デッキ登録制オンライントーナメント「JCG Shadowverse Open Vol.46」の結果が
JCG Shadowverseにて公開されました。
Vol35より同日2回開催されるようになり、A大会とB大会という形で参加可能人数が2倍になっています。
こちらの記事はA大会の結果です。
冬休みスペシャルということでVol.46から5日間連続で大会が開催されています。


全体のリーダー使用率
uid004149_201701072101491ee36d68

前日の大会結果と比べてネクロマンサーの使用率が3%ほど上昇しています。
その分、ビショップの採用率が下がり30%を切る形となったので
採用率3割超えのリーダーは3人となりました。



決勝トーナメントのリーダー使用率
uid004149_20170107210739ae986854

決勝トーナメントは圧倒的なウィッチ採用率となりました。
続いて採用率と比べてヴァンパイアが1.5倍近い突破率となっています。



1位 yukiori@DtS氏
使用デッキ アグロドロシーウィッチ/コントロールロイヤル
21
デッキリンク(どばすぽ)

《死の舞踏》を2枚採用した形式のアグロドロシーウィッチデッキです。


43
デッキリンク(どばすぽ)

序盤はアグロ対策で回復、後半は《バハムート》フィニッシュなコントロールロイヤルデッキです。
新レジェンドの《レヴィオンセイバー・アルベール》やセラフ対策の《オーディン》など
コントロールデッキらしい構成となっています。



2位 torauo
使用デッキ ミッドレンジロイヤル/ネフティスネクロマンサー
65
デッキリンク(どばすぽ)

バハムート降臨の新カードを多数採用した構成のミッドレンジロイヤルデッキです。
《渾身の一振り》と《ニンジャアーツ》の両方を採用しているので除去力が結構高いです。


87
デッキリンク(どばすぽ)

2478コストのフォロワーを採用した形式のネフティスネクロマンサーデッキです。
ネフティスで出てくるフォロワーを確定させた分、スペルを多めに構成してあります。



2017年1月07日 JCG Shadowverse Open Vol.48 結果



決勝への突破率はあまり高くなかった中、ロイヤルデッキ対ロイヤルデッキという形となりました。
各デッキ共に構成がまったく違っていて面白いですね!