23c570a49ad05b859bb1625c437c7fbeede63bc9d2db786fdfc62b4439c93106
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《ローズクイーン》
C_101141030

今回の構築は、バハムート降臨で実装された新カードを採用し
苦手なアグロ対策に特化させつつ《ローズクイーン》に繋げて勝利を狙うデッキになっています。
今まで他のリーダーに比べてステータスは貧弱でしたがこれまでの追加カードのお陰で
ステータス面でもある程度張り合いつつ守護持ちを多めに採用出来るようになったことを活かして
序中盤に押し負けにくいデッキとなっています。



デッキの長所
・7ターン前後の勝ちを目指す横並びするデッキに対して強い
《森の意思》や、《エルフプリンセスメイジ》進化からの新カード《マヘス》による範囲除去だけでなく
守護を多めに採用しているので横並びタイプのデッキに強いです。
ただし、エイラビショップのように、薔薇のリーサルまで減らした体力を回復されてしまうようなデッキに対しては
状況によっては逆転されてしまうこともあります。

・盤面交換に強いフォロワーを採用しやすい
あえて1コストの《ウォーターフェアリー》《フェアリーサークル》を採用しなかった分
《リノセウス》などの火力は落ちてしまいますが、《ゴブリン》の採用や2/2/2フォロワーの採用
王道の《エンシェントエルフ》から始まり、《クリスタリアプリンセス・ティア》などの
盤面交換寄りのカード採用で流行りのアグロデッキへの対策をしています。


デッキの短所
・8~9ターン目にフィニッシュを迎えるデッキに対して特に弱い
超越ウィッチセラフビショップなど8~9ターン目にしっかりリーサルをあわせてくるタイプのデッキの場合
《ローズクイーン》をプレイすること自体が致命的になってしまうので相性が良くありません。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、アグロ型を対策すべき相手リーダーかどうかで調整していきます。
やっかいなアグロヴァンパイアの《レヴィオンデューク・ユリウス》を対策する場合は
1コストフォロワー+2コストフォロワーか、1コストフォロワー+《森荒らしへの報い》が欲しいです。
基本的には《エンシェントエルフ》を可能な限り回収出来るように、4コスト以上のカードは
すべて交換してしまいましょう。

序盤の進行は、基本的にPP通りにフォロワーを並べていきます。
進化ターンまでは盤面制圧を優先し必要に応じて《ベビーエルフ・メイ》《森荒らしへの報い》
などの除去カードを使っていきましょう。
対ウィッチ戦のみ《エルフの少女・リザ》が進化ターンから刺さる場合があるので
キープしておくと良いことがあります。


・後半
進化可能ターンからは盤面に応じた動きを求められます。
強い動きとしては、まず《エルフプリンセスメイジ》進化をし0コスト《フェアリー》を2枚回収した上での
《クリスタリアプリンセス・ティア》《マヘス》による範囲除去です。
それでもアグロドロシーが回った場合キツい盤面が多いですが、《妖精のいたずら》
ドロシーだけ手札にバウンスするのが遅延としてかなり強い動きの1つなので
諦めず狙いたいところです。
残り体力を上手くキープ出来ていたら6~7T目は《フェアリープリンセス》に繋ぎ
8T目にフィニッシュに繋がる《ローズクイーン》《古き森の白狼》に繋げましょう。



デッキ入れ替え候補としては、アグロドロシーの最後の猛攻での差し合いに勝てるように
《古き森の白狼》採用型の《ローズクイーン》デッキとなっているので、ここを環境に対する
アグロ型のデッキ数に応じて《ローズクイーン》のみに戻すのも手です。

また、デッキの生成エーテルが非常に高いので《フェアリープリンセス》の枠を
《深緑の守護者》に変えるのもオススメです。

管理人的には最近進化前ドロシーを6ターン目《フェアリープリンセス》進化で取って
1枚手札は溢れてしまいますが、7ターン目に《森の意思》《クリスタリアプリンセス・ティア》
という動きが割と気に入っているので出来れば採用してあげたいなぁと考えています。