2c6a11c99da70261e63933206be1e93f0a10b9a7741683d6627b738c8007204b
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《戦乙女の槍》 / 《ゴブリンプリンセス》 / 《カオスシップ》
C_103012020

今回の構築は、ニュートラルヴァンパイアデッキに第4弾パック「神々の騒嵐」で追加されたカードを採用し
横並びして圧力を掛けるデッキ構成です。
《戦乙女の槍》をプレイした後、ニュートラルフォロワーの攻撃力が上がることを活かして
《ゴブリンプリンセス》《カオスシップ》で横並びすると楽しくなれるデッキとなっています。
デッキタイプとしては7ターン前後に終わらせたいデッキで、主にミッション消化時などに
楽しくプレイ出来るように構築したデッキとなります。


デッキの長所
・横並びからの圧力が高い
1枚《戦乙女の槍》がプレイ出来ているだけでも《ゴブリンプリンセス》が3/1、2/2、2/2と並ぶので
進化なしとしてはかなり強い動きとなります。
復讐状態の《カオスシップ》からはニュートラルフォロワーが確定というわけではないですが
《糸蜘蛛の悪魔》が出てきた場合も十分強い盤面を構築出来ます。


デッキの短所
《戦乙女の槍》を引けないと単なるニュートラルデッキになってしまう
アミュレットに依存して差を作っていくデッキなので、通常の進行だと盤面負けしやすいです。
復讐からの除去カードを採用してありますが、受けだけだと厳しいです。


デッキの回し方
・前半
最初の手札の入れ替えは《戦乙女の槍》を探すところから始まります。
《ベルフェゴール》、2コストフォロワーは強いので初手でキープしておくのも手です。

序盤の動きとしては、《戦乙女の槍》が1枚以上場に置けている状態が強いので
相手がアグロ型デッキじゃなければ2ターン目にすぐ《戦乙女の槍》を置く方が
後でリターンを返せるので良いことが多いです。
4ターン目の動きとしては、復讐《カオスシップ》に繋げられそうな手札だったら《ベルフェゴール》
それ以外の場合は《戦乙女の槍》+2コスト、《均衡の大梟》が強い動きとなります。
《均衡の大梟》は7ターン目を超える頃には採用枚数の関係でファンファーレが
発動しにくくなるので《ベルフェゴール》による復讐ルートが見えない手札の場合は優先してプレイします。

・後半
進化可能ターンからようやく場が返せるようになってきます。
5ターン目を超えると《ゴブリンプリンセス》と復讐《カオスシップ》を連打しているだけで押せるので
PPを上手く全部消化出来るようにプレイを進めます。
《覇食帝・カイザ》から回収出来る《アルティメットキャロット》は手札の温存にもなるので
状況が厳しい場合は連打して盤面を維持していきましょう。




デッキの入れ替え候補としては、旧ニュートラルヴァンパイアデッキのように
コントロール寄りに構成がオススメです。
特にフェイス型が多い環境で戦う場合は《ゴブリンマウントデーモン》も採用し守護多めがオススメです。
その場合は、《デモンコマンダー・ラウラ》を採用しワンパンチルートも用意した方が逆転手にもなるので
《サハクィエル》《イスラーフィール》《デモンコマンダー・ラウラ》というコンボルートがオススメです。

最近管理人的には《カオスシップ》が好きすぎてミッション消化にこういうデッキで遊んでいます。
今回ニュートラルデッキ用のカードが追加されて、ドラゴンやビショップなどでニュートラルデッキを組んでも
色々と楽しい構成が考えられていいですね!