383452291e374400034e34569b5822c7d7d45d1837156845fc0a83095ba64623
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《狂信の偶像》 / 《封じられし熾天使》
00a0b769426aa86b7e5ff4e40e778026

今回の構築は、バハムート降臨の追加カードである《狂信の偶像》をメイン使って
アミュレットを展開しつつ序盤から中盤を耐えて、《封じられし熾天使》に繋げるコンセプトデッキです。
今までの純セラフデッキと比べて、中盤からの盤面を取る能力が格段に上昇しているのが特徴の1つで
大型フォロワーを並べるデッキとの相性がかなり良いです。



デッキの長所
・高いパワーを持つカウントダウンアミュレットを能動的に使うことが出来る
カウントダウンというターン制限があるからこそのカードパワーということもありますが
《狂信の偶像》進化後はそのカードパワーを遅延なく使うことが出来るようになります。
特に《詠唱:夢想の白兎》は毎ターン帰ってくる守護となってくれるので優秀です。
また、《詠唱:死の宣告》もターン終了時に発動するので盤面除去に困らなくなります。


デッキの短所
・最速でフェイスダメージを狙ってくるアグロデッキの場合受けきれないことも
アグロヴァンパイアのような最速でフェイスダメージを蓄積してくる相手とあまり相性がよくありません。
環境に応じて《エンジェルバレッジ》を採用したり、《詠唱:神域の守護者》を増やすなど
調整が必要です。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、1~3コストが1枚ずつになるようにマリガンするのがオススメです。
後攻時は《鉄槌の僧侶》、先行時は《神魔裁判所》をキープするのも手です。
相変わらず《詠唱:獣姫の呼び声》が強いので優先して回収しておきましょう。

序盤の進行は、PPを全て消費出来るようなコスト順にプレイが基本となります。
3ターン目からは相手がアグロ系の動きをし始めたら、アミュレットを
カウントダウン進行効果を持つカードで割っていき進化可能ターンまでに詰まないように耐えましょう。
先行4ターン目時は《神魔裁判所》で耐え、後攻なら《鉄槌の僧侶》で盤面を取りましょう。
また、2~4ターン目にアミュレットを沢山置いた場合は《マスターレディセージ》に繋げるのも強い動きです。


・後半
5ターン目以降はリーサルじゃなければ《狂信の偶像》を即プレイします。
《狂信の偶像》プレイ後は《詠唱:夢想の白兎》《神魔裁判所》が強いので優先してプレイしましょう。
盤面が辛い場合は、ピン挿し《テミスの審判》を優先した方がいい場合もありますが
そういう場合は大体《テミスの審判》を撃ってもリーサルであることも少なくないです。
残る6~7ターン目をこれらのアミュレットで耐えて、《封じられし熾天使》をプレイ出来れば
純セラフ同様に次の1ターンで発動出来ることが大半なので終わらせます。



相手の手札が事故って少しでもフォロワーを出すのが遅れたりすると
《狂信の偶像》からそのまま殴り倒せてしまうことがあるのも面白い部分の1つですね!

デッキの入れ替え候補としては、アグロヴァンプ対策用に《邪悪なる預言者・ダムス》を採用するのも手です。
アグロウィッチ対策としては《エンシェントレオスピリット》もありかなぁと感じました。

大きく変えたい場合は《封じられし熾天使》を採用せず《信仰の具現化》や《ソウルコレクター》を採用し
完全なカウントダウンアミュレットデッキとして構築するのがオススメです。
という意味でも《信仰の具現化》が早くメンテ終わると良いですね・・・。