Twitterフォローは▼ここから▼。


皆さんこんばんは。やーしゅんです。 先週のチャンピオンズCは当コラムでも取り上げていたゴールドドリームが勝利。内容的には「全幅の信頼は置きづらい」とジャッジしていましたので、見事なまでの裏目。うーん、僕が視力0.01しかないからでしょうかね…。

とはいえこれに懲りず、今週の阪神JFも出走予定馬を軽く解説していこうかなと思います。参考にするのも逆参考にするのも大歓迎です。なお、オーナー馬は省略していますので、ご了承ください。


ロックディスタウン
牝2 美浦・二ノ宮厩舎
サンデーR 社台Co白老F

新馬→札幌2歳Sと連勝、恐らく抜けた1番人気になると思われる。広い外回りコースで瞬発力勝負となる新潟芝1800mから、小回りでパワーや立ち回りが要求される洋芝の札幌芝1800mと適性が全く異なる条件で勝利したのは大きい。1Fの短縮も問題にはならないだろうし、むしろ姉たちの戦績を見るとマイルの方が良いのでは?と思えるくらい。

ストレイキャットの産駒は3年連続サンデーRで募集されていて、3頭ともオープンまで上がっている。2週前、1週前ともに南ウッドでしっかり動かされているし、休み明けでも問題なく仕上がっているはず。特に消す理由もなく、順当に勝ち負けしてくるだろう。

2015104185_09
▲3連勝でGⅠ奪取を狙うロックディスタウン
(クリックで競馬ラボDBへ)

ラッキーライラック
牝2 栗東・松永幹厩舎
サンデーR ノーザンF

新馬戦は33秒1の末脚を繰り出して1馬身半差の快勝。続くアルテミスSも好位から最速の上がりで抜け出し、末脚一辺倒ではないところを見せた。同じオルフェーヴル産駒のロックディスタウンとはまたちょっと違うタイプの馬体をしており、ロックはどちらかと言うとムダ肉が少なくシャープな上で筋肉量も多い、というタイプだが、このラッキーライラックは全体的に丸みのあるシルエットをしており、ある意味牝馬らしいとも言える。

まだキ甲が抜けていない(2歳なので当たり前だが)ので、良化余地を残している。立ち気味の蹄、繋ぎで道悪も巧いほう。前走は良馬場とはいえ降雨の中でのレースだったので、開幕週にレコードが出た高速馬場の阪神でどこまで。

2015105046_06
▲ラッキーライラックは高速馬場適性がカギになる?
(クリックで競馬ラボDBへ)

コーディエライト
牝2 栗東・佐々晶厩舎
G1レーシング ノーザンF

前走のファンタジーSは0秒1差の2着。デビュー戦から安定した先行力を見せており、新潟2歳Sでは牡馬相手に好勝負している。1200、1400、1600mとどの距離でも崩れずに走っていることから、レースの流れに幅広く対応できる柔軟性がある。ファンタジーSは先行馬が軒並み沈んでいる中、この馬だけは渋とく粘った。この結果は評価しなくてはならないだろう。阪神芝1600mは前有利のコースとは言えないが、軽視はできない。この中間はプールも併用していて、先週のゴールドドリームと同様にリラックス効果を取り入れているらしい。

171203_cordierite
▲コーディエライト。距離的にはマイルがギリギリの印象
(クリックで競馬ラボDBへ)

モルトアレグロ
牝2 美浦・武井亮厩舎
吉田千津氏
Town And Country Horse Farms LLC & Frank & Kim Taylor

社台F代表・吉田照哉社長の奥様である吉田千津氏名義。この名義ではレックスプロ(共有馬主)で募集されることもあるのだが、この馬に関しては個人で持っている様子。繁殖目的で買ってきたのだろう。父Speightstownの武井厩舎牝馬といえば、今年のNHKマイルCで2着したリエノテソーロと同じ。時計が掛かったほうが良さそうではあるが、馬体の完成度もこの中で一番だと思うので穴で絡めたい1頭。中間在厩調整でテンションが上がってきているとのことなので、距離はマイルくらいがギリギリかもしれない。

2015110036_04
▲モルトアレグロの完成度はピカイチ
(クリックで競馬ラボDBへ)

リリーノーブル
牝2 栗東・藤岡健厩舎
サンデーR ノーザンF

連勝中のルーラーシップ産駒。前走の白菊賞は仕掛けると鋭く反応、2着以下に1馬身差を付けて快勝した。今回中1週での出走となるが、500キロ近い馬体重で牝馬にしては馬格に恵まれているし、比較的楽な勝ち方だったのでダメージも無さそう。父ルーラーシップ、母系を遡るとイースターやデウスウルトが居る。この晩成血統を2歳GⅠで買って良いものか?とは思うものの、ポテンシャルは高そう。

2015104943_03
▲晩成寄りの血統も、素質を秘めているリリーノーブル
(クリックで競馬ラボDBへ)

ラテュロス
牝2 栗東・高野厩舎
社台RH 社台Co白老F

マイルの持ち時計1分34秒1はメンバー中最速。高速馬場もあるとはいえ、今回と同じ阪神芝1600でマークしているのは価値がある。全兄アドラメレクは450キロ前後のディープ産駒ながらレースに行ってモタモタするところがあるが、この妹は更に小柄な420キロほどの馬体重で素軽い走りを見せてくれている。アルテミスSは同じような位置から進めたラッキーライラックに伸び負けたが、道悪適性を考えるとそこまで悲観する内容ではない。高速馬場の適性はむしろコチラの方が上だと思っているので、ここでも上位争いを期待したい。抽選突破して欲しい。

2015104183_02
▲ラテュロスは完成度も高く、阪神の馬場も合いそう
(クリックで競馬ラボDBへ)

ソシアルクラブ
牝2 栗東・池添学厩舎
サンデーR ノーザンF

名牝ブエナビスタの二番仔で母娘2代制覇を狙う。全姉のコロナシオンは腹回りがコロンとした体型だったが、この馬はスッキリとした印象の立ち姿。ある意味ブエナビスタらしいとも言えるが、ブエナビスタはもっと華奢な印象で、骨格・肉付きはこのソシアルクラブのほうが見栄えする。新馬戦はラスト2F11秒4-11秒6を大外一気で差し切っており、勝ち切った点を高く評価すべき。思えば母もゴールまで伸び続けるタイプであったし、1勝馬での参戦という点も重なる。抽選突破出来るかが最大の関門。出走出来れば当然チャンス。

2015104968_08
▲姉、母とは異なる印象を与えるソシアルクラブ
(クリックで競馬ラボDBへ)


以上が今回出走する社台グループ関連馬のまとめです。

外回りコースで行われるようになってから今年で12年目となりますが、過去11年でサンデーR所属馬が4勝、キャロットF、社台RH、シルクRがそれぞれ1勝ずつしており、数あるGⅠの中でも『社台系クラブ馬』が特に強いレースです。

今年は6頭が該当しており(抽選対象含む)、このうちロックディスタウン、ラッキーライラック、コーディエライト、リリーノーブルの4頭が賞金面で出走を確定させています。

有力候補のベルーガが骨折したこともあり、好走確率は更に高まったはず。この中のどれが、何頭馬券に絡むのか、そしてどの馬に本命を打つのかを当日までに煮詰めていきたいと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます
ランキングクリックをお願いします


ブログ更新をメールでお伝えする機能ができました。
買い目の配信や、注目馬をメール会員の方だけに公開しています。
是非、ご登録お願い致します。

ココから登録できます