SHABAKO倶楽部

宮崎県日向市からお届けいたします。 楽しい事や美味しいものに生きがいを感じるエセマダムの日々。

見ていると楽しくて天の市場にでも行ったような気分になる、某ショッピングサイトで先日服を購入したんだけど。


同じ服を色違いで5枚購入。
ブラック レッド、グレー、ネイビー、グリーン。
待てど暮らせど発送の連絡が来ず、やきもきしていたら一週間後にようやくメールがきました。
「グリーンが欠品のため、他の商品に変更するかキャンセル手続きをしてください」と。
おいおい欠品の連絡遅すぎじゃねぇかと思いながらも、グリーンをキャメル色に変更してくださいと連絡。

「それでは、変更しましたキャメルの商品は準備にお時間が掛かりますので残りの4枚を先に送らせていただきます。」と。
それからまた一週間後にやっっっと先の4枚が到着。
が、あけてビックリ。3枚しか入ってない。ネイビーが入ってない。しかも頼んだレッドじゃなくてワインレッドが届いてる。ブラック、グレー、ワインレッドの3枚。

<(`^´)>ゴルァァァァァァァァァ
「商品が届きましたが、3枚しか入っていない上に1枚は色違いです。こんなにいい加減なお店は初めてです」と怒りの鉄拳メールを送信。
すると、「仕入先に発注しましたらワインレッドが届き、商品確認をせずにお客様に発送してしまいました。調べてみましたらグリーンに続きレッドも欠品でした。間違えて送りましたワインレッドの商品はお客様の方で破棄処分をお願いします。申しわけありませんがレッドはキャンセル処理をし、残りの4枚分を請求いたします。お詫びの気持ちといたしまして、残りの4枚分の代金は半額にさせていただきます。」との対処が!

後日、残りのネイビーもキャメルも無事に届き、誤発送で届いたワインレッドを含め手元には結局5枚あるが、実際請求されるのは2枚分の代金のみ。(もちろんワインレッドも破棄せずに着るわな。)

初めの頃は発送の遅さや受注ミスにイライライライラしていたけど、な、なんか結果ラッキー??

日向市は富高交差点のセブンの向かいにある中華料理屋さん。
お店の名前忘れた。というよりなんて読むのかわからなかったような気がする。
そんでもって、各テーブルに置いてあるメニュー表も店主が書いているのか誰が書いているのか達筆すぎる筆文字で、普段MS明朝体やMSゴシックに見慣れている近代のピーポー達にはちと読みづらいと思われ。
(´⊙ω⊙`)

そんでもってそんでもって、運ばれてきた料理にクリビツテンギョーイタオドロ!
(꒪ȏ꒪;)
どでかいプレートにメインと小鉢がお祭りワッショイ!

煮物や魚南蛮にお刺身。
中華料理屋の看板を掲げながら、和テイストの居酒屋料理もお得意な側面を持つ。

店員さんがさらに白ご飯まで運んで来る空気だったので(定食やから当たり前だけど)ご飯は結構ですとお断りしました。ごちそうさまでした!

ふと思い出した話。


4,5年前、近くのお弁当屋さん「ほ⚪︎とも⚪︎と」へ電話注文。


わて「のりタル弁当をひとつお願いします。タルを倍にしてください。」
店「はい、のりタルのタルタルを1倍ですね。」
わて「???。いや、タルタルを2倍にしてください。」
店「えーーーっと…通常のタルタルにプラスもう一杯ですよね?」
わて「そうです。2倍です。」
店「あのぉ、うちではそれを1倍と言うんですけど。」
わて「?????あ、とにかくそれでお願いします。」


なんか腑に落ちん(−_−;)
どっちが正解?

このページのトップヘ