2011年11月

2011年11月12日

岩手の旅 二日目の3 無修正画像

カッパを諦め、次に向かったのは
「遠野ふるさと村」

遠野の昔ながらの山里の暮らしを再現してあります。

遠野物語を読んで、その世界観にどっぷり浸かりたかったので
ここにはぜひ来たかったんです。

やっぱりいいねえ。
茅葺きの屋根、馬小屋、炭焼き、田んぼに畑と
良い感じ、満載です。

PB120247

見てるだけでも落ち着くけど、実際に建物の中に上がることもできて
日本人スピリッツにびんびん響いてきます。
なんでこういうのに惹かれるようになったのかな?
歳かな?


PB120270

大釜でお湯を沸かしてはった。
ちゃんと暮らしぶりが見て取れるように工夫されてました。
ええのう。


PB120272

施設内の田んぼ。
ちゃんと収穫されてました。
ここで育ててるんだねえ。
生活を見られるのが楽しいです。


で、やっぱりありました。
これもリアルなんやろうなあ。
地方でよくある男根思想。
おっきしてる、わら人形。
というかわら人間。
身長2メートルはありよる。

無修正モロ画像でお送りします。

PB120252

これを一生懸命編んでるときってどんな気持ちなんだろうか。
神々しさゼロ。
けど、昔の山里でもこういうことやってたんやろうな。
おおらかさが大切だぜ、日本の心。

PB120254

となりにいた、ちょっと背の低い男根ジュニア。
東日本大震災を受けて、「がんばれ日本」とたすきがけ。
まず、服を着ろ!
そして、股間を沈静化させなさい!


で、股間をよく見てみたら…PB120255

ギョエー!
わらの間にお金が差し込まれている。
観光客が入れてるんだろうけど、
いったいどういう心理で挟むんだ!?
「ぼくも大きくなりたい」
「子宝に恵まれますように」
とかそういうの?
なんでも信仰の対象にすりゃええちゅうもんでもないでしょうよ。

ああ、痛そう…。



ということで、二日目がようやく終了。


きょうは、遠野の旅館に泊まります。
疲れたけど、充実の一日でした。