本サイトについて

 今から約2500年前に中国で書かれた兵法書「孫子の兵法」。
 「孫子の兵法」は、どうすれば戦いに勝ち、どうすれば負けるかが、まとめられた法則の書です。
 
 現代は、ビジネスという戦いの場に応用できます。
 史上最高の兵法書と言われる「孫子の兵法」を現代ビジネスにどう応用できるか、紹介します。

 「孫子の兵法書」は13篇(計篇、作戦篇、謀攻篇、軍形篇、勢篇、虚実篇、軍争篇、九変篇、軍行篇、地形篇、九地篇、火攻篇、用間篇)から構成されます。

 本サイトでは、この13編を現代ビジネスに応用して7編(営業篇、商談篇、会議篇、人づき合い篇、経営篇、起業・独立篇、自己啓発篇)に集約しました。

 皆様のビジネス戦場にて「孫子の兵法」を活かして成功されることを願っています。

 ■「孫子の兵法」について

 「孫子の兵法」は、今から約2500年前、中国の春秋戦国時代に孫武という人物によって書かれた兵法書とされています。
 
 孫武は、斉国に生まれましたが、呉国の軍師として活躍しました。

 「孫子の兵法」は、古来多くの名将によって親しまれてきました。

 三国志の魏王として活躍した曹操、日本では、孫子の兵法から引用した「風林火山」の旗印でおなじみの武田信玄

 ヨーロッパではナポレオンが、孫子の兵法を学びヨーロッパを支配しまた。

 現代「孫子の兵法」は、軍事関係者だけでなく多くの経営者、ビジネスマンに読まれています。

 「孫子の兵法」をビジネス戦略に用いた有名な経営者として「マイクロソフト」のビル・ゲイツ氏、「ソフトバンク」の孫正義氏等が上げられます。

 2500年の時を経て、今なを「孫子の兵法」は史上最高の兵法書として親しまれています。

 孫子の兵法で「その無備を攻め、その不意に出ず」とあります。

 これは”意表をつけ”という意味で、他の人が思いつかないことをする成功するということです。

 ”意表をつけ”と言われてもなかなか難しいですよね。
 その難しさを乗り越え、まさしく意表をついて、無名ながら成功したのが菅野さんです。
 1.月収15万円のフリーターから、たった5ヶ月で1600万円儲かった!菅野さんの情報起業成功法とは?