21
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《シャドウリーパー》 / 《骨の貴公子》 / 《オルトロス》
C_104521030

今回の構築は、1つ前のアグロネクロマンサーデッキその1を公開時点での環境に合わせて
ランクマでBPもしくはMPが増えるように対処出来る幅を増やした構成のデッキです。
特にランプドラゴン戦とネクロマンサーミラー戦を意識して構築しているので攻略が進んで
環境が変わった場合、採用カード枚数に調整が必要となります。
その1と比べて、相手から見ると場にいるフォロワーを取りたいのに取れないという状況を作りやすく
手札の消耗戦に入った時にも薄いながらも勝ち筋を作ってあるので最後までチャンスがある
デッキ構築となっています。




デッキの長所
・フォロワーを取らないとまずいのに、取れないor取りにくいという状況を作りやすい
強力なラストワードを持つ、《骨の貴公子》《よろめく不死者》《闇の従者》といったフォロワーのおかげで
こちらはフォロワーを並べているのに、相手はスペルをプレイしなければならないというシーンや
1枚のカードに対してカードを2枚吐かせるといったアドバンテージ差を作りやすくなっています。

・先行時のパワープレイが強い
アグロデッキ共通の項目ではありますが、先行時に場が走り出すと止まらない強みがあります。
そこに加えて《骨の貴公子》のお陰で、相手側の範囲除去が少しでも遅れると致命傷に繋げられます。

・ランクマッチを回す速度が早い
同じくアグロデッキ共通の項目として、1戦が短いというメリットがあります。


デッキの短所
・消滅にすごく弱い
その1と比べて、さらにラストワード持ちを増やした関係もあり消滅が苦手です。

・大型の回復に弱い
3~4点程度の回復なら押し切れることが多いですが、《フェアリービースト》《エルフクイーン》のように
大量に回復されてしまうとかなり苦しい展開になってしまいます。
一応横並びからの《魔将軍・ヘクター》《ファントムハウル》による大量ダメージにも期待出来ますが
環境に合わせて調整したい箇所となります。



デッキの回し方
・前半
最初の手札交換ではアグロデッキなので、必ず1コストが手札にあるように引きに行きます。
1~3コストのフォロワーがそれぞれ1枚ずつ手札にある状態が相手リーダー不問で望ましいです。
《シャドウリーパー》は2コストですが、実際にプレイするのは4ターン目以降が望ましいので
1コストが引けている場合は交換してしまう方が良いです。
《ソウルコンバージョン》《シャドウリーパー》のドローと育成用に使うので交換しましょう。
《ゾンビパーティ》はスペルなので交換しましょう。

序盤はPPが全て消化出来るようにフォロワーを優先してプレイしていきます。
基本的にはフォロワーの有利トレードが出来る場面以外は相手リーダーを攻撃しましょう。
特に注意したいプレイングとしては、《骨の貴公子》を単独でプレイしないようにという点です。
場にフォロワーが2体以上居ない場合は、1~2コストをプレイする方がリターンを大きく作れます。

強い動きとしては
3ターン目《骨の貴公子》>4ターン目《シャドウリーパー》or《オルトロス》
3ターン目に《闇の従者》>4ターン目《シャドウリーパー》or《オルトロス》or《ウルズ》
という流れを意識してプレイングします。
前者は、特に1~2ターン目にフォロワーを2~3体並べられた場合に狙う動きで
後者は、フォロワーを並べられなかった後攻時に狙うと良いことが多いです。


・後半
進化可能ターン以降も常に相手リーダーへ攻撃を続けていきます。
《シャドウリーパー》の育成がしっかり出来ていればほぼ勝ちルートになっています。
《ケルベロス》は5ターン目にプレイすると動きとしては小さくなってしまうので、6ターン目にプレイし
場に残っているフォロワーに《ココ》を使う動きを狙いましょう。
しかし、《シャドウリーパー》が引けていなかった場合は、押し引きのラインを見極めて
厳しいと感じたら5ターン目に《ケルベロス》を消化し始めて、
《ファントムハウル》《ケルベロス》によるワンパンルートを狙いましょう。
大体進化ターン終了時点で相手の体力が11以下になっていたら勝てる流れです。
《ファントムハウル》はどれだけ場が厳しくても相手リーダーへのダメージとして計算しましょう。
フォロワー除去に使う試合はだいたい負けです。

その1のアグロネクロでは長くとも7ターン目を超えるとかなりしんどくなって来ますが
《魔将軍・ヘクター》《ゾンビパーティ》を採用しているおかげで横並びしだいでは
10ターン目近くまで戦えます。
ワンチャンスを作る為に《ケルベロス》によるダメージ溜め込みと《骨の貴公子》による
場に《スケルトン》を横並びさせる動きを意識してリーサルを諦めずに狙いましょう。




環境が変化した時用のデッキの入れ替え候補としては、《魔将軍・ヘクター》の枚数を増やすと同時に
《死の祝福》《不死の大王》を採用し、横並びルートを増やしてミッドレンジにするのがオススメです。
守護持ちや大型フォロワーが減った場合は、《よろめく不死者》の枠をヘクターとも相性が悪くない
《レッサーマミー》に変更するのも手だと思います。

新弾環境における《シャドウリーパー》育成が楽しすぎて、アグネクデッキ記事が続いてしまいました。
次回のネクロマンサーデッキは《凍りづけの巨象》という楽しいカードもあるので
《骸の王》デッキの調整に入ろうと考えています!


c1239a37b165d288fbd5d4e3744713c9

とりあえずこのデッキは環境にあっているらしく、今日半日で結構MP盛れました。
よくランクマ◯◯勝デッキ!みたいな記事を見かけますが、いつか管理人自身のデッキで
何十連勝もして記事作ってみたいですねぇ。