先週の日曜は7頭推奨して

札幌6R ◎ヨシヒコ ②着 (6人気 20.3倍)
札幌8R ◎ジェットコルサ ②着 (6人気 9.3倍)
札幌9R ◎ゼーゲン ①着 (1人気 2.0倍)
札幌11R ◎アルマエルナト ③着 (10人気 40.3倍)

の4頭が馬券になりました。メインのアルマエルナトはシンガリ人気で良くやってくれたと思います。

今週も同じように行くかはわかりませんが、推奨した馬には頑張ってもらいたいですね。


土曜推奨ヘッダー



札幌1R

◎シゲルエメラルド


デビュー前から攻めの動きが良く、新馬戦でも注目していた馬。前向きな気性で先行力もあるが、前走は強すぎた勝ち馬を追いかけた分息切れ。500キロ近い馬格があり、使っての上昇も見込めるはず。クリスエス産駒だけにダートが悪いということは考えづらく、好勝負に期待。

 

 

札幌4R

◎ミツオサウスポー


前走は逃げた長濱ネルがハイペースでかっ飛ばして、付いて行ったこのミツオサウスポー含め先行勢には厳しい流れだった。札幌のダート1700mで4角10番手から追込が決まることは早々ない。その中で先頭から0秒3差に踏ん張った点を評価したい。今回も先行勢はいるが、何がなんでもというタイプの馬はいないので、無難に好位を立ち回ってくれれば上位争い。


 

札幌5R

◎ヴォルカン


栗東坂路で4F 52.6-37.7-24.1-11.9秒の好時計をマーク。ゴールに向かって加速していくラップをレース3週間前に計測していることからも、優れた脚力の持ち主であることがわかる。札幌に入厩してからも本馬場で好調教を連発しており、今週の追い切りでは軽く促しただけで好反応。取り回しも聞きやすそうで、競馬センスの片鱗を感じる。勝ち負けに期待。


■■■■■■■■■■■■■■■
LINE@でカンタンGET

~~ 鉄板軸馬3 ~~
【毎週】土日3頭ずつ無料配信

俊英予想家が集う競馬JAPANが

・土日3頭ずつ、レース前日配信
・鉄板度を★1~3でジャッジ
・鉄板度MAX★3は29戦28連対

(17年7/22~18年7/29)

LINE@おともだち追加で配信

j300-250

■■■■■■■■■■■■■■■

アレも!コレも!ぜんぶ勝ち馬!

7/29新潟2R 3歳未勝利
推ラヴベローナ 1着

7/28札幌8R 3歳上500万
推トロワゼトワル 1着

7/22中京1R 2歳未勝利
推アドマイヤジャスタ

鉄板軸馬3はLINE@でも配信

j640-100


 

札幌7R

◎テイエムソレイユ


前走も本命。キャリア12戦のうち、10戦でメンバー3位内の上がり3Fを計測しているように、堅実に末脚を伸ばしてくれるタイプの馬。本来ならば大箱コースが良いようなイメージもあるが、マクリ気味に進出した函館戦で初勝利を挙げているように、徐々に押し上げるような競馬が現状合っているのでは。鞍上も継続騎乗3戦目で手の内に入れてくる頃だと思うし、改めて期待。

 

札幌8R

◎シゲルタイガー


前走はスタートで致命的な出遅れ。中団から行く馬ではあるが、1200mであのロスは痛い。直線に向いても前後左右を囲まれ、全く追うところなくゴール。それでいてメンバー最速の上がりだったので、まともなら突き抜けていた公算が高い。

再び出遅れをやらかす可能性はゼロではないが、五分にスタートを切って中位で運べれば、まず前走のようなことは無いはず。函館よりも札幌の方が差しが決まる傾向にあるのも好材料。乗り替わりで人気落ちも見込め、馬券を買うなら今回か。

 


札幌9R

◎フラべリフォーム


キャリア2戦だが、いずれもメンバー2位の上がりで連対しているように素質はありそう。休み明けだが1週前にダートコースで5F 65.9-51.5-38.3-12.4秒をマークしているように、動きは悪くない。メンバーレベルもそう高くないので、いきなりやれても不思議無い。アヴァントが人気被るようなら単勝に妙味。

 

 

小倉6R

◎ウインドショコラ


デビュー前に坂路で4F 51.7-36.9-23.7-11.9秒という猛時計を出したこともあり、初戦からずっと買っている。デビュー戦はマイルと重馬場、既走馬相手のレースで、前走はダート。芝の短距離で変わる余地は残されていると思う。

スタートが遅い馬ではないので、ロス無く回れそうな最内枠も悪くない。鞍上もアヴドゥラ騎手を配しているように、陣営の期待度も高そう。森田厩舎は短距離の芝馬が多く、ダイメイプリンセスのように使いつつ良くなるタイプが多い。激走あっても良い。



新潟2R

◎アンダンテバイオ


3走連続メンバー3位の上がり3Fで走っているように、そこそこの脚は持っている馬。3走前はやや短いマイル、2走前は小回りの福島、前走は後半のほうが速い後傾ラップだったことを考慮すると、展開の割によく頑張っているレースばかりということが分かる。今回はジュノーフォンテンが逃げる流れで、少なくともドスローにはならなさそう。末脚伸ばして複勝圏への突入も十分。



新潟7R

◎クリムゾンバローズ


純粋に大型馬の叩き2走目。脚部不安明けで反動が気になるところも、中間プールと坂路でだましだましながら運動量を積んでいるし、今週の最終追い切りは坂路で4F52秒8、これは自己ベストにコンマ4秒迫るタイム。終いは13秒6と掛かったが、そもそも攻め動くタイプではないので、大きな不安材料にはならないだろう。勝利実績のある新潟コースで復活なる。

 

 

新潟11R

◎キョウワゼノビア


7走連続で先頭から0.4秒差以内の競馬を続けているように、相手なりに走れるタイプの馬。前走の多摩川Sはかなりハイレベルなレースで、



1着ショウナンアンセム→パラダイスS1着

2着ワンダープチュック→福島TVOP2着

4着バティスティーニ→ホープフルS3着の実績

6着プロディガルサン→東京新聞杯2着の実績


と、オープンに近いメンバーが揃っていた。その中で最速上がりをマークして5着に食い込んだ力があれば、フルゲートでもある程度展開が流れて、抜けた馬もいない今回のメンツなら勝ち負けまであると見ている。左回りの1400mはベストの舞台であるし、中間は坂路で自己ベストもマーク。準オープン2戦目で突破の期待大。


 


無料読者会員のご登録はコチラ
ご登録よろしくお願いします

▼ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。

現在52位付近です
よろしくお願いします