2e02b3bdf1d566a7754995d67fc9de606f4ddd44a3a2dfc65d44ed9f4eafa74c
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《円卓の騎士・ガウェイン》 / 《レオニダス》
a71b4ed09059a9f9c818e58b4b4f0b46

今回の構築は、第4弾パック「神々の騒嵐」で追加されたロイヤルの新レジェンド
《円卓の騎士・ガウェイン》を使いたくてどうにか現時点での環境で回せないか試行錯誤したデッキです。
疾走《王家の御旗》型や、バランス型なども考えられるのですが調整した中では
《円卓の騎士・ガウェイン》を確定サーチにして、守護を多めに組み込み
《レオニダス》を引っ張ってくる方が全体的にパワー負けしにくいように感じられました。



デッキの長所
・守護と疾走を多めに採用出来るので、盤面を返しやすい
多少程度なら盤面を押されても、《円卓の騎士・ガウェイン》のコスト軽減から出てくる
中~大型の指揮官フォロワーのおかげで中盤から状況を返していく構築を組みやすくなっています。


デッキの短所
・大量の横並びには対処が間に合わないことがある
現在環境で流行しているアグロネクロのような、守護フォロワー対策をした上で
横並びするデッキに対しては、大型の守護を置いても簡単に除去されがちです。

・並べる速度が遅いので破壊や消滅などの除去に弱い
大型のフォロワーを運用するタイプのデッキ共通ではありますが、折角プレイしたフィニッシャーも
消滅などで対処されたら厳しいです。



デッキの回し方
・前半
最初の手札交換は《円卓の騎士・ガウェイン》が居ないと始まらないデッキなので
《兵士徴集》《円卓の騎士・ガウェイン》のどちらか1枚が欲しいところですが、環境に多い
アグロ~ミッドレンジ戦では序盤に動けないとそのまま負けなので2~3コストフォロワーと
《渾身の一振り》が欲しいです。
《円卓の騎士・ガウェイン》は4ターン目までに引けたら良いなぐらいでやる方が良かったです。

序盤はコントロールデッキなので、相手が何デッキなのか?を推察する所から始まりますが
対アグロデッキには《白銀の騎士・エミリア》《ロイヤルセイバー・オーレリア》まで進まないと
返すのは厳しいので、《風の軍神・グリームニル》などをプレイしてなんとかしのぎましょう。
《ホワイトパラディン》は進化ターン以降にプレイするのが強いのでなんとか温存しておきたいです。


・後半
進化可能ターン以降は、《円卓の騎士・ガウェイン》で手札にある指揮官カードのコストを
下げるところからスタートです。
盤面がちょっとでも苦しかったら《ロイヤルセイバー・オーレリア》《ルミナスメイジ》
横並びや守護で対応していきます。
進行としては、5ターン目はコストを下げた3コスト+2コストか5コストをそのまま
6ターン目は《円卓の騎士・ガウェイン》エンハンス、などPPを全て消化出来るように動くのが基本です。
《フロントガードジェネラル》まで繋いで、コストを下げた《レオニダス》を出して
ようやくスタート感が出てきます。
《レオニダスの遺志》からのエンハンス《レヴィオンセイバー・アルベール》という夢もありますが
全体除去関連には注意しましょう。




デッキの入れ替え候補としては、守護持ち枠として《不滅の英雄・ローラン》を採用するのも手なのですが
《不滅の聖剣・デュランダル》が働くシーンがそこまで多くないということもあり
今回は採用は見送りました。
もう少し軽めにデッキ構成する場合は、《ルミナスメイジ》が強いのでこれを軸として
《わがままプリンセス》《ゴブリン》で横並びするのも面白いのですが、どうしても
他のアグロ型に勝てなくなってしまうのでバランス調整が難しいです。

折角開放された新レジェンドなので使ってあげたいと思っているのですが、如何せん
他のリーダーが早すぎる感は否めないですね。