれしかないだろうという視点で妙味馬券的にはその相手2頭で、4強では最も無難な戦法が取れるステファノスを一番上の選択として相手に入れました。


そして本命には〇〇〇〇〇を推す。
2週前・1週前は大きめに終い重点で、そして最終追い切りは短めの4F追いで馬ナリという調教パターン…これと酷似しているのは昨年日経新春杯を好走した時。
この厩舎の、休み明けローテながらもこの余裕あるかの様に見せる調教パターンは、つまりは既に仕上がり良好のサインである。
昨期にしても結果的には休み明け初戦で一番走れていた様に、過去最高馬体重の一昨年秋初戦だけは案外だったが、それ以外は過去パーフェクト連対という休み明け初戦巧者の側面も持つ馬である。
それが上記に通り仕上がり良好のサインを見せてレースに出てくるならば、それは狙い時になると言えるはず。

前走は自分の競馬を何一つしていない大敗で度外視可能。
前々走は太目残りでの好走、過去好走は先行策時に集中している馬だけに3走前は中段以降に置かれる形でノーチャンスだった敗戦、4走前はG1級馬と僅差の好走。
最近はスタートが課題になっているだけに、乗り替わりと中枠偶数の枠順は好都合。
できれば馬体重マイナスで好仕上がりを保証してほしいのと、上記の通りレース傾向且つ自身適性を生かせる位置取りをどこ迄確保してくれるかが鍵になるが…それさえ上手く運べれば好勝負になるべき一頭と見る。
(※馬体重マイナス6以下ならCD、そうでない場合にはD)

《複勝◎、ワイド◎-印>単勝◎、馬連◎-印》
-------------------
☆金鯱賞の穴◎本命馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

☆次回は「日曜予想」を土曜16時と24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------


※これ以下は完全版限定記事です/対象の方は「続きを読む」をクリック→「パスワード入力=ログイン」して本文をご覧下さい(ニックネームは何でも可です)
※完全版の土曜予想号の配信は「完了」で、未着対策として以下に配信と同一内容を掲載しています

続きを読む

↑このページのトップヘ