2007年03月09日

ピコーンだね

ピコーン!

小説を原作にして、マンガを描いてみるというIKKI COMPLEX。
舞城王太郎が原作で、青山景がマンガです。
舞城さんがもともと好きなので、
どんなもんじゃろ、と思って読んだのですが、
complexと言いながら、完全に小説に食われてましたな。

舞城さんってなんとなくビジュアル系っていうか
擬音とかマンガ的で表現が可視化してるっていうか、
うまく書けないけど、そんな感じの人だったので、
わざわざマンガにする必要がないのかもね。
というか、舞城さんがマンガにしたらいいのに。
絵もうまいし。

だがしかし、新しい(のか?)表現手段に対しては、
率直に拍手を送ろうではないか。
パチパチパチ。

だがだがしかし、1冊1200円、という値段はどうなのだ。
ハードカバーで新書買えちゃうよ。
そこだけは確実に新しいぜ、IKKI COMPLEX!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ピコーン!舞城王太郎・青山景  [ 粋な提案 ]   2010年10月17日 03:10
コミックから文学へ新たなアプローチを試みる新レーベル「IKKI COMPLEX」新刊発売。舞城王太郎と俊英漫画家・青山景による、最先端最新鋭コミカヮ..

この記事へのコメント

1. Posted by 藍色   2010年10月17日 03:23
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔