ファームライダー・やーしゅんブログ

競馬ライターで、数年前まで社●グループの元調教厩務員をしていました。重賞ウイナーへの騎乗経験アリ。

2018/11/18 マイルCS


マイルCS


春の安田記念とは異なり、有力3歳馬も複数出走する秋のマイル王決定戦。平坦の京都でイメージ的には先行有利の印象を抱いてしまいがちだが、過去10年で逃げ先行策を取って勝利したのは一昨年のミッキーアイルくらいで、むしろ中団以降に控えた差し追込馬が鋭い末脚を見せて勝利するシーンが目立つ。末のしっかりしているタイプが良さそうだ。ただ、今年は確たる先行馬不在でペースが読みづらい。末脚一辺倒のタイプより、自力で動いても勝負できるタイプをより上位に取りたいところ。


◎ミッキーグローリー

先行、ある程度のポジションから速い上がりをマークする競馬ができるタイプのディープインパクト産駒。長期休養明け位だった昨年9月の古作特別で6着に敗れたのを除けば、全てのレースで馬券に絡んでいるように非常に堅実な走りを見せている。

今週の坂路では楽に自己ベストをマークしていたように、恐らく調子は絶好調。京成杯AH1着からの参戦となるが、ノーザンF天栄調教馬がGⅠ本番に休み明けで挑んで勝つシーンを今年何度目にしたかわからない。重賞初挑戦でロジクライやワントゥワンを破っているのだから、能力的にはいきなり通用するレベルにあると思う。前走までルメール騎手が騎乗したワケで、今回の代打もノーザンF天栄でルメール騎手の次に優先度の高い戸崎騎手なら陣営の期待度も伝わるというモノ。前向きな気性でポジション取りも容易にできるタイプなので、乗り替わりも大きな問題にはならないか。オッズ的な妙味も含めてこの馬を本命とする。


◯モズアスコット

この馬もデビューからのキャリアで4着以下がなく、距離馬場展開問わず崩れない。今年のマイラーズCでは二番手から抜け出す競馬で2着に入っているように、今回のメンバーの中では比較的自在性があるタイプ。展開に応じて臨機応変に対応するルメール騎手にとって最高のパートナーと言っても過言ではない。

前走のスワンSは格下のロードクエストに敗れ、タイム自体もそう目立つものではないが、スワンS当日の京都芝は比較的上がりの掛かる馬場状態であり、他のレースでも上がり33秒台で走った馬は1頭もいなかった。プラス10キロということを踏まえても余裕残しの仕上げだったのは明白で、この中間は2週続けて坂路で好時計をマークしており、上積みは確実にあると見ている。好勝負。


▲ステルヴィオ

コチラも天栄調教馬。毎日王冠は前残りの展開を最速の上がりで2着まで追い込んだ。この最内枠からロスのない競馬ができればそう差はないはず。


★ペルシアンナイト

昨年の覇者だけにレース適性は既に証明済み。今年のほうが枠順的に有利であるし、調教・馬体もこの馬なりに良い状態を披露している。そもそもGⅠ馬なのにステップレースを富士Sにしてきた辺り、ハナからマイルCS一本だったと考えるのは自然なことだろう。上位争いに期待。


△アルアイン
△ジュールポレール
△ジャンダルム
△ケイアイノーテック




定期購読(無料)のご登録はコチラ

ご登録よろしくお願いします

▼ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。

現在60位付近です
よろしくお願いします

2018/11/18 日曜推奨馬


時間が無いのでとりあえず注目馬の馬名だけ載せておきます。推奨理由が聞きたい方はTwitterででも聞いてくれれば答えます。

土曜は9頭推奨して

東京2R
◎ロジギムレット ②着


京都3R
◎トップウィナー ②着


福島10R
◎オウケンスターダム ②着


3頭が馬券になり、

単勝回収率 0%
複勝回収率 153%

でした。

東京1R
◎トーセンジンライム


東京2R
◎グリーンティー


東京3R
◎テンノウザン


東京7R
◎カーネリアン


東京9R
◎クィーンユニバンス


東京11R
◎ドンフォルティス


京都12R
◎タテヤマ


福島1R
◎トーセンバーボン


福島6R
◎メモリーコバルト


福島7R
◎ミヤギウイング




定期購読(無料)のご登録はコチラ

ご登録よろしくお願いします

▼ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。

現在60位付近です
よろしくお願いします

2018/11/17 東スポ杯2歳S


東スポ杯2歳S

05年から13年連続で出走馬から後のGⅠ馬が出ているスーパー出世レース。特に多頭数の時はハイレベルになりやすく、京都2歳Sが重賞に格上げされてからは関西馬の出走が少ないこともあって近年は少頭数で行われることが多かったが、今年は16頭立て。馬券抜きにして注目したいレースでもある。


◎アガラス

自分のPOG馬ということもあるが、アガラスに期待する。新馬戦はこのコースでラスト3F11.6-11.4-11.3秒の加速ラップで2馬身半差の快勝。13年の勝ち馬イスラボニータのように大きくダイナミックな走法で、跳びが大きい。

前走の札幌・コスモス賞はナイママにピッタリマークされて2着と敗れたが、このレースは稍重発表ながら前半5F60秒6と前掛かりの展開で、2歳戦の札幌芝1800m、稍重以上の道悪で絞り込むと、史上最速の5F通過タイムとなる。その展開を押し出されるような形で逃げた上に、マイナス10キロの馬体。むしろ良く走っているほうだと思う。

東京替わりは間違いなくプラスであるし、調教の動きも上々。Twitterでも呟いたが、基本的に6月東京・阪神開催の芝1600~新馬戦を使ってきたノーザンF生産馬は後に活躍する傾向にあり、既にグランアレグリア、ダノンファンタジーと2頭の重賞ウイナーが出ている。その他にもサートゥルナーリアやアドマイヤジャスタ、ジャミールフエルテ、アンブロークンなど2戦目以降で好走している馬も多い。素質馬を早めにデビューさせ勝ち上がらせて、秋競馬に備えるのはノーザンFが得意とする典型的なパターン。ここも勝ち負けになると見ている。


◯ヴェロックス
▲ヴァンドギャルド
★ルヴォルグ
△カテドラル
△ダノンラスター
△ホウオウサーベル



定期購読(無料)のご登録はコチラ

ご登録よろしくお願いします

▼ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。

現在60位付近です
よろしくお願いします

元馬乗りです。Web中心に競馬関係のメディアでいろいろやってます。ときどき紙媒体にも出ます/ギャンブル宝典『シャダイン!』/チヌ釣り(フカセ)と坂道シリーズ、あと美味しいものが好きです。
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ