5dc3dc4760be55f2e0e2a66db88a60e2cb6ff3864db4147dbcbac06a01c0da82
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《狂信の偶像》 / 《詠唱:夢想の白兎》 / 《冥府への道》 / 《信仰の具現化》
00a0b769426aa86b7e5ff4e40e778026

今回の構築は、《詠唱:夢想の白兎》《狂信の偶像》と合わさることで大量に墓地が増えることを活かし
《冥府への道》へと繋げてしまおうという、冥府デッキです。
墓地30を成立を目指しつつも盤面が負けないようにする必要がある為ギリギリな運用となります。



デッキの長所
・フォロワーが常に並ぶ為、盤面に強い
《狂信の偶像》が回り始めると《詠唱:夢想の白兎》が常に盤面を制圧してくれるので
墓地30まで蓄積するまでの時間稼ぎする力が高いです。

・他の冥府デッキと比べて除去に対する耐性が高い
《詠唱:夢想の白兎》だけでなく、《狂信の偶像》自体最後は《冥府への道》の邪魔になるので
すべてのフォロワー破壊が《冥府への道》に繋がってくれる強みがあります。
いざとなれば割り切った《テミスの審判》をプレイ出来るのも強いです。


デッキの短所
・消滅に弱い
墓地を増やす為に運用したい《詠唱:夢想の白兎》が消滅されてしまうと墓地を増やす速度が
かなり低下してしまうので対ビショップ戦が苦手です。

・全体破壊効果を持つ《バハムート》が苦手
《冥府への道》を折角成立させてプレイしても《バハムート》による返しですぐ壊されてしまいます。
特に重たいカードもあまり採用していないので《鳳凰の庭園》型のバハムートデッキは少し苦手です。



デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは《詠唱:夢想の白兎》を引きたいところですがパワーカードの1つである
《詠唱:獣姫の呼び声》はキープしておいて損はありません。
1ターン目の《詠唱:聖なる願い》も悪くない動きなので《詠唱:夢想の白兎》とどちらかは欲しいです。
《新たなる運命》は冥府用の最後のドローなので交換しましょう。
現環境だと序盤に動けないと辛いことが多いので、4コスト以上は交換してしまうのがオススメです。

序盤の進行は、基本的に受けに回ることになります。
《詠唱:獣姫の呼び声》《気高き教理》で割ってしまい受けに使うぐらいの3ターン目進行も大事です。
順調なパターンとしては《詠唱:夢想の白兎》《詠唱:獣姫の呼び声》《教会の護り手》
という動きが相手に除去を強要しつつ進化ターンまで繋げられるので強いです。
先攻4ターン時は《神魔裁判所》をプレイするのもオススメの動きの1つです。
1ターン目に《詠唱:夢想の白兎》をプレイ出来ていた場合は4ターン目《ウルズ》も強いです。


・後半
進化可能ターン以降は盤面がキツくない場合は《狂信の偶像》を無理やりプレイしてしまった方が
《詠唱:夢想の白兎》にも繋がるので良いことが多いです。
盤面が厳しい場合は、《テミスの審判》を意識した5~6ターン目消化がオススメです。
ここから気をつけたいのが相手側からの《ウルズ》による《詠唱:夢想の白兎》での盤面ロックです。
最近だとルナちゃん、ドラゴンさんが《ウルズ》搭載型のデッキであることが多いので注意しましょう。
《詠唱:夢想の白兎》は場に3枚以下にしておくことでロック事故は大体防げます。

場にカウントダウンアミュレットがいない状態で《狂信の偶像》が生き残っている場合は
《ダークオファリング》して《新たなる運命》する手も忘れないでおきましょう。

7ターン目以降は《信仰の具現化》《狂信の偶像》のコンボがなかなか優秀です。
2コスト以下のカウントダウンアミュレットを3種類にしているので出て来るアミュレットは固定です。
8ターン目以降は《冥府への道》を成立させ、相手の残り体力を削りに走りましょう。




デッキの入れ替え候補としてはピン挿しで良いので、ミラーデッキ対策で《オーディン》
盤面に詰まった時用に《封じられし熾天使》があると嬉しいかなと感じました。

管理人的にはまだまだ《狂信の偶像》を持て余している感があるので
もっと上手く使ってあげたいと考えています。