▼フォローはお気軽に。
 いつもご閲覧していただいてありがとうございます!


皆さんこんにちは。やーしゅんです。

それでは、日曜のメインレース予想を公開します。
函館SSは自信の◎ですよ。

東京11R
ユニコーンS(G3)


◎リエノテソーロ
馬名はランキング紹介文で
◯サンライズソア
▲アンティノウス
★シゲルベンガルトラ
△サヴィ
△サンライズノヴァ
△ラユロット

~推奨理由~

◎リエノテソーロ
前走内容から芝の一線級でも好勝負できるスピード能力があり、先行しても差しても好走できる自在性も兼ね備えている。純粋に絶対能力がこの中では一枚上。体の骨格、筋肉の付き方からして他馬とは違う。今回は乗り替わりとなるが、鞍上の手を煩わせるような馬ではないので不安なし。東京は午後から降雨が予想されているが、重馬場になれば尚良い。

◯サンライズソア
持ち時計を一番で雨が降っても対応できる。ダートでは2戦2勝と底を見せておらず、当週追いではほぼ馬なりで併走馬を圧倒。調教だけならコレが一番。

▲アンティノウス
ノーザンF天栄リターン。ダートに目先を変えて戦績が安定。前走で負かした馬が古馬混合戦でもソコソコ勝負になっており、そのレースを4馬身差圧勝なら当然ここでも上位候補。

★シゲルベンガルトラ
今回のダークホース。前走の逃げには驚いたが、直線半ばまで渋とく粘って3着。勝ちきれないレースが続くが、ウラを返せばどんな展開でも相手なりにやれる=一定以上の能力がある証拠。
テン乗りの横山典弘騎手とも手が合いそうで、オッズも美味しい。穴はこれ。


函館11R
函館スプリントS(G3)

◎セイウンコウセイ
◯エポワス
▲エイシンブルズアイ
★ジューヌエコール
△クリスマス
△シュウジ
△キングハート

◎セイウンコウセイ
「G1馬がローカル重賞なんて獲りにくるはずない」と言っている方もいるかと思うが、高松宮記念を制した翌週にはココへの参戦が決まっていた。つまり、降級→賞金減額→56キロでの出走は計算どおりの臨戦過程ということ。当週も函館ウッドではかなりの好時計と言える5F66秒3をマーク。死角なし。


◯エポワス
9歳でも重賞好走馬相手に勝利している辺り、衰えはない。昨日の函館芝を見ている限り、かなりの高速馬場が予想されるが、この馬は札幌芝1200mのレコードホルダーであり、洋芝での持ち時計は一番。得意の舞台で更なる前進を。


▲エイシンブルズアイ
一見すると洋芝実績は皆無だが、3歳時に参戦したキーンランドCで0秒1差5着のレースをしている。京都を得意としているように時計勝負に強いので、今の函館芝は合うはず。好位で運べれば頭までありそう。


★ジューヌエコール
50キロの牝馬、短距離得意の厩舎と買い要素が多いが、当週追いが馬なり調整。これをどう見るかが一つの焦点となる。個人的な見立てでは、ハミを噛む馬なのでそろっと後ろから回ってくる気がしてならない。展開次第だが条件は良さそうなので、一角崩しがあっても良い。


阪神11R
米子S

◎ダノンメジャー
馬名はランキング紹介文で
◯グァンチャーレ
▲サトノラーゼン
△ブラックムーン
△ベステンダンク
△ベルキャニオン


◎ダノンメジャー
阪神芝も状態が非常に良く、土曜の準OP芝1200mで1分7秒1をマーク。4角3番手以内の3頭がそのままワン・ツー・スリーだったので、先行できるこの馬向きの馬場と言えるだろう。1ハロンの距離短縮も好感。当週追いもCWで7Fから好時計をマーク。押し切りVを狙う。


◯グァンチャーレ
いつも早い時間帯に坂路に入るということもあるが、それでも好時計を連発している。4F51秒台、終い12秒フラットは脚力がないと出せない時計。関西圏のレースでは大崩れしておらず、今回も順当に上位争い。

▲サトノラーゼン
前走は道悪が響いたか。高速馬場はダービー2着があるように歓迎のタイプだし、切れる脚もある。川田が上手く捌いて来られるかがカギ。ノーザンFしがらきで調整されており、状態は上向き。

ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬最強の法則ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダーのうままめ知識活用馬券』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。
『重賞ウイナー~~』のところが紹介文です。

2017y06m07d_174639450

▼スマホだと、下のような形で現在のランキングが出ますので
クリックしていただければそのページへジャンプします


Screenshot_20170607-174747

現在18位付近です!