21
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《魔導の巨兵》
9d9b41cc1fbc7db9c930b9c4c26343fb

今回の構築は、第4弾パック「神々の騒嵐」で追加された秘術効果を持つ新カードを多数採用し
今までなかなか出来なかった序盤からフォロワーを並べて盤面有利を作り
中盤にフィニッシャーを置いて押し切るというミッドレンジ型のデッキ構成が可能になりました。
序盤は《幻惑の奇術師》《夜の魔術師》などで盤面有利と対フェイスダメージを稼ぎ
最後のトドメとして非常に強い圧力を持つ《魔導の巨兵》で一気にリーサルまで持ち込みます。
対象指定不可能力のお陰で、相手のデッキ構築次第では一方的にダメージを通すことが出来るので
大型フォロワーや必殺持ちフォロワーを中盤に用意しにくいリーダー戦に強いデッキとなっています。



デッキの長所
・潜伏と対象指定不可持ちのフォロワーが強い
ランダム除去やAoEダメージ以外では除去しにくいフォロワー達のおかげで
フォロワーの交換と対フェイスダメージを有利に進めやすくなっています。


デッキの短所
・特に《魔導の巨兵》《太陽の巫女・パメラ》頼りなので場以上のダメージが発生させにくい
疾走持ちが居ないということもあり、場に居るフォロワー依存な比率が大きいので
相手もしっかりフォロワーを並べてくるタイプのデッキだった場合、相手の大型フィニッシャーが
出てくるターンまで遅延されてしまうことがあります。



デッキの回し方
・前半
最初の手札交換では基本的にはアグロデッキと同様の考え方で1~3コストのカードが
それぞれ1枚ずつ手札にある状態が相手リーダー不問で望ましいです。
特に1コストのカードが初手に1枚あるのが望ましいので、無かった場合は全交換もオススメです。
特に強い動きとしては、《幻惑の奇術師》《くず鉄の錬成》から
《夜の魔術師》《くず鉄の錬成》《クラフトウォーロック》から繋げるのが強いです。
なので2コストが複数被った場合は、《夜の魔術師》を引きに行くか?《幻惑の奇術師》が引けているか?
などをチェックして手札交換しましょう。

序盤はPPが全て消化出来るようにフォロワーを優先してプレイしていきます。
特に土の秘術《夜の魔術師》が強いので、土の印・タイプを持つアミュレットの管理には気をつけましょう。
《魔導の巨兵》はファンファーレ効果によるサイズアップも強いですが、序盤に場を有利に進める方が
大事なので、土の印・タイプアミュレットを出すカードも積極的に使ってしまいましょう。


・後半
進化可能ターンからは相手リーダーの体力が削れているかどうかでプレイングを調整していきます。
序盤に潜伏《夜の魔術師》が上手く成立していた場合は、相手フォロワーを取らずに
進化を《夜の魔術師》に使ってしまいフェイス寄りで動いた方が有利に進められることが多いです。
場の状況が均衡以下だった場合は、6ターン目の《魔導の巨兵》に備えて
2コストフォロワーか4コストフォロワーに進化を使い、相手のフォロワーを取っておきましょう。
もしフォロワーが4ターン目に横並び出来ていた場合は、5ターン目《太陽の巫女・パメラ》も意識して
土の印・タイプアミュレットの補充も忘れないように気をつけましょう。
6ターン目以降は《魔導の巨兵》で押して、厄介な守護が並んでいた場合は《変異の雷撃》で対処します。
これ以降は手札枚数的に息切れになりやすいですが《マジカルガール・メルヴィ》による立て直しも
視野にいれて全力で押していきましょう。




デッキの入れ替え候補としては、いつでも腐りにくい《風の軍神・グリームニル》を採用して
中盤~終盤の壁を採用するのもオススメです。

管理人的にはやはり《夜の魔術師》が一押しのカードです。
ランダム除去や全体除去さえ飛んでこなければ、潜伏《夜の魔術師》+進化>《太陽の巫女・パメラ》という
夢のあるルートが割と現実的に成立させることが出来るので回していて楽しいデッキです!
現在は環境がミッドレンジ以上の重めのデッキを回されている方が多いのでミッドレンジ構築となりましたが
思っている以上に展開力があるので、アグロ帯で終わらせられるような構築も出来るかもしれないですね!