ファームライダー・やーしゅんブログ

社●グループの元調教厩務員。重賞ウイナーへの騎乗経験アリ〼。 twitterではリアルタイム情報もお届け中。→@ss_ss_shun

皆さんこんばんは。やーしゅんです。

先週の重賞予想は

京都牝馬S
①着◎ミスパンテール
②着△デアレガーロ

フェブラリーS

①着◯ノンコノユメ
②着◎ゴールドドリーム
③着穴インカンテーション


この2レースがうまく決まったかな、と。

特にフェブラリーSに関してはサラブレさんに載せて頂いた予想の本命対抗で決まったので何よりでした。また来年も仕事来ますかね?笑

▼半月前の予想でしたが、会心の一撃でした▼
DWU8vP0U0AAJ08V


今月号のサラブレはまだまだ絶賛発売中ですので、ぜひご覧ください。この表紙が目印です。僕の予想メソッドも軽く説明していますので、よろしくお願いします。

4910041390380


土曜は重賞がありませんが、推奨馬を何頭かピックアップしました。
参考にしてみてください。


またTwitterでも予想を公開しています。良かったらフォローしてください。



また、ツイキャスの中山記念展望も木曜夜に行いました。
馬体画像などを用いて説明していますので、
良かったら参考にしてください。

▼URL・画像をクリックでツイキャスへ▼
https://ssl.twitcasting.tv/ss_ss_shun/movie/443512383
▼こんな感じのイメージです▼
DWj2PxqVwAAgJO6

★土曜・推奨馬★


中山5R
◎名前
紹介文で
550キロくらいある超大型馬のようで、使いつつの面もありそうだが、21日の坂路では非常にダイナミックな動きを見せており、素質は高そう。半兄にオープン馬がいる血統で、将来的にはダート?かもしれないが、現状父の産駒は芝のほうが良さそう。ここを使って良化を見込んで次~というのは皆考えていると思うので、あえて初戦から買いたい。


※PR
■■■■■■■■■■■■■■■

―――――――――――――――――――――――――

昨年の中山記念は【超穴馬】に指名していた
サクラアンプルール(8人気)が激走して31万馬券!


―――――――――――――――――――――――――

今年も例え紙面では無印でも絶対に軽視は禁物!

\\\\\中山記念の超穴馬/////

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『馬券に絡んだ時点で高配当は間違いなし』

『この話を知らずに買ったら後悔する』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GI馬相手と決まっても見返りは十分!
w300-250

【中山記念の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎◎◎◎ 2月競馬も万馬券多発 ◎◎◎◎

大きく儲けたい方は絶対にお見逃しなく!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――
2回京都6日目1R 【8万0020円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京3日目10R【6万7690円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都1日目1R 【6万6250円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都6日目12R【6万5140円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京2日目1R 【5万6200円】的中
――――――――――――――――――――――
1回中京6日目3R 【5万6140円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京2日目10R【3万2630円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都3日目9R 【3万1100円】的中
――――――――――――――――――――――
その他的中多数!(300倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年は《超穴馬》サクラアンプルールが激走!

今年の【中山記念の超穴馬】はコチラ



中山10R
◎馬名紹介文で
前走も本命。直線であっちゃこっちゃ行く競馬だったので、不完全燃焼。前残りのレースで終いは反応してただけに勿体無かった。今回は小回りO型コースがカギになるが、戦績を振り返ってみると、O型コースに実績が無いというより、そもそも走っていない。半弟は器用な立ち回りで皐月賞を制しただけに、ひょっとすると適性があるかもしれない。これが引退レースだけに頑張って欲しい。



中山12R

◎ドリームリヴァール

勝ち切れない競馬が続くが、前走の1~3着馬は相当強かった。メンバーは一気に弱くなったので、人気以上の走りを期待。頭というより2~3着固定が良いかもしれない。



阪神5R
◎コパノキッキング

新馬戦ではTwitterで呟いた馬。新馬戦の勝ちっぷりは流石米国三冠に登録したほど。残念ながらヒヤシンスSは除外になったが、自己条件ならもう一丁行けるはず。460キロ台とそこまで大きくない馬だが、新馬ではトモの踏み込みが非常に力強く、素質の高さを窺えた。勝ち負け…というより勝つでしょう、このメンツなら。



阪神11R
◎モンドインテロ

久々のダートがどう出るかだが、個人的にはプラスに働くと思う。蹄を見てもらうと分かるが、ディープインパクト産駒の割に蹄底に厚みがあって立っている。父の産駒は蹄の薄い馬が多いが、この馬に関して言えば真逆。ゆえに洋芝だとか、多少上がりの掛かる展開を得意としている。狙うなら今回。



阪神12R
◎トゥザクラウン

前走はちょっと「アレ?」な競馬だったが、プラス24キロだったし、成長分とともに太めも多少残っていたはず。500キロを超える馬格の持ち主で、スピードを問われる京都コースよりも、パワー・馬力を問われる阪神コースが合っているのでは。1週前にペルシアンナイトと併せて互角の動きを見せていたし、元々素質は育成時代から高く評価されていた馬。ここは負けてほしくない。


無料読者会員のご登録はココから
ご登録よろしくお願いします

ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。
『重賞ウイナー~~』のところが紹介文です。

2018y01m19d_221351675

▼スマホだと、下のような形で現在のランキングが出ますので
クリックしていただければそのページへジャンプします


Screenshot_20180119-221506

現在76位付近です!
よろしくお願いします!

皆さんこんばんは。やーしゅんです。

今日の重賞予想は、

京都牝馬S
①着◎ミスパンテール
②着△デアレガーロ
③着消エスティタート←痛恨のヌケ

④着穴エンジェルフェイス


ダイヤモンドS
①着◯フェイムゲーム
②着穴リッジマン
③着△ソールインパクト

⑤着◎プレストウィック

とまあ、東西で外れました。orz…

本命が勝っても0円、上位評価にしている馬が上位独占でも0円。ですが、

本命に打った馬が来ない=予想は外れ

というスタンスで僕は予想しているので(基本的に)
これも宿命なのかなと思います。日曜も頑張ります。

★日曜・推奨馬★

東京7R
◎馬名
紹介文で
距離短縮を待ってた。この厩舎ながら個人所有馬で外国人騎手が連続騎乗しており、厩舎サイドの期待も大きいのでは。大型馬だが長めを乗ってムーア騎手を配しており、メンバー的にもチャンス。


東京12R
◎名前
紹介文で

前走でようやく中央初勝利。とはいえ能力はこのクラスで留まるようなものではなく、少なくともオープンくらいまでは行ってくれないと困る馬。今週もダートコースで終い反応良く、トモの弱いところがある馬だがだいぶ逞しくなって来たのではないか。昇級戦でも期待。


小倉大賞典・予想

レース傾向・展望


血統傾向を見ていると母父ミスプロやらボールドルーラーやら、米国血統がやたらと強い。

恐らく小回り芝1800m重賞でメンバーもそこそこ揃うので、ペースが速くなってアメリカンな血統の馬が来やすいのだと思う。

差し馬も来ているが、基本的には内を回るかマクリ気味に進出しないとキツい。ペースが流れたとしても直線一気まではなかなか決まらない。土曜の芝も前残りであったし、4角ではある程度好位置にいる馬が良いのではないだろうか。


◎ストレンジクォーク

ストレンジクォーク


前走の中山金杯で3着。元々ポテンシャルは高く、6歳馬でも今が伸び盛り。血統表を紐解いていくと母母父にミスプロ系のMiswaki、母父アグネスタキオンの母アグネスフローラはボールドルーラー系のロイヤルスキー産駒、メイショウサムソンの父オペラハウスも産駒がこのレースで馬券になったことがある。

掛かり癖のある馬なので調教も馬なりでテンションを整える程度で十分。内枠と距離短縮も歓迎のはず。今回は先行勢も多いしペースは流れそうで、中山金杯も馬混みの中で我慢出来ていた。直線で内目から抜けてこられるのではないか。


◯タイセイサミット
ダイワメジャー産駒はカレンブラックヒルがこのレースを勝っているように適性ある。母父はミスプロ系のエンドスウィープで血統背景は言うことなし。近走は冴えないがペースが流れることによってスイッチが入ってくれないか。調教も動いているし、元々3歳春から期待されていた馬。一発あると思う。


▲トリオンフ
540キロも馬体重のある、馬っぷりの良いタイプ。実はめっちゃ強い可能性もある。川田もこの馬に乗りに来ているのだろう。ただいきなり条件上がりの馬に自信を持って本命を打つほどではなかったので、逃げの手で黒三角とした。あっさり勝たれても不思議ではない。


穴サトノアリシア
穴ハッピーユニバンス
平田厩舎の親戚2頭。この2頭を評価したくなったのは去年夏のTVh賞。ハイペースでこの小倉大賞典のような前掛かりの展開(テオドールの大逃げだけど)になったので、そこで①③着ということでチャンスがあるんじゃないかと。ただ平田厩舎はゴールドドリームがこの日一番であることは間違いないので、その辺がどうか。でも条件は合っていると思う。ジャングルポケットもハービンジャーもこのレース向きだと思う。

以下押さえは手広く
△スズカデヴィアス
△ダノンメジャー
△ダッシングブレイズ
△マサハヤドリーム
△クラリティスカイ
△ウインガナドル


※PR
▼無料とは思えないほど役立つサイトです▼
■■■■■■■■■■■■■■■
04年にアドマイヤドンでV!
07年にサンライズバッカスでV!

GI通算22勝の大騎手・安藤勝己が
参加者全員にフェブラリーSの
最終結論◎○▲】を無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■
l300-300

アンカツさんの本格予想が
読めるのは競馬ラボだけ!


昨年最後のGIホープフルSで
◎タイムフライヤーが快勝!

昨年のフェブラリーSも
◎ベストウォーリアが激走!

フェブラリーSの最終結論を無料で見る


フェブラリーS・予想

レース傾向・展望

前走で上がり3位内をマークしていた馬の好成績が目立つが、勝ち馬に限定すると上がり最速で勝利したのは12年テスタマッタのみ。一方、10年中8年で最速上がりをマークした馬が馬券になっており、追込脚質では2~3着止まりが多いのが特徴。本命=勝ち馬”にこだわるのなら、ある程度のポジションから競馬を進められる上で、決め手のある馬を選びたいところ。ってこれ雑誌のまんまだね。

要するに日本一メンバーの揃う東京のダートマイルを逃げ切る、先行して押し切るというのはかなりキツいんですよ。だってあのホッコータルマエですら勝ってないわけですからね。ということで本命は事前に上げていた通り、この馬。

◎ゴールドドリーム

2018y02m17d_221653986


不動の本命でしょう。前走はプラス14キロで、今回ノーザンFしがらきに放牧に出ていた時には580キロほどにまで増えていたようですが、調教後馬体重で542キロ。入厩してから約1ヶ月で前走時と大きく変わらない数字にまで持ってこれたということは、相当代謝が良いのだと思う。

普通、冬場は汗をかきにくいため体重は落ちづらい。ところがこの馬の場合、コース追いではなくプールで泳ぎまくって体重を落とすこともできる。というよりテンションが上がるとレース前に終わってしまうので、馬に気合を入れすぎない意味でも理想的な調整が出来ていると思う。連覇濃厚。鞍上ムーアは来週から日本を離れるので、120%の力でガチ追いしてくるだろう。

◯ノンコノユメ
去勢して一時期は体重が減ってしまったが、根岸Sでは自己最高馬体重で出走してレコード勝ち。6歳だがホルモンバランスがようやく整ってきたのか、充実期を迎えていると判断して良いだろう。Hペースに乗じただけとの見方もあるが、この馬はペース云々ではなく、大外で真正面に馬を置かない状況を作ることができればしっかりと終いまで伸びてくる。ウチパクさんが継続騎乗するのもプラスだし、大外からぶっ飛んでくるシーンが想像できる。


▲サンライズノヴァ

530キロ台の大型馬だが馬体のバランスが良いため全く重たく見せない。脚もスラッと長めに見せているし、1400mよりはマイルのほうが合うのでは。根岸Sも先に動いてハナ差2着なら勝ったも同然の内容。大外枠も有利であるし、上位争いは必至。


穴インカンテーション
武蔵野Sを勝っているようにコース適性はメンバー中でも上位。東京大賞典は距離も長かったし、基本的にワンターン向きなのでは。3年前に2着しているし、このレース自体リピーター要素もある。アタマを取り切るイメージはないが、相手には必ず入れたい。


以下押さえで
△ベストウォーリア
△テイエムジンソク
△アウォーディー
△ケイティブレイブ


無料読者会員のご登録はココから
ご登録よろしくお願いします

ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。
『重賞ウイナー~~』のところが紹介文です。

2018y01m19d_221351675

▼スマホだと、下のような形で現在のランキングが出ますので
クリックしていただければそのページへジャンプします


Screenshot_20180119-221506

現在58位付近です!
よろしくお願いします!

皆さんこんばんは。やーしゅんです。

先週は4日間開催でてんてこ舞い。温泉で100時間くらい寝たいです。

前置きはこの辺にして、土曜の推奨馬を。

★土曜・推奨馬★

東京6R
◎ハーレムライン


未勝利戦1着時の勝ち時計は1回中山開催の芝1600mで最速。ペースの違いもあるとはいえ、古馬1000万~準OPよりも速かった点は評価できる。ダイアトニック、フラットレーは能力高そうだが、この馬は好位で立ち回れるアドバンテージがあり、現状の地力勝負なら引けを取らないはず。過去3年のマンハッタンカフェ産駒が東京芝1600mで単勝回収率16%だったということは見なかったことにしておこう。


東京9R
◎アシュリン

新馬戦はちょっと届かないような位置から差し切ってインパクトのある勝ち方。2着馬がササッて内ラチに突っ込みそうになってはいたものの、この馬もバランスの良い好馬体で体が柔らかく、広い東京も合っていそう。距離延長も問題はないと思う。相手は強いが馬券内も十分あると見て。ブレステイキングはザ石した影響がどうでるか。


ダイヤモンドS・予想

レース傾向・展望

ステイヤーズSに次ぐ日本で二番目の長距離レース。中山芝3600mで行われるステイヤーズSは道中でマクリが入るなど「動きたいところで動ける機動力」も多少必要になってくるが、このダイヤモンドSは広い東京コースで行われるため、基本的に直線まで展開が大きく動くことは少ない

馬場状態に関わらず決め手勝負になりやすく、他場の長距離戦で時々見られる「大逃げを打った馬が展開利で残る」ケースは稀。ただ純粋な切れ味勝負ではなく、3000m級のレースで勝ち負けできるスタミナがあり、瞬発力というよりも持続力勝負になるイメージで馬券を組み立てたい。

ただ、前年の菊花賞で上位入線して人気になった4歳馬は比較的飛びやすい。恐らく、3歳限定戦の京都芝3000mは展開に左右される面と、出走メンバーの純粋な絶対能力比較で上位の馬が活躍しやすい舞台だからではないだろうか。菊花賞というレース自体、後に安田記念に出走するようなリアルスティールやエアスピネル、マイルCSを勝ったトーセンラーでも馬券に絡めるように純粋なステイヤーが活躍するレースではないからだろう。

今年は該当馬不在だが、500万→1000万と連勝した4歳馬ホウオウドリームはスローからの瞬発力勝負で勝ってきたタイプの馬で、本質的にはステイヤーではないと思う。実際、その連勝したレースではキレのある牝馬が2着に入っているので、初の3000m級レースでどこまでやれるかどうか。

また長距離レースらしくリピーターが多い。


◎プレストウィック

2018y02m16d_212723836

3000m級のレースは3回走って④⑤③着と全て掲示板。東京では勝ち星が無いが、左回り【2-1-2-5】となかなか良い。ステイヤーズSではフェイムゲームに2馬身差及ばなかったが、今回は3.5キロ差の斤量差がある。去年のダイヤモンドSではそのフェイムゲームに4キロ差であるものの先着しており、調教もびっしり乗られていることから上積みはコチラのほうがありそう。ダイワメジャー産駒だが胴回りもゆったりとして長方形のシルエット、跳びが大きく不器用なので東京コースも合っているだろう。勝ち負けに期待。


◯フェイムゲーム
理由は説明不要。14、15年連覇、16年2着、17年6着。適性はピカイチでケチの付けることは無い。ただ今回は最終追いを一杯にやってきたので、多少追い足りない可能性も。斤量自体はこなせると思うが、他馬との比較で対抗がベターかと。


▲レジェンドセラー
前走は淡々としたペースで、後方から進めたこの馬にとっては不向きな展開。また、距離も幾分短かった印象。広い東京に替わるのは良いだろうし、中間もしっかり攻めているので馬体も更に引き締まってくるはず。トニービンを内包している馬が強いのでルーラーシップは向くと思うが、ホウオウドリームよりはスタミナ・長距離寄りの体型をしているコチラに期待。


穴リッジマン
スウェプトっぽくない馬。前走の万葉S2着はまぐれではないと思うし、このレースに関して言えば切れ味よりもスタミナ持続型の馬が台頭するので、穴で期待。っつてもそこそこ穴人気しそうではあるが。

以下押さえ
△ホウオウドリーム
△ラブラドライト
△ソールインパクト
△トウシンモンステラ
△トレジャーマップ


※PR
▼無料とは思えないほど役立つサイトです▼
■■■■■■■■■■■■■■■
04年にアドマイヤドンでV!
07年にサンライズバッカスでV!

GI通算22勝の大騎手・安藤勝己が
参加者全員にフェブラリーSの
最終結論◎○▲】を無料公開!

■■■■■■■■■■■■■■■
l300-300

アンカツさんの本格予想が
読めるのは競馬ラボだけ!


昨年最後のGIホープフルSで
◎タイムフライヤーが快勝!

昨年のフェブラリーSも
◎ベストウォーリアが激走!

フェブラリーSの最終結論を無料で見る


京都牝馬S・予想

レース傾向・展望

外回り1400mになってから今年で3年目。基本的に上級条件では逃げ先行馬は残りづらいコースで、割と決め手が必要。2年前は重馬場の影響か、割とマイル以上の距離で実績を残している馬が上位を占めたが、昨年はここをステップにして1着に輝いたレッツゴードンキが直後の高松宮記念で2着。2着入線したワンスインナムーンもスプリンターズSで3着に入っているようにスプリント色が濃かった。展開も含め、今年はどっちに転がるかがカギ。

京都は最終週で、先週も道悪での競馬。今週は天気が良さそうとはいうものの、芝は相当荒れているはず。良馬場発表でも時計勝負というより、荒れた馬場をこなせそうなパワーある馬を選びたい。


◎ミスパンテール

2018y02m16d_220230441

と考えるとこの馬が本命にふさわしいかな、といったところ。
牝馬の中でもかなり大柄な500キロ超の馬体重、パワーを要する中山マイルでの勝鞍も光る。また坂路で54秒5-終い11秒9を馬なりで叩き出しているように調子も良さそう。バランスが良く500キロあっても重苦しく見えないし、却って素軽い印象さえある。クラシックでは結果を残せなかったが、ここに来て馬が充実しているし、近親のウインラディウスは雨の降る京王杯SCをレコードで制したように1400mをこなせる下地もある。勝ち負け期待。


◯オーヴィレール
1200mばかり使われているが新馬戦は1800mを逃げ切っている。馬格もメンバー中3番目に大きく、シンボリクリスエス×クロフネでダート馬のような血統背景をしており、パワー型の馬を重視する予想なら外せない。攻めも動いているし、距離延長で掛からなければ上位に来て不思議ではない。


▲ワンスインナムーン

昨年の2着馬。香港は残念だったが、スプリンターズSで3着は立派。スピードがあるため高速馬場向きの感もあるが、地力で上位争いしてきそう。坂路で好時計も出しているし、具合も良さそう。


穴エンジェルフェイス
前走はフロック視されがちだが、2着に負かしたロジクライも次走であっさり自己条件を勝利。勿論恵まれていた面はあるものの、この馬も500キロを超える馬体で力強い牝馬。キンカメ産駒も昨年レッツゴードンキが勝利しているように、馬のタイプこそ違えど血統はこのレースと相性が良い。残り目に警戒。


以下押さえで
△ソルヴェイグ
△デアレガーロ
△ヴゼットジョリー


無料読者会員のご登録はココから
ご登録よろしくお願いします

ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。
『重賞ウイナー~~』のところが紹介文です。

2018y01m19d_221351675

▼スマホだと、下のような形で現在のランキングが出ますので
クリックしていただければそのページへジャンプします


Screenshot_20180119-221506

現在62位付近です!
よろしくお願いします!

↑このページのトップヘ