bf4c9de27d3d22a81c72a5c0d6dea7950f09c7c2c987043cc934ee101dc9406e
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《レヴィオンデューク・ユリウス》
C_103611030

今回の構築は、バハムート降臨の追加カードを加えて相手のフェイスに対する能力を高めた
フェイス特化のアグロデッキです。
新規に採用した《レヴィオンデューク・ユリウス》《吸血貴・ヴァイト》の2枚は
今までのアグロヴァンパイアで苦手だった部分を補ってくれるカードとなっています。
基本的には相手の体力を優先して取っていき、6ターン以内の勝利を目指すデッキです。



デッキの長所
・圧倒的なフェイス能力の高さで押し切る能力が高い
全てのカードが相手の体力を削る為のカードとなっているので、盤面を無視して
リーダーに攻撃しているだけでそのまま押し切れるパワーを持っています。
フィニッシュに7~9ターン掛かるミッドレンジデッキとの相性が抜群です。

・流行のアグロウィッチデッキとも戦える
盤面展開力の高いアグロウィッチに《レヴィオンデューク・ユリウス》が刺さっているということもあり
先行を取った時は他のリーダーのアグロデッキと比べて比較的勝ちやすいデッキ構成になっています。
それでも有利というわけではないので、プレイングや手札交換には注意したいところです。

・旧アグロデッキと比べて《エンジェルバレッジ》に対する耐性が少し上がった
序中盤のダメージ源が前環境と比べて《フォレストバット》依存率が下がったので
《エンジェルバレッジ》で一掃されるという盤面になる確率が下がっているのも強みの1つです。

・ランクマッチの1戦の終わりが早いので沢山のランクマッチが消化できる
アグロデッキ全般の特徴の1つで、1戦が早いのでその分沢山デッキを回せるのも長所の1つです。


デッキの短所
・後攻が苦手
盤面での先手を取って押し切る必要があるので、後攻は厳しいです。
採用しているフォロワーはステータスや能力的には対フォロワー戦においては
普通なフォロワーが多いので盤面交換に応じている余裕がありません。

・一部コントロールデッキが苦手
高いリカバリ能力を持つ、コントロールヴァンパイアデッキとぶつかってしまうと
復讐状態からドレインでリーダーの体力を回復されてしまい手札差を作られてしまうので
かなり苦手なデッキです。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、最低でも1~2コストが1枚ずつ手札に来ている状態を目指したいです。
1コスト枠は《蠢く死霊》がベストですが、《呪剣の吸血鬼》で妥協するのもありです。
《鮮血の花園》はフォロワーではないので交換してしまいましょう。
2コスト枠は除去のことを考える場合は、《レヴィオンデューク・ユリウス》が優秀です。
《眷属の召喚》は先攻時は2枚除去されにくく優秀です。後攻時は《エンジェルバレッジ》が厳しいです。
《ブラッドウルフ》は疾走なので上2枚に比べると劣りますが悪くはないです。
《吸血姫・ヴァンピィ》は3コスト枠で《吸血貴・ヴァイト》が引けた場合、2ターン目に除去されなければ
強い動きが出来るところが優秀です。
《鋭利な一裂き》《吸血鬼の古城》はフォロワーではないので交換してしまいましょう。
4コスト以上は全て交換して3コスト以下を狙いましょう。
1コストのフォロワーが引けていない場合は、全交換するのもオススメです。

序盤の進行は、手札からPPを全て消費出来るようなコスト順にプレイが基本となります。
序盤の強い動きとしては、《吸血貴・ヴァイト》で強い能力を持つ《レヴィオンデューク・ユリウス》
《吸血姫・ヴァンピィ》を3ターン目に守護で守るという動きが強力です。
《吸血貴・ヴァイト》はステータス的に貧弱にも見えてしまいますが、3ターン目にプレイすることで
もしそのまま除去されなければ相手リーダーへの3点という大きいダメージが期待でき
フォロワーとぶつかっても《フォレストバット》が残ってくれるので次のターンに繋がります。

相手のデッキがアグロ系だった場合は、《レヴィオンデューク・ユリウス》を優先することで
ダメージ差が作れる所も強みの1つです。


・後半
進化枠は相手リーダーに攻撃可能なフォロワーと《インプランサー》に使っていきます。
残った相手の体力は、《鋭利な一裂き》などで削りきりましょう。
4-5ターン目に入った時点である程度リーサル予想は立つことが多いですが
進化可能ターン時点で相手リーダーの体力が15以上残っていたら大体間に合わないことが多いです。
遅延されることも多い対超越デッキ戦では、最後まで諦めず場を《デモンストーム》で除去したり
《レヴィオンデューク・ユリウス》《吸血貴・ヴァイト》をプレイしておくことで
意外なリーサルが生まれることもあります。



デッキの入れ替え候補としては、《血の取引》《ソウルミニデビル》を1~2枚採用するのも手です。

とにかくデッキの消化が早いので目に見えて結果がついてくるのが面白いですね!
右手頼りな部分も多いですが、光ったときの気持ちよさは格別です。