e82d55da4e2b1f778beb5523a7d14aa82187467faafcc7490e975ead3766b8ca
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《ミニゴブリンメイジ》 / 《歴戦の傭兵・フィーナ》
C_103011030

今回の構築は、バハムート降臨で追加された新カード《ミニゴブリンメイジ》により
瞬間的に高い打点を叩き出せる《リノセウス》を確定サーチし
ゲーム後半に同時展開して一度に大ダメージを与えて勝利するデッキです。
《歴戦の傭兵・フィーナ》の進化時能力でも《ミニゴブリンメイジ》を0コストにして手札に加えることができ
PPなしでプレイ回数を増やせることから《リノセウス》とも非常に相性の良いカードです。
0コストのカードを手札に増やす、相手体力を削っておくなど下準備が必要ですが
疾走持ちがダメージソースのため分かっていても対策が難しいミッドレンジ速度のデッキになります。
今回ビショップに《煌翼の戦士・リノ》が追加されたのでリノデッキと呼ぶとわかりにくいということもあり
実質はワン(O)ターンに大(T)量のダメージを与えて勝(K)つという意味合いで使われています。



デッキの長所
・コンボ可能な手札が揃うまでの安定性が高い
《リノセウス》にアクセスするための《ミニゴブリンメイジ》と《歴戦の傭兵・フィーナ》が6枚
そして《リノセウス》そのものがデッキ内に3枚投入されるため
《リノセウス》複数枚を手札に抱えやすくなっています。
また、0コストカードを作る手段も《歴戦の傭兵・フィーナ》の他に《エルフプリンセスメイジ》があるため
PPを支払わずにプレイ回数を稼ぎ総ダメージを上げることも難しくありません。

・流行のアグロウィッチデッキとも戦える
《次元の魔女・ドロシー》を軸に据えたアグロウィッチですが
基本的に守護持ちのカードがなく、体力回復手段も入りません。
そのためこちらのコンボを止める手段がなく、盤面が埋め尽くされた状況でも
《リノセウス》でリーダーだけを狙いゲームを終わらせることが可能です。


デッキの短所
・守護持ちやリーダー回復が苦手
ダメージソースが《リノセウス》での一点特化であるため
守護を立てられると、先に出しておいた他のフォロワーを進化させて殴るか
《妖精のいたずら》等の除去で対応しなければならなくなります。
また、いかに《リノセウス》といえども1ターンに出せるダメージ量には限りがあるため
体力20をキープされ続けるとどんどんリーサルタイミングが遅れ不利な状況に陥ってしまいます。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、序盤に盤面を固められないよう
1コストのフォロワーと《森荒らしへの報い》を手札に持っておきたいです。
できればその上で《エンシェントエルフ》《ミニゴブリンメイジ》をキープし、序盤戦を切り抜けたいです。
《リノセウス》はどうせ《ミニゴブリンメイジ》で持ってくるので、全て戻してしまって構いません。
後攻では《エルフプリンセスメイジ》をキープしておくと
序盤貧弱になりがちな盤面への回答とコンボの準備が同時にでき便利です。

序盤の進行は、1コストフォロワーや《森荒らしへの報い》で盤面を処理しつつ相手リーダーを狙い
後半のコンボ開始が出来る限り早まるようにプレイします。
《リノセウス》以外のフォロワーもどんどんコスト順にプレイしていき
《エルフプリンセスメイジ》や《歴戦の傭兵・フィーナ》の進化時能力で0コストフォロワーを手札に加えます。
この時、手札が溢れるような状況でない限りは0コストカードを並べてしまわないよう気をつけましょう。

・後半
手札に数枚の0コストカードと《リノセウス》が揃ったらコンボスタートです。
一度に与えられるダメージですが、それぞれXを最初の《リノセウス》までにプレイした枚数として
《リノセウス》1枚 必要PP:2以上
X点+1点+進化2点

《リノセウス》2枚 必要PP:4以上
2X点+3点+進化2点

《リノセウス》1枚と《自然の導き》1枚 必要PP:5以上
2X点+4点+進化2点

《リノセウス》3枚 必要PP:6以上
3X点+6点+進化2点

《リノセウス》2枚と《自然の導き》1枚 必要PP:7以上
3X点+8点+進化2点

《リノセウス》1枚と《自然の導き》2枚 必要PP:8以上
3X点+9点+進化2点

《リノセウス》3枚と《自然の導き》1枚 必要PP:9以上
4X点+13点+進化2点

《リノセウス》2枚と《自然の導き》2枚 必要PP:10
4X点+15点+進化2点

となっており、これにさらに0コストカードプレイ数が加算されることになります。
もしどうしても足りない場合でも、次のターンまで倒されない盤面であれば
コンボ後に場に残った《リノセウス》達や《死の舞踏》で最後のひと押しを狙うことも可能です。



今回の構築では《リノセウス》でのフィニッシュに特化した形を取っていますが
コンボ自体に必要なパーツ数が少ないため他のエルフデッキに入れても応用が効きます。
環境によっては《クリスタリアプリンセス・ティア》《エルフナイト・シンシア》を投入し
テンポ寄りに戦えるようにしてみるのも面白いと思います。

デッキの入れ替え候補としては
《エンシェントエルフ》を0コストにしてコンボを助ける《エルフの王子・レオネル》や
追加の疾走フォロワー展開&0コストカードを手札に増やせる《セルウィンの号令》がオススメです。
《古き森の白狼》まで少数採用して《根源への回帰》を切り札にするのも良いでしょう。