皆さんこんばんは。

先週の競馬は土曜の京王杯スプリングカップを◎キャンベルジュニアで的中
勝ったムーンクエイクは△評価でしたが、3着に入ったサトノアレスも◯評価にしていたので、大体読みどおりに決まってくれました。

0001

馬場・展開も掴めていた感覚があったので、日曜のヴィクトリアマイルもそこそこ自信はあったんですが、

1着◯ジュールポレール
2着▲リスグラシュー
3着△レッドアヴァンセ

4着◎アエロリット


痛恨の◎が4着。4コーナーで大体獲ったと思ったんですけどね。落鉄もしていたようですし、運がなかったです。

それでも一時は本命候補、週中の調教コラムで注目馬に挙げていた◯ジュールポレールが勝ちましたし、予想のスジとしては大体合っていたので、自己満足にはなってしまいますが納得はしています。今週のオークスもどんなレースになるか、楽しみです。

今週も引き続き早期デビューが有力な2歳馬を数頭ピックアップしました。



<PR>
無料で毎週軸馬情報が手に入る!

■■■■■■■■■■■■■■■
“馬券内率80%を継続中!
鉄板度★325戦25連対!!
(17年7/22~18年5/11)

俊英予想家が集う競馬JAPAN
充実したコンテンツが無料で使える
≪週末の手助けとなること間違い無し!≫
【三連系の軸にも最適!鉄板軸馬3】
は土日3頭ずつ無料配信

j300-250
■■■■■■■■■■■■■■■

東京連続GIシリーズも鉄板軸馬にお任せ!
4/8阪神11R 桜花賞
推ラッキーライラック2着

4/1阪神11R 大阪杯
推アルアイン3着

2/18東京11R フェブラリーS
推ゴールドドリーム2着

→鉄板軸馬3を無料で入手する←



POGコラムへっだー


①グランアレグリア 

牝2、美浦・藤沢和厩舎
父ディープインパクト
母タピッツフライ


6/3(日)の東京芝1600m戦をルメール騎手でデビュー予定。440キロ前後の牝馬らしい馬格ですが、母父が米国血統のTapitということもあり、数字以上に立派に見せる体つき。

本日の坂路では55.3-40.7-26.0-12.6秒とこの時期の2歳馬としてはなかなかのタイムで終いまでまとめてきました。ブランドで馬券的妙味はそこまであるかわかりませんが、ペーパー的には目の離せない1頭でしょう。純粋に素質も高そうです。



②馬名は紹介文で
(21位付近)

牡2、栗東・庄野厩舎
父キンシャサノキセキ
母バグワイザー


POG本でもスピードがあると高評価されていた1頭で、本日の栗東坂路では4F55.1秒-12.4秒をマーク。6/16(土)の函館芝1000mでデビュー予定。こちらも鞍上はルメール騎手。馬体は430キロ程度とそこまで大きくないので、早期に勝ち上がって函館2歳S狙いかも?



③馬名紹介文で
(7位付近)

牝2、美浦・小野次郎厩舎
父オルフェーヴル
母サクセスゴーランド



先週、雨でかなり時計が掛かっていた美浦坂路で2歳一番時計。今週も東西通じて2歳馬最速となる4F52秒8-13秒3で登坂。ブリーズアップセール出身馬で、村田哲朗オーナーが1100万で落札。

左前の繋ぎがかなり寝ている馬だが、体のバランスは悪くないですし、牝馬ながらセール供覧時で512キロと馬格にも恵まれています。父の産駒は牝馬なら大きい方が良さそうですし、POG的には妙味がありそうでオススメ。



④イニティウム

牡2、栗東・須貝厩舎
父ハーツクライ
母ゴールデンドックエー



前から度々この馬は良いと言ってきているように、当然POGでも有力候補。ハーツクライ産駒だがそこまで胴が長くないタイプで、飛節も比較的真っ直ぐの斜尻体型。パーツだけ見るとイメージ的にはディープインパクト産駒と言っても不思議ないくらい。


栗東トレセンで調教を積まれていますが、血統的にも厩舎的にも一度外厩に戻されるかもしれません。それでもこの時期に一度入厩出来ているので、故障が無い限り夏デビューが見込めるのではないでしょうか。以前オリエンタルアートの仔をサンデーから社台RHに募集クラブを移した際、お世辞にも良い結果が出たとは言い難かったので、ここは走ってもらわないと困るところ。



無料読者会員のご登録はココから
ご登録よろしくお願いします

<PR>
オススメの競馬情報サイト
j728-90



ランキング内推奨馬の見方


をクリックすると、競馬ブログランキングへとジャンプします。

ランキング画面になりますので、その中から
『ファームライダー・やーしゅんブログ』
を探して見てください。「紹介文」に馬名が記載されています。

現在21位付近です
よろしくお願いします!