1f68d7841384a6b208314550e4489ed212ea7f562073463ba660d2291e085667
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《デスタイラント》 / 《骸の王》
C_101531040

今回の構築は、バハムート降臨のカードを採用しつつ特に管理人も大好きな
魅力的なネクロマンサーの2大巨塔である《デスタイラント》《骸の王》を両採用しつつ
環境で戦っていく為の構築例のご紹介です。
単純にアグロしていくことも可能ですし、アグロ系では苦手なコントロール系へも
ワンチャンスがあるデッキ構築になるよう調整しつつ、夢を残したコンセプトデッキとなっています。



デッキの長所
《骸の王》が強いので相手が震える
環境ではなかなか《骸の王》を採用しているネクロマンサーは居ません。
場に出るだけで相手は動揺しプレイミスを誘発します。
最適解を考える為に時間切れになるプレイヤーも少なくありません。

《デスタイラント》のネクロマンス20消費がカッコイイ
まさにロマンを体現したかのような効果を持つ《デスタイラント》でトドメを刺せば
相手からも賞賛の言葉が飛んでくること間違い無しです。

・強力なランダム除去のお陰で、大型守護相手でも戦える
バハムート降臨で実装された《よろめく不死者》《ネクロアサシン》などのお陰で
今までアグロ型で苦手だった大型守護への対処がかなり楽になっています。


デッキの短所
・先攻を引くデッキに構築しているので後攻時が少し苦手
基本的なデッキコンセプトがアグロデッキ寄りなので、場を先行して作る方が強いデッキになっています。

・同じアグロ型とぶつかった場合の手札事故率が高い
《よろめく不死者》《闇の従者》のような場のフォロワーを取れないフォロワーを採用しているので
手札次第では普通のフォロワーを引けてれば勝てた・・・の様な手札事故が発生しやすくなっています。
この影響が特に出やすいのが対アグロ戦で、アグロヴァンパイア戦は注意が必要です。


デッキの回し方
・前半
デッキの名前はタイラント王ネクロですが、やることは手札に来たカードでまっすぐ戦うアグロ型を意識します。
手札入れ替えでは、先行逃げ切り型のデッキタイプの可能性が高いリーダー戦では
手札を全入れ替えしてでも1コストのカードを引きましょう。
《ソウルコンバージョン》はフォロワーではないですが、《よろめく不死者》と合わさることで
すぐ除去として働いてくれる+手札の多さが強みになるのでキープしましょう。
理想の初期手札は、1~3コストのカードが1枚ずつある状態です。
4コスト以上のカードは後攻時でも交換してしまった方が良いことが多いです。

序盤のターンはアグロ型デッキ同様に、コスト順にプレイしていくことになります。
コントロール型のデッキの可能性もあるドラゴンとヴァンパイア戦は場にフォロワーが出ていなければ
《よろめく不死者》は手札にキープしておきましょう。
それ以外の状況では常に場にフォロワーを並べ続けて相手へ圧力を掛けていきましょう。
《怪犬の墓守》が置けている場合は、《怨嗟の声》プレイでネクロマンス+3も手です。
《骸の王》は基本的には4ターン目《ファントムハウル》から召喚する動きのみ意識しておきましょう。
場のフォロワー状況にもよりますが、進化ターン前には《シャドウリーパー》をプレイしておき
進化ターン以降に一気にダメージを稼げる状態を作っておきたいところです。


・後半
進化ターン以降は状況が良ければ《ケルベロス》、悪ければ《ネクロアサシン》絡みで場を遅延していきます。
《怪犬の墓守》があればネクロマンスを減らさず《ファントムハウル》で4点除去にも繋がるので
負けに直結しそうな盤面以外は《ケルベロス》を優先しておくほうが良いことが多いです。
アグロ型の攻めで相手が落とせそうになかったら、《デスタイラント》成立を意識して動き始めます。
《デスタイラント》成立を意識した場合は、特に手札の枚数が大事なので《ケルベロス》のプレイと
《スカルウィドウ》《ソウルコンバージョン》を打つなど手札の確保を優先しましょう。
この時に普段なら腐る1~2コストフォロワーが《骸の王》のお陰で腐らずネクロマンスに繋がってくれるので
手札の確認は怠らないように注意したいです。




やってることは普段のアグロ型と変わらないですが、大幅に苦手なデッキがほとんどないので
楽しくランクマッチを回せる管理人お気に入りのデッキの1つです。
このデッキが成立するのも《シャドウリーパー》《闇の従者》《ケルベロス》あたりのパワーカードのお陰なので
ちょっと構築を入れ替える場合でも、3枚採用がオススメですね!

デッキの入れ替え候補としては、環境に合わせてアグロの動きを強める方向で《シャドウリーパー》関連カードの
《怪犬の墓守》《怨嗟の声》《ボーンキマイラ》などのカードを増やす調整と
逆にミッドレンジの方向で、《冥守の戦士・カムラ》《蝿の王》を採用する調整の2方向がオススメです。
特に《冥守の戦士・カムラ》採用型は、リーサル逃れ能力の高さから《デスタイラント》成立に
かなり貢献してくれるのでオススメの入れ替え候補の1つです。