Twitterフォローは▼ここから▼。



~チャンピオンズC・予想~

今回注目しているのはケイティブレイブ。福永騎手とは名古屋大賞典からコンビを組んでいる。帝王賞では怪我の功名、出遅れたことをキッカケにマクリ勝ちして新境地を開拓したが、この馬の良さは何と言っても持続力。そのことを福永騎手も分かっているからこそ、エンジンを吹かすように外々を回し、勢いを付けて差し切った好騎乗を見せてくれたわけだ。

この馬は「平尻」と言ってトモの形状(腰の頂点)が地面と平行に近い。
こういった形状の馬は、一瞬の瞬発力には欠けるものの、長く脚を使う展開にはめっぽう強い。持続力に秀でているのは、外貌で既に明らかになっていたことなのだ。

171126_ktbrave
▲ケイティブレイブのトモ角度を見て欲しい
(クリックで競馬ラボDBへ)

しかし近年、こういった「平尻」の馬は少なくなってきている。というのも、日本で活躍しているサンデー系の種牡馬は皆、瞬発力に秀でた「斜尻」だからである。瞬発力が命、と言っても過言ではない現代競馬において、平尻の馬は廃れるべくして廃れている状況なのだ。

とはいえ、ダートでは芝ほどの切れ味も要求されず、平尻の馬が持続力を生かすのに問題の無い舞台。逆に言えば、現代競馬で平尻の馬が結果を残すには、ダート戦しかないと言っても過言ではない。

話が脱線したが、要するに福永騎手は相棒の特徴をしっかりと把握した上で、ケイティブレイブの作戦を立てている、ということ。JBCも先に抜け出そうとしたところをサウンドトゥルーに狙い撃ちされてしまったが、しっかりと2着を確保した辺り、馬の地力も高いことの証明と言えよう。

このケイティブレイブ、デビュー戦から一度たりとも放牧に出ていない。この外厩競馬全盛の現代競馬において、これもまた異質な存在。

「鍛えて馬を強くする」とは故・戸山為夫調教師の残した言葉。このケイティブレイブも、所謂エリートではなく、使って使って成長してきた、まさしく文字通りの雑草魂。暑苦しく感じるかもしれないが、それが良い。叩き上げのヒーロー、日本人は嫌いではない。

◎ケイティブレイブ



最後まで読んでいただきありがとうございます
ランキングクリックをお願いします


ブログ更新をメールでお伝えする機能ができました。
買い目の配信や、注目馬をメール会員の方だけに公開しています。
是非、ご登録お願い致します。

ココから登録できます