72c09cab9be767ad5fc38518727c91168d90afacc8b50fd3420d2ed443e9283e
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《骸の王》
C_101541020

今回の構築は、新しく追加されたばかりのバハムート降臨のカードを採用しつつ
魅力的な大型レジェンドフォロワーの《骸の王》を何が何でも活躍させるというコンセプトデッキです。
ラストワード持ちのカードが多数追加されたので今までとは違う展開を選べるようになり
序中盤の盤面に対するパワーが上がっているのが特徴です。



デッキの長所
《骸の王》が強いので相手が震える
環境ではなかなか《骸の王》を採用しているネクロマンサーは居ません。
場に出るだけで相手は動揺しプレイミスを誘発します。

・前までの《骸の王》デッキと比べて相手の横並びに強くなった
新カードの《よろめく不死者》や《ネクロアサシン》のお陰で《骸の王》が引けなかった時の
中盤のフォロワーの取り合いになった時に有利に進めやすくなりました。


デッキの短所
・ダメージレースに勝つためにも《骸の王》を成立させないと少し厳しい
《ケリドウェン》による盤面への復帰がかなり強力なこともあるので、4ターン目までに降臨できなかった場合
後手に回ることが多いです。


デッキの回し方
・前半
4ターン目までに《骸の王》を成立させることを目標に手札入れ替えからスタートして行きます。
最初の手札の入れ替えでは後攻時は《骸の王》はキープしましょう。
先行時はPP通りにカードをプレイ出来ないと厳しいリーダーも多いので注意が必要です。
《骸の王》以外の手札は2~3コストの手札がないと盤面交換できずに負けてしまうので
《ユニコーンの踊り手・ユニコ》、《よろめく不死者》、《スパルトイソルジャー》、《闇の従者》
らへんをキープしておきましょう。
特に新カードの《よろめく不死者》、《闇の従者》は状況によっては放置されやすく
《骸の王》召喚に役立ってくれるので優秀なカードです。
中盤に横並びすることが多いアグロウィッチを警戒したい場合は
《よろめく不死者》と《ネクロアサシン》を一緒にキープしておくのも手だと感じました。

序盤のターンは《骸の王》を4ターン目までに成立させるように動いていきます。
1コストから順番にプレイできていると基本的には楽になりますが、
ウィッチ戦とビショップ戦は消滅もあるのでラストワード持ちのフォロワーのプレイには気をつけましょう。

《骸の王》を成立させる流れとしては何パターンかあり
4T:1~3コストをかき集めて>《骸の王》
4T:《闇の従者》に《ウルズ》《骸の王》
4T:《ファントムハウル》《骸の王》

というのが基本的な流れになります。
無理やり成立させてしまっても《ケリドウェン》に繋がるので状況は良くなることが多いです。


・後半
《骸の王》破壊後は引ける限り《ケリドウェン》進化で場に戻していきます。
《骸の王》が破壊されず場に残った場合、《ケリドウェン》進化でラストワード持ちフォロワーや
《闇の従者》から出てくる《リッチ》を場に戻すのもなかなか強いです。
新カードの《バロール》や《冥守の戦士・カムラ》はプレイ出来るだけでかなりのカードパワーを持つので
ネクロマンスと相談しつつ《死の祝福》とどちらにするか考えてプレイしましょう。
大体7ターンもすると息切れしてしまうデッキなので、《デュエリスト・モルディカイ》は最終手段です。
あまり期待せず、遅延された時に引けたらラッキーぐらいで考えるのがオススメです。




こちらのバハムート降臨のカードが入った骸の王デッキを回していると
《骸の王》が6ターン目までに出せずに勝つ:3割
《骸の王》が5ターン目以内に降臨して勝つ:7割

程度に《骸の王》に対する高い依存度があります。
ですので、カード交換候補としては、降臨確率を上げる為に《ボーンキマイラ》や《海賊ゾンビ》
《怨嗟の声》を採用するのも手です。
また、ラストワード持ちの発動用に《ソウルコンバージョン》を採用するのもオススメです。

夢を求めるなら《悪霊の饗宴》《スケルトンファイター》を採用し2ターン目骸の王降臨も面白いです。
《デュエリスト・モルディカイ》も相変わらず出せれば強い&管理人が好きなので採用していますが
《オーディン》《ルシフェル》の枚数を増やすのも高コスト帯としてはオススメな調整です。

構築的には、やはり《次元の魔女・ドロシー》入りのデッキに勝ちたかったということもあり
ある程度右手依存となっていますが、やはり《骸の王》が降臨した時は気持ちよすぎますね!

~追記
コメントにてご指摘ありがとうございます、追記致しました