dfa08e1a707ea686c58ce7762a4e4b87c846b0b73915fb8830f0f0b932e99869
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《竜爪の首飾り》
C_103412020

今回の構築は、新弾で追加された《竜爪の首飾り》の発生源を問わないダメージ上昇を利用して
スペルをメイン火力として相手体力を削りきってしまおうというコンセプトデッキです。
レシピはネタ寄り、というか完全にネタ構築のようなデッキではありますが
一度《竜爪の首飾り》さえ置けてしまえば多彩なダメージ発生手段により盤面制圧力が高く
リーダーへのダメージソースもスペルのため対応策が限られ
意外と勝ちを狙える一風変わったコントロールデッキに仕上がっています。



デッキの長所
《竜爪の首飾り》の効果が強く置いた後の対応力が高い
全てのダメージが+1される状況というのは一見地味なように見えて非常に強力です。
1枚置ければそれにより除去にかかるPP・カード数が減ることに繋がり
2枚目以降を出す暇や相手リーダーに攻撃する機会を生み出すことが出来ます。
また、《ドラゴニュートフィスト》やエンハンス時の《サラマンダーブレス》のような
複数回ダメージ判定があるスペルではその都度修正が入るので
大型までも簡単に仕留められるようになります。

・相手の除去を腐らせやすい
フォロワーをほとんど展開しないため、相手の手札の除去がまったく役に立ちません。
もし出したとしても、基本的にはそのターンの内に仕事を終わらせるカードばかりなので
《ルーンの貫き》や《死の舞踏》のようなリーダーにダメージが貫通するものでなければ気になりません。

・デッキが読まれにくい
一般的なドラゴンデッキではないので、相手が対応できる手札をキープすることはほぼありません。
《竜爪の首飾り》をプレイできるようになる4~5ターン目までは
偶然除去を多めに引いただけのドラゴンに見えること間違いなしです。

・安い
ご覧の通り生成に必要なレッドエーテル数が少なく、組みやすいです。
唯一のゴールドレア《サラマンダーブレス》も潰しの効く汎用カードですので
お試しで組んで崩したくなってもまったく損しません。


デッキの短所
・苦手なカードが多数存在する
今回の構築では特にダメージ系スペルに頼り切っているため
《エルフの少女・リザ》のようなダメージ軽減能力を持ったフォロワーや
倒しても倒しても起き上がってくる《デュエリスト・モルディカイ》は天敵です。
守護もデッキに入らないため、場に出たターンから攻撃できる疾走持ちフォロワーも得意ではありません。
出せるダメージ数が決まっているようなデッキなので、回復多めのデッキだと倒しきれなくなります。
そしてコンセプトでもある《竜爪の首飾り》を無に還しながら登場し
高いスタッツそのものが除去耐性となる《バハムート》には為す術もありません。
各弱点に対してある程度有効な対応もできなくはありませんが
そのために勝てる相手に勝てなくなっては仕方ないので、デッキがブン回って勝てることを祈る限りです。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは《竜爪の首飾り》もしくはそれをサーチできる《竜の伝令》をキープします。
特に《竜の伝令》には持ってきたカードのコストを軽減する効果がついており
早い段階で《竜爪の首飾り》を置くことに貢献するので、できれば1枚キープしておきたいカードです。
それ以外は序盤の相手の動きに対応するため軽めの除去スペルを持っておきますが
相手リーダーを攻撃できる《エンジェルスナイプ》《御言葉の天使》は
相手のデッキがアグロヴァンパイアのような高速アグロの可能性がない場合は戻して構いません。

序盤の進行は、ひたすら防御に徹することになります。
優秀な軽量除去で相手のフォロワーを往なしていくことになりますが
この時あまりに相手が小さなサイズのフォロワーを展開してくるようであれば
無視して後々全体除去に巻き込んで倒すことも視野に入れる必要があります。
スペルで戦う関係上どうしても1:1交換が多めになってしまうので
できるだけハンドアドバンテージで差をつけられないように立ち回りましょう。

・後半
《竜爪の首飾り》が1枚置けるとかなり盤面処理が楽になり、PPにも余裕が出てきます。
相手に攻撃の機会を与えないよう盤面を整理しながら、2枚目以降の《竜爪の首飾り》を展開したり
リーダーを攻撃できる各種スペルで相手体力を狙いに行きます。
構築上どうしても手札に有効牌がない状況が発生するので、その場合は《竜の知恵》でドローを進めます。
《竜爪の首飾り》が複数置けている状況であればその後残った2~3程度のPPでも
充分に盤面にリセットをかけることが出来るでしょう。
最後までスペルだけ相手体力を詰めきることもできますが
うまくエンハンスした《ワイバーンライダー・エイファ》で狙える体力まで持っていって勝つのが楽です。



今回の構築ではスペルをメインに《竜爪の首飾り》を使っていますが
通常のフォロワーが多めの構築でも充分に活躍できるポテンシャルを感じます。
ランプ系デッキにこっそり潜ませ、ファンファーレで火力を飛ばす能力を持ったフォロワーを
大量投入して盤面を支配するデッキというのも楽しそうですね。

デッキの入れ替え候補としては
さらに確実に《竜爪の首飾り》を手札に加えるため《ウリエル》を採用してみたり
軽めのリーダー火力として《大嵐のドラゴン》を追加してみるのが良いでしょう。
《デスミストドラゴン》を採用して毎ターン開始時に大ダメージを狙うのも面白いです。