デッキ登録制オンライントーナメント「JCG Shadowverse Open Vol.46」の結果が
JCG Shadowverseにて公開されました。
Vol35より同日2回開催されるようになり、A大会とB大会という形で参加可能人数が2倍になっています。
こちらの記事はB大会の結果です。
冬休みスペシャルということでVol.46から5日間連続で大会が開催されています。


全体のリーダー使用率
9

A大会の結果と比べてエルフの採用率が3%ほど上昇しています。
全体的な比率は変わらず、ウィッチの採用率がTOPで続いてエルフヴァンパイアビショップが団子状態
ロイヤルドラゴンネクロマンサーが採用率下位となっています。



決勝トーナメントのリーダー使用率
10

予選採用率と比べて、ウィッチが圧倒的な突破率となっています。
続くエルフも予選採用率と比べて1.5倍ほどの通過率となりました。



1位 肉体派おじゃる丸氏
使用デッキ OTKエルフ/アグロドロシーウィッチ
1211
デッキリンク(どばすぽ)

最近おなじみになりつつあるワン(O)ターンに大量(T)にダメージを与えて勝つ(K)リノデッキです。
《深緑の守護者》《クリスタリアプリンセス・ティア》《ワルツフェアリー》などを採用した構成です。


1413
デッキリンク(どばすぽ)

《デモンストライク》を3枚、《ディザスターウィッチ》をピン挿しした形式のアグロドロシーウィッチデッキです。



2位 桃の天然水氏
使用デッキ コントロールヴァンパイア/アグロドロシーウィッチ
1615
デッキリンク(どばすぽ)

《吸血姫・ヴァンピィ》《吸血貴・ヴァイト》を採用した手順次第でアグロ型とも誤認しかねない
ミッドレンジ寄りのコントロールヴァンパイアデッキです。


1817
デッキリンク(どばすぽ)

《運命の導き》を2枚採用した構成のアグロドロシーウィッチデッキです。
その分《デモンストライク》などの採用枚数を調整されています。


2017年1月06日 JCG Shadowverse Open Vol.47 結果




こうしてBO3形式でアグロ型の構成が結果を出しているということが
ドロシーデッキのポテンシャルの高さを表していますね!