Twitterフォローは▼ここから▼。


先週は重賞が絶好調でした。

中山金杯 ◎セダブリランテス→①着
京都金杯 ◎クルーガー→②着
フェアリーS ◎プリモシーン→①着
シンザン記念 ◎アーモンドアイ→①着


4重賞、全てで本命馬が連対してくれました。そこ、全部人気馬とか言わないで…。。
今週は非常に難解な重賞が2つ。土曜中京の愛知杯、日曜中山の京成杯ですね。
当てられるように頑張りたいと思います~。



ここから1月13日(土)推奨馬


中山5R

◎パルクデラモール


母は09年のペルー年度代表馬、レディシャツィ。一時期流行った南米系の血統を母系に持つディープインパクト産駒だ。


全兄のオルキヌスオルカは600キロ近い超大型馬で、脚元不安の影響もあってデビューすることができなかったが、この妹は牝馬らしい素軽さがあって、ウッドでの調教も馬格以上のストライドで素質の高さを感じさせる。割と脚が長いタイプなので、距離が延びても大丈夫だろうし、中山マイルで大外枠は不利だが、新馬戦のスローペースで周りを囲まれて捌けないよりは、ノビノビと走らせてあげたほうが能力を発揮できるのではないだろうか。枠順の分で人気を落とすのなら、あえて狙ってみる。



中山6R

◎アモーレミオ


新馬戦は大出遅れで最後方追走、直線では馬群に突っ込む勢いで、内にササリながら伸びて8着フィニッシュ。コントロールに課題はありそうだが、逆に言えばあれだけチグハグな競馬で2着馬とは0秒4差なのだから、未勝利を勝てる力はありそう。


父ネオユニヴァースの母父クロフネなら中山のほうが向いていそうだし、出遅れ癖を考慮しても距離延長はプラス。恐らくスローペース必至なので、戸崎騎手には強気にマクリ切るような競馬をして欲しいところ。前走の競馬を見る限り、心肺機能は高い。



中山9R

◎オハナ


クラブ馬ではないが期待しているので本命を打たせてもらう。新馬戦は道悪馬場の中、ラスト3F12.2-11.1-11.0秒の加速ラップを差し切っているのだから、道中のペースや勝ち時計が遅かったにしろ、能力は相当高い。馬体重412キロなら間違いなく良馬場で切れるはずで、中山替わりでも立ち回りがうまそうなので問題ないだろう。枠も良いところを引いたし、まず勝ち負け。相手も前走の未勝利で12.1-11.4-11.2秒の加速ラップを最速上がりで差し切っている◯ラソワドールで堅いのでは。この2頭で勝負したい。


▼オハナは今回だけでなく
トライアル・本番でも狙ってみたい存在
2015104456_01
※画像クリックで競馬ラボDBへ


中京3R

◎ベイスン


デビュー戦も注目していた馬。その新馬戦はまずスタートで行き脚がつかず終了の形だった。それでも前が後続をちぎる展開の中、じわじわと脚を伸ばして6着でゴール。レースぶりを見る限り、中山から中京へと舞台が替わるのは良さそうだし、一度使っての上積みもあるはず。ノドの具合は今ひとつのようだが、馬の素質自体は楽に未勝利を突破できるレベルにあると思うし、何とか踏ん張れないか。



中京7R

◎サトノオンリーワン


この馬もクラブ馬ではないが、ここでこそ買ってみたい1頭。前走の競馬を見てもわかるように、ディープインパクト産駒らしからぬズブさがある。鞍上ミルコで早めに動かしてくれれば、持ち味が生きるのではないだろうか。半兄ソールインパクトも2400m以上で馬券になっているし、距離延長はプラスのはず。



中京9R

◎名前紹介文で


この馬も距離延長で買ってみたい1頭。新馬こそ1200m戦だったが、その後の成績を見てみるとどうもスピード負けしている印象で、脚は使っているもののトップスピードで負けている印象があった。お試し的な一戦ではあるものの、先物買いの意味で。



中京11R 愛知杯

馬名紹介文で


愛知杯は過去4年、上がり1位or2位の馬が勝利。4角通過順位も皆二桁なので、ポジションが後ろすぎるということで評価を下げる必要はないだろう。ただ、勝ち馬の上がり33秒台のような切れ味決着ではなく、レース上がり35秒台のタフな流れになるので、マイラー志向の強い馬よりは、2000m以上の距離に実績があるタイプが良い。13年に大穴を空けたフーラブライドも、2400mでの実績があった。


また5年連続で条件馬が馬券になっており、格上挑戦でも楽に通用してしまうレース。それだけ牝馬の2000m・ハンデ戦は難解ということ。本質的に牝馬は牡馬よりも基礎体力面で劣るため、牝馬同士のスピード勝負では力を出し切れていないようなタイプが、こういった特殊な条件で激走するのだと思われる。


◎は2200mの牡馬混合戦を勝ってきているように、このメンバーの中では明らかに持久力が上位のはず。中京コースで勝鞍もあり、斤量も一気に4キロ減と恵まれた。脚質的にも末を生かすタイプでありながら、上がりが掛かるレースでパフォーマンスを上げている。持ち時計は無いかもしれないが、そもそも時計勝負にならないレースなので何の問題もないだろう。勝ち負けできるとみた。



◯ギモーヴ。阪神に良績が集中しているが、中京でも馬券になったことがあり、基本的に直線に坂があったほうが良いのだろう。前走の逆瀬川Sはイン前が残る展開の中、1頭だけ大外から33秒0の上がりで飛んできており、かなり強い内容を見せていた。11.0-11.0-11.7秒の上がりの中、あの位置まで追い込んだことを評価したい。限りなく本命に近い対抗。


▼ちなみにすずき選手、
ギモーヴの妹(ヒカルアマランサス16)を一口買いました。
それも含めて頑張って欲しいところ。
2013106018_13


▲リカビトス

キャリア4戦3勝、未知数な面が多いが、3歳春の頼りない馬体ながら八ヶ岳特別では古馬を大外一気でまとめて差し切っているのだから、能力は重賞でも通用するはず。秋華賞は頓挫明けと道悪で大敗したが、度外視して良いのでは。イメージ的にこのレースでは走り方が軽やかすぎる(重厚感というよりもスピード)きらいもあるが、勝利した3戦を見ると「ドーン」と長く良い脚を使っている印象で、心肺機能を高く評価したい。斤量も軽く、期待している。


以下、


★マキシマムドパリ

△メイズオブオナー

△キンショーユキヒメ

△クインズミラーグロ

△アンドリエッテ

△ワンブレスアウェイ


と手広く行きたいところ。3連複で万券狙い。


読者会員のご登録はココから
メール限定で推奨馬配信してます!
ご登録よろしくお願いします



ランキング内推奨馬の見方

をクリックすると、競馬最強の法則ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダーのうままめ知識活用馬券』

を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。
『重賞ウイナー~~』のところが紹介文です。

2017y06m07d_174639450

▼スマホだと、下のような形で現在のランキングが出ますので
クリックしていただければそのページへジャンプします


Screenshot_20170607-174747

現在10位付近です!