攻略(葵)

地獄少女弐の効率的な打ち方探究




-60000円の果てに.......






地獄少女弐の効率的な打ち方探求



地獄少女弐は割と技術介入要素があると思うのです




飽くなきKITAICHIの旅は続く.....







※あいキャッチ








という訳で通常時から


左のスルーチャッカーはもちろん開いていればいるほどいいけど

まぁそんなに開いてないし、どれほど回転アップにつながるか分からないから基本スルー安定

スルーだけに()



冗談はさておき



釘に関しては何も言うことはないです

ステージも弱いからワープ狙いもできないしね





今回の趣旨は釘以外の視点から期待値アップを目指します( ˘ω˘)




※あいキャッチ





期待値アップの3大要素は
・回転率
・出玉
・時間効率
以上を踏まえて.....




〜通常時〜



・通常時は3保止め


これについては大半の台がそうだから何も言うことはないね




問題は




・きくりあみだ発生時


きくりあみだが始まったら打ち出しを止め、結果を見守りましょう


きくりあみだが発生したら結構電チュー開放につながるんで時間効率はここでは無視します


あみだ中にへそ保留を消化しつつ、開放が選ばれたら打ち出し開始


そうすることで、電チューが作動している状態でへそ保留も狙えるから無駄を減らして回転率アップ


へそ保留が沢山あってオーバー入賞するともったいないので、出来るだけへそ保留はない方がいいですね


この時、出来るだけ始めの1玉がちょうど到達するくらいがいいけどまぁ難しい....


うまく開放してくれると、電チュー保留を5つ消化できてオイシイね!





次に





・大当たり時のへそ保留はなるべく少なく


これもまた難しい問題

時間効率との兼ね合いもあるから演出中に溜めるか溜めないか.....

とにかく赤保留や、赤図柄先読みとか、当たりそうな時は打ち出しを止め、保留が少ない状態で確変に入りたい

理想はやっぱり0保留



理由として、V確変機と言うことで確変開始時の事故を減らすとか色々あるけど後述します
  




左打ちの時は僕が気にするのはこれくらいかな






※あいキャッチ





〜大当たり時〜


・ラウンド止め

ここも特に言うことはないけど、地獄少女弐はラウンド間のインターバル長くない?

よってラウンド止め

言うても常に必須だけども.....

特に、電チュー当たり時のROUND4と5の間のインターバルはかなり長いのでここは注意



オーバー入賞は結構狙えるからひねってもいいですね

言うてもどの台もできればやった方がいいけども...


 





〜右打ち時〜


※大当たり終了時




・打ち始めタイミング
 

大体の機種って電チュー保留が0になったら変動時間が長くなってその間に電チュー保留貯めれるようになってますよね?

でも打ってる感じ、地獄少女弐は0保留でも高速消化で流れるようにヘソ保留消化し始めない?

で、ヘソ保留消化でようやく変動が長くなる、と


よって下手をすると事故ります

特に大当たり終了時は打ちだしに注意しないとヘソ保留までイってしまいます

リーチ中はもちろん打ち出しヤメ安定だけど、こっちはタイミング分かり易いから事故ることはないでしょう( ˘ω˘)




・止め打ち

現状維持がやっとだけど(ポケットが死んでたらお察し)やらないよりはマシ

開放が5.4秒ワンセットだっけ?
(これは間違ってる可能性アリ)

打ちっぱなしだと大体6秒に1、2玉なくなるかな?

大当たり間の時間が長いからゴリゴリ削られるなぁ(白目)

それとリーチ発展とか当たりそうな時は即打ち出しやめっ!

できる限り無駄玉が出ない努力を(白目)

でも止め打ちもリーチ止めもゆるくやりすぎるとヘソ保留を消化し始めるゾ!







※あいキャッチ





〜時短中〜


基本は確変中と同じような打ち方


ただし一点





・時短中にヘソ保留を貯める

これが通常時の時言った「大当たり時のヘソ保留はなるべく少なく 」の主な理由

地獄少女弐の電チュー周りは通常時でも開放がある関係で左打ちでも拾ってくれる

よってサポがついている時に合わせて左打ちを織り交ぜていけば少ない玉でヘソ保留が狙える!!

ミドルとかは初当り回数が少ないから効果はさほど多くないけど、今後甘デジが出てきた時の効果は絶大!!

100回転で4回転は追加で回せるようになるこれは大きいネ☆
(全部上手くいったらなんですがそれは....)





※エンドカード(でも始まる前)


例によってこんな打ち方もあるってのは随時募集してるゾ!




あと、校生メンドイだからもうこのまま上げる(白目)



銀河乙女で見るパチンコ攻略(葵) 通常時左打ち編




僕…このシリーズを書き終えたら相互リンクのお願いをして回るんだ…(フラグ)




※アイキャッチ



今回は実践・打ち方(通常時左打ち)編





という名の蛇足記事


そんなことは知っているでしょうがこの記事では1から説明しちゃうよ~ん
☆(ゝω・)v

(かといってこのシリーズは初心者ガイド用のつもりで書いてるわけでもないんだな)





※アイキャッチ





・玉を借りる
遊戯をする上でまずする事は玉を借りることですね、玉がないと遊べないからね。











などという初歩的なことはざっくりカット




※アイキャッチ





・3保留止め

この記事を見てる人は、どれくらいの人が3保留止めをやっているでしょうか?

大体の人はやってるんですかね?



基本的には保留が3つ溜まったら打ち出しをやめ、2つになったら打ち出すというスタイルをオススメしたいですね



3つ溜まった瞬間に打ち出しをやめても道釘に4玉前後残っていて、
その玉で保留4つも狙えるから効率がいいですね~



慣れてきたら3保留で打ち出し止め、

道釘などに残っている玉が、死に玉になるのがほぼ確定したら3玉だけ打ち出し、

その3玉も死に玉になるのがほぼ確定したら追加で3玉打ち出し......

変動が終わりかけになったら打ち出し開始~



と言う感じで打つと無駄なすスムーズに打てるんじゃないでしょうか





※アイキャッチ





・4保留止め

大体の人は3保留止めだと思うけど

一応、4保留止めについても説明しておきましょう



と言っても4保留止めなぁ(´・ω・`)

これについては実稼働後に計算してみないと、いいのか悪いのかなんとも言えないなぁ(´・ω・`)



まぁ、保留が4つになったら即打ち出しやめ、
3つになったら打ち出し開始と単純なコトですね



大きなデメリットとして、無駄玉がめちゃくちゃ増えるってのは分かって頂けるでしょう



じゃあ何のためにやるの?
というと時間効率アップのためですね





最後の章で期待値について計算するんでここではざっくり説明すると

パチンコの期待値は通常回転1回転毎につくものなのです
時短や確変中は期待値が付かんのです



つまり通常時を沢山回せば回すほど期待値はÜPしていくということですね

(脱線すると、回る台ではハマればハマる程お得なのです)



千円あたり○○回転で、時給いくらとか、期待値いくら~とか見るかもしれませんが、アレも正確じゃないんですよね



あれは通常時や確変、時短中を平均して、1時間に通常を○○転回せる、
その時の期待値(時給)がいくらってものなのです



1時間に通常を○○回転の2倍まわせれば期待時給は2倍になるし、
1時間ずっと確変だったら期待時給は0円です

ざっくりカットとはなんだったのか(白目)





話を戻して、4保留止めのメリットについて

以上のことから4保留止めは、1回転あたりの期待値を下げても回転数でカバーしよう、というコトです



逆に3保留止めは、無駄玉を極力排除し回転数もそこそこを維持しながら、
1回転あたりの期待値を上げよう、というコトです



4保留止めのもうひとつのメリットとして、

回転数が増える→大当たり回数が増える→期待値が収束しやすい

などもあります





※アイキャッチ





・ステージ止め

ステージ止めも好みの問題ですね



要は、玉がステージに乗ったら打ち出しをやめ、へそ上に落ちてくるときに玉がぶつかるのを防ぐ、というコトです




これに関しては、ステージ性能のいい台はやって見る価値はあるでしょう

逆にステージ性能の悪い台ではかえって時間効率を損ねるんじゃないでしょうか?




※アイキャッチ





以上を踏まえて銀河乙女を見てみると



僕は一応3保留止めをオススメしたいですね、

ステージ止めに関してはやらなくてもいいでしょう、めんどくさいし

特に銀河乙女ではこうした方がいいってのは、左打ちではないかな?





※エンドカード




このシリーズがまさかこんなに長編になるとは思ってなかった(困惑)



次回は実践・打ち方右打ち編になります









銀河乙女で見るパチンコ攻略(葵)〜台選び編〜

マジハロの魔界ゲートを使った魔界村入口のバナーをフリースペースに設置したいけど


\やり方がわからない/ 





 

このシリーズの目標は一体なんなのか、僕も分かりません 






前回は釘のポイントだったから今回は台選びについて解説します








釘を見て台を選ぶときに、まずは左右ひいては周りの台の釘を比較する人は多いですよね?

それを"横の比較"と言うらしいゾ



また、「昨日より釘が開いている」とか「ここ最近の釘に変化はない」といった

1日毎に同じ台の釘を比較することを"縦の比較"と言うらしいゾ



※アイキャッチ




・機種ごとの特徴を把握する

前回にちょっと触れたけど機種ごとに盤面の特徴とか、強み、弱みという部分がありますね



わかりやすい特徴だと

・前回の一騎当千SS2などのステージ性能が素晴らしい機種

・道のこぼしで大きなポイントが一つしかない機種

・黄門ちゃま長寿のように打ちっ放しでもを殆ど取りこぼさない機種

・アタッカーもしくは電サポが強い機種



とまぁ他に細かいところも色々あるけど
よく打つ機種については特徴を押さえておいて損はないでしょう




もちろん、そんなに特徴がある機種ばかりではないですけどね



銀河乙女で言うと

・ステージ性能があまり良くない
・右打ち、特に電サポ中はどう足掻いても玉が減っていく(止め打ちしても)

などが挙げられるでしょう


いい点?無いよ!(どこかありましたっけ?)





※アイキャッチ





・ステージについて

ステージ性能に関しては同機種であっても個体差があり、寝かせで変わる場合もあります



よって同機種でも、ステージの性能がいい個体は狙い目です!!
メモっておいて損はないでしょう



一律調整でワープが開いたな?と感じた時は回りますね



また、どの様にステージ性能が悪いのか

例えばステージに上がってもヘソ上のポイントに乗らない。
もしくはヘソ上のポイントから落ちてきても釘に弾かれる。

なども見てみましょう



前者の場合は、ワープ見る必要ないかな…

後者の場合は、変な風にヘソ釘が曲がってたり、台自体がちょっと傾いてる場合もありますね





ただ例外もあり、ステージのヘソ上のポイントに乗らなくても、ステージ周りから落ちた玉が落ちた先でバウンドしてヘソに入りやすいっていう個体もあるんですよね



これはもう感覚的になってくるから気にしなくてもいいかな
ただ本当にそのルートで入りまくる台もあります





※アイキャッチ






・右釘について

右釘を見るって人は電サポのチャッカー周り、アタッカー周り、電チュー周りを見るでしょうか



右に関してはそれがメインだから問題ないでしょう



後はその周辺以外で死に玉ができやすいポイントを押さえておくと尚いいですね



そうだ、百花繚乱の場合はポケットがありますよね?

あそこは通常業態ならそれなりに入りやすくなっています

要は1玉返しで どうしても減っていく分の補給用

そういうポイントがある機種はそこも見てみましょう

大体閉まってますから^p^



また、黄門ちゃま長寿とか右打ちのときに甘い機種というか技術介入の幅が狭い台の場合、

シワ寄せは通常時左打ちの釘にくることは覚えておいて損はないでしょう







・まとめ

以上の事から銀河乙女の台を選ぶ場合は…選ぶ場合…選ぶ…えr……
 


良釘を探せとしか言えねぇ…



後は、寝かせ改良(物理)を試みてみるとか?


〜やり方〜

1.筐体の上部と下皿を掴む

2.上部を押し込み、下皿を引っ張る

3.事務所に連れて行かれる


これで寝かせを無理やり改良できる場合があります^^^^^^


あっ!寝かせといえば

寝かせはステージ性能に関わるだけじゃなく、
ヘソ周辺の玉の動きにも影響があるから
いい寝かせを選べば見た目より回る場合があるゾ!




※エンドカード



次回は実践編、実際に打つ時のポイントを解説するゾ!





………ただ、このシリーズぷりぷりさんはもちろん、他の人にとっても需要あるのかな?

ないなら打ち切りエンドもあるであるで



もし需要がある、もしくはこの機種についてもってのがあれば僕なりのポイント解説記事を書きます

銀河乙女で見るパチンコ攻略(葵)〜釘読み編〜



こんな記事を書くけど、白服に肩を叩かれてからのしろさんは立派な養分です






負け額を理解しながら打つぱちんこは楽しいなぁ(レイプ目)







※免責事項
しろさんの真面目に稼働して勝っていた頃の考え方だけど
内容が間違っていても補償しないよ☆












この記事は最終的に期待値の計算まで解説する予定です

知っていることもなんでも1から説明していくよ!





…しかし、攻略とかガイドって言う言い方は個人的には好きじゃないんだよなぁ
今回は言っちゃうけど



あとはそうだな…スロットで期待値派の人とかパチンコを打つ時、釘読みのポイントとか、どれ位期待値の概念を理解しているとか気になるなぁ


ここを見てるよ!とかここはこうだよっ!とかあったら是非コメントをください☆(ゝω・)(巧妙なコメント乞食)




・釘の読み方

まずは釘の読み方から




〜ヘソ編〜


今日打った台


これは…ギリギリ平行じゃないだけマシ?マシじゃない?


これは誰が見てもアカンはわかるね


言わずもがなヘソ釘は広ければ広いほど回る、入り口広いもん



横から見たとき



うーむへそ釘ちょっと下を向いてんね
(写真じゃ分かりづらいけど)
さらに右釘のがちょい下向き



へそ釘は広いのはもちろんだけど、釘が上を向いているか下を向いているかも大切

基本的にへそ釘は上を向いている方が回ります



さらに、へその左釘より右釘のが上向きかも重要
右釘の方が上にある方が回ります





ヘソを見るときのポイントの一つ
ジャンプ釘(へそ釘の直ぐ隣の左右の釘)



ちょっと分かりづらいけど、ジャンプ釘が下を向いてるのが分かるかな?
特に左側



ステップ釘をくだってきた玉がジャンプ釘で上に上がる役割があるから、基本的には左側しか弄らない場合が多いかな?

また、ヘソ釘ージャンプ釘間の間が狭い方が、その間から玉が溢れにくくなりどうたらこうたら




正確な説明は難しいけど僕がへそを見るときはへそ釘は自体よりも釘の向きや特にジャンプ釘を気にしますね〜

どうせへそ釘は開いてないし(震え)



逆に言うとへそ釘は開いているように見えてもそのあたりの釘がマイナス方向だとイマイチ回転が伸びないからね

へそ釘の広さで判断した場合はそのあたりも座ってから確認することをオススメするゾ










〜風車編〜

・・・これは特に言うことないけど

はかま釘の出口にある左右の釘がほぼ同じ高さなのはやめて頂きたい

これだから平和の釘は辛いんすよ



見るところとしては

はかま釘の出口の釘が右側より左側の方が下がっているのがポイント

そして風車が左を向いている方が回ります


その方がヘソに向かっていく玉が増えるからね、チャンスが増えるよ!やったね(ry


逆に、ヘソがプラス方向でも風車回りが死んでるとゲンナリするね

特にはかま釘の右側が下がってたら絶望









〜道釘編〜


なるほどなるほど〜なるほど〜



こんなん見ただけで敬遠しますわ
(写真じゃry)


銀河乙女の何がキツいかって

道釘のこぼしポイントが2ヶ所あるとこだよ!


写真のだと分かりづらいけどこぼしが広がってるね




横から見るとさらに酷さが際立ちますね(白目)



赤くしたとこの釘はすっごい下向き、はっきりわかんだね



こいつらを下げられると玉が右側により辛くなり、左側にこぼれやすくなります
(通常状態の釘より、赤線の幅は広く、青線の幅は狭くなる)


そうすると当然、左側のルートを通ることになりますそして

左側に待ち受けているのは…

\開いたこぼし/



ヘソが広くったって…ヘソに玉が届かなければ意味ないじゃないっっっ!



道はマジで大切

こぼしとか広がってただけで打つ気なくします









〜ワープ編〜

割愛



銀河乙女や平和系はステージ性能が悪すぎんよ

銀河乙女はステージとヘソとの距離があるからせっかくうまく落ちても弾かれるしね

だから平和系はワープ付近はあまり気にしないなぁ(例外あり)



しかし、例えば一騎当千SS2

この機種のステージ性能はマジでトップレベル

100発90中位(言い過ぎ?言い過ぎじゃない?)

こういう台はヘソや道がクソでもワープに入りステージに乗りまくる台なら見た目以上に回ります

よってステージ性能が神の機種は、まずワープ付近を見るのもアリですね








眠いから釘編はこのへんでいいかな?

また何かあったら追加記事を書こうそうしよう