シャドウバースを遊ぶ上で、知っておくと便利な用語や略語をまとめてみました。
用語の基本的な並び順は五十音順で表記しています。




ア行
アグロ

低コスト~中コストのカードで相手を最序盤から攻め立てるデッキタイプ。
ロイヤルやネクロマンサーに多く見られます。


圧縮
ドローを加速させたり手札をデッキのカードと交換して目的のカードを引きやすくする行為。
《ベルエンジェル》《光の道筋》が主にこの用途で採用されます。


アドバンテージ
優位性のこと。略して「アド」とも呼ばれます。
盤面を支配し有利に立つ「ボードアドバンテージ(もしくはフィールドアドバンテージ)」
相手より手札の枚数を増やし選択肢の量に差をつける「ハンドアドバンテージ」
体力の面で優位に立ち相手の行動を制限する「ライフアドバンテージ」等が存在します。
明確にゲームの勝敗に直結するため特に重要視される事柄です。


一方
相手のフォロワーをそれよりも強いフォロワーで損失なく討ち取った場合
もしくは逆に討ち取られた場合に発生する「一方的トレード」の略称。
一方を繰り返すことで相手と盤面・手札で差が付き、アドバンテージが発生します。


AoE
Area of Effectの略。全体に効果を及ぼすカードがこう呼ばれます。
《黙示録》《テミスの審判》がこれに当たります。


エンハンス
バハムート降臨から加えられた新しい能力の1つ。
自身のPPがエンハンスの後ろに書かれた数字より多い場合に
本来のコストの代わりにPPを使用して効果を発動する能力のこと。
エンハンスでプレイするとカードがもつ効果が強化されたり、追加効果が得られたりします。


カ行
火力
ダメージを与える能力、スペルのこと。
《ブレイジングブレス》の場合2点火力、《竜の怒り》の場合6点火力等と表現します。


キャントリップ
通常の効果のおまけにカードを1枚引く能力を持ったカードのこと。
ハンドアドバンテージを失わず、デッキの圧縮にも繋がります。
《マジックミサイル》《虹の輝き》がこれに当たるカードです。


腐る
そのタイミングで使い道のない・活躍できないカードのこと。
対象にすべきフォロワーがいない時の《研磨の魔法》
1枚で十分なのに2枚以上引いてきてしまった《守護の陽光》等が「腐ってしまったカード」となります。


クロック
安定して相手に与えられるダメージ量のこと。
例えば、フォロワーである《ゴブリン》は1点の攻撃力を持つため
毎ターン安定して1点ダメージを与えられるので「1点クロック」です。
《エンジェルスナイプ》といった1度きりのスペルはこれには該当しません。


交戦時
バハムート降臨から加えられた新しい能力の1つ。
自身のフォロワーが相手のフォロワーを攻撃したり、相手のフォロワーから攻撃されたりする時に
交戦時以下の能力を発動します。
相手リーダーへの攻撃や、スペルによる能力では発動しないので注意が必要です。


コントロール
高コスト帯の強力なカード群での勝利を目指すデッキタイプ。
ウィッチやヴァンパイア、ビショップに多く見られます。


コンボ
2枚以上のカードの組み合わせで相乗効果を生み出すこと、またはそういったギミックを搭載したデッキ。
《デュエリスト・モルディカイ》《ウルズ》で破壊しラストワードを誘発させた上で再生成したり
《リノセウス》《自然の導き》等で出し入れして高ダメージを叩きだす等のコンボが代表的です。


サ行
サーチ
デッキから条件に合ったカードを探すこと、またはそういった能力を持つカード。
《メイドリーダー》《竜の伝令》がこれに当たります。


シナジー
相性の良いカードを組みあわせて相互に良い影響を与えること。
コンボと似ていますが、こちらの方はそれぞれの繋がりが薄いものを指すことが多いです。


神撃のバハムート
2011年9月からシャドウバース運営と同じcygamesが開発運営するソーシャルゲーム。
シャドバにおけるカードのイラストは基本的には神撃のバハムートから移植されています。


スタッツ
能力を無視した素の攻撃力と体力のこと。
例えば、5コストで3/7の《ゴブリンマウントデーモン》はスタッツが高い
7コストなのに4/4の《スカルフェイン》はスタッツが低い、等と表現されます。


タ行
デバフ
フォロワーに対する弱体化効果。
《ビーストドミネーター》《光輝ドラゴン》等の効果で発生します。


Tier
デッキの強さで分けた階級。
環境最強レベルのTier 1から順番にTier 2、Tier 3・・・と順番に弱いものとされていきます。


トークン
カードの効果で生成される特殊なカードのこと。
《オースレスナイト》の効果で場に出る《ナイト》
《ケルベロス》のファンファーレで手札に加わる《ミミ》《ココ》等がこれに当たります。


ナ行
ナーフ
アップデートでカード自体が弱体化修正を受けること。
語源は当たっても痛くないスポンジ製の弾を用いるトイガンブランドNerf。


ハ行
バーストダメージ
1ターンのうちに出せる最高ダメージのこと。
例えば、PP10で体力16以下、進化権残しのヴァンパイアは
《鋭利な一裂き》3枚と《ダークジェネラル》進化で15点のバーストダメージを出すことが出来ます。
各リーダーごとのバーストダメージを把握することで、警戒するべきラインを判断することになります。


バーン
ダメージを与える能力やスペル、またそれらを多用するデッキ。
火力と意味は近いですが、こちらはより相手リーダーを対象にしたものに対して使われることが多いです。


バウンス
手札に戻す効果のこと。
《妖精のいたずら》《エンシェントエルフ》の能力が該当します。


バニラ
素の攻撃力と体力以外に何も能力を持たないフォロワーのこと。
シンプルで何も入っていないバニラアイスクリームが由来。


バフ
フォロワーに対する強化効果。
《フェンサー》《ガブリエル》の効果によって発生します。


フィニッシャー
ゲームを決めるカードのこと。エンドカードとも。
コンボなどの過程で使われるカードではなく
実際にゲームを終わらせるカードを指して言われることが多いです。


フェイス
相手リーダーのこと。転じて相手リーダーを重点的に狙って勝利するアグロデッキの一種。
ハースストーンでヒーロー(シャドウバースにおけるリーダー)を攻撃する際に
表示されている顔のアイコンを殴るところから出来た言葉です。


マ行
マリガン
ゲームの最初に行う手札の引きなおしのこと。
元々はゴルフ用語で「ミスショットのやり直し」を意味します。


マナリア
シャドウバースのイラストの元となっている神撃のバハムートにおける世界観の1つ
マナリア学園を中心としたシリーズとなっている。
カード名にマナリア~と付いているカードはだいたいこの学園絡みのキャラクター。
サイコミでは漫画化、TVアニメの予定もある。


ミッドレンジ
主に中型のフォロワーでゲームを決めるタイプのデッキのこと。
アグロにもコントロールにも寄せていないデッキはミッドレンジとなります。


ミラー
同系デッキ対決。ミラーマッチとも。
大会などでは同じメタを貼っているプレイヤーも多く、ミラー戦を行うことが増えるため
事前に自分が使われると困るカードを投入しておくなど対策のも重要な戦法。


メタゲーム
ゲームの前に環境を調べ、それに適したカード・デッキを選択すること。
特に、環境に多く対策したいデッキに対して
有効なカードをデッキに投入することを動詞化して「メタる」等と言います。
英語のmeta(高次の)という言葉が語源となっています。


ヤ行



ラ行
ランプ
PP加速戦法、もしくはそれを多用するデッキタイプのこと。
語源には、強める・高めるといった意味の「ramp up」説や
マジック:ザ・ギャザリングに登場する土地(シャドウバースにおけるPP)加速カード
「Rampant Growth(不屈の自然)」説等様々な説があります。


リーサル
相手が何も行動を起こさなければ次のターンでゲームを決められる状況。
例えば、相手の体力が13の時に
こちらが進化権を残して《ルシフェル》をコントロールしている状況はリーサルと言えます。


リノ算
《リノセウス》を使ったダメージ計算のこと。
バウンスを絡めた多彩な手札回しでダメージを出す分、プレイミスしやすい部分です。


ワ行



オマケ:その他スラング


◯◯キング~や◯◯の王というカード名は複数あるが王と呼ばれたら《骸の王》のこと。
王を貶める発言をするとすぐ不敬罪を適用されてしまう。


おばあちゃん
《悪戯なネクロマンサー》
《鉄槌の僧侶》とは違って本人のことはないので、ボイスオフだと誰のことかわからないかも。


OKM
《ゴブリンマウントデーモン》のこと。
このカードを指して「オークキングマスターだっけ?」と
元の名前に掠りもしない呼び方をしたレスから定着してしまったスラング。


昆布
コントロールヴァンパイアのこと。
コントロールヴァンプ>コンヴァン>コンヴ>昆布
のように段々と短くなっていった。



《ハンプティダンプティ》のこと。
そのまま見た目から、能力を含めて卵爆弾と呼ばれたりする。


どんぐり
ネクロマンサーの墓場のこと。元ネタとなったイラストはこちら
ルナちゃんが必死にどんぐりを集めているシーンを想像すると非常にほっこりできる。


ハゲ
《鉄槌の僧侶》のこと。
そのまま見た目からのあだ名。


ぴょんぴょん
《ラビットネクロマンサー》のこと。
登場時ボイス「ぴょんぴょん跳ねて可愛いでしょー!」とラストワード能力のウザさに定評があります。


みつてる

《光輝ドラゴン》のこと。
君付けで呼ばれることが多い気がします。


ライオン
《フェアリービースト》のこと。
見た目がそのままライオンに羽が生えているフォロワー。回復が強い。


リンゴン
《ベルエンジェル》
登場時ボイス「りんごんりんごーん!」が耳から離れないプレイヤーも多いはず。


わんつー
《ブレスフェアリーダンサー》のこと。
これを勝ち筋にしたエルフを相手にした際は
1ターンに何度も「はい、わんつーわんつー!」を聞くことになります。


ンゴー
《クレイゴーレム》のこと。
登場時や行動時常に「ンゴゴ」と喋るので、野球のお兄ちゃんと呼ばれたりすることも。




バハムート降臨で追加される新能力を追加しました。
「この用語が足りない!」等ございましたら、是非コメントにてご指摘ください。