bc08aa7de3ed670b8e212f6f8454a9dc232e46ab30967fb7279d9def9344163c
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
 《ヴァルハラジェネラル》  / 《天空の守護者・ガルラ》
C_103731030

今回の構築はダークネス・エボルヴ期に本格的に環境に登場するようになった疾走ビショップを
新弾バハムート降臨のカードを用いて強化及び新環境に対応させたデッキになっています。
基本的な回し方自体は以前と殆ど変わらないアグロ~ミッドレンジデッキですが
《煌翼の戦士・リノ》や《エンシェントレオスピリット》、《ヴァルハラジェネラル》の追加により
ダークネス・エボルヴ期のそれよりももっとプレイの幅が広がっています。



デッキの長所
・対フェイス能力が高い
序盤から盤面有利に進めやすく、相手リーダーの体力を削りきる動きが強く
コントロールのような遅いデッキに対して有利に動けることが多いです。
ミッドレンジにぶつかった場合でも、横並びするフォロワーがカウントダウンアミュレットという
ターンを消化する代わりにスペックが高いフォロワーが多いのでステータス負けしにくいです。


デッキの短所
・トップ解決能力が低いので押し込まれてしまうと返しにくい
カウントダウンアミュレットをそこそこ採用しているので、デッキTOP解決力が低く
長期戦に持ち込まれると手札的にも厳しいことが多いです。
特にエイラビショップのようなデッキに体力回復されてしまうとフェイス能力が薄められ
さらに残った高スタッツフォロワーへの対応がしづらいため非常に苦手です。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、1コス、2コス、3コスか1コス、2コス、2コスという形が嬉しいです。
《詠唱:獣姫の呼び声》の強さは未だ健在なので特にキープできると嬉しいカードですが
バハムート降臨登場以降はアグロヴァンパイアが流行りの強デッキの一つですので
他の手札内容に序盤に展開できるフォロワーがいなければ
《ユニコーンの踊り手・ユニコ》《煌翼の戦士・リノ》を探すために戻す判断も大事です。
 
序盤の進行は、PPを全て消費出来るようなコスト順にプレイが基本となります。
特に盤面の除去が面倒なリーダーの場合は3PPの時はある程度盤面を諦めて
《詠唱:神鳥の呼び笛》をプレイし、中盤に備えるのもオススメです。
5ターン目までは盤面にある守護を除去しつつ相手リーダーへのダメージを重ねましょう。
特に《煌翼の戦士・リノ》は盤面を掃除しつつ相手リーダーの体力を削ることが出来るので
相手が高スタッツフォロワーを展開していない場合はこまめに小型を殴るなどして有効に使いたいです。


・後半
5ターン目は2コストと3コストで進行するのが理想ですが
相手がアグロ系デッキで盤面が支配されている場合は《エンシェントレオスピリット》の進化で一掃します。

うまく盤面や体力を詰めれているならば《天空の守護者・ガルラ》や 《ヴァルハラジェネラル》のような
対リーダーダメージを狙えるフォロワーを展開し、相手体力を奪います。

8ターン目以降に差し掛かると低コストで構成されたこちらが段々と不利になってきますので
カウントダウンアミュレットを置きながらも《テミスの審判》で相手に完成させられた盤面を崩し
次に疾走で攻撃出来るチャンスでゲームを決めることを狙いましょう。



デッキの入れ替え候補としては、環境変化によっての各カードの枚数調整の他
大型フォロワー対策&追加ダメージとして《死の舞踏》
素で疾走を持っている《ムーンアルミラージ》がオススメです。
《ウルズ》を採用して疾走持ちを出し直し、2回攻撃をさせるのも良いでしょう。
今回は先攻4ターン目に2コスト2枚や3コストと1コストで動くことを想定した構築ですが
《熟達の調教師》や《神魔裁判所》といったポンと投げつけられるカードを採用するのも面白いと思います。