デッキ登録制オンライントーナメント「JCG Shadowverse Open 2nd Vol.22」の結果が
JCG Shadowverseにて公開されました。
2017/02/04よりシーズン2ndが開幕しました、こちらの記事はB大会(通常戦)の結果です。
2017/04/01のVol.18からカードパック第4弾「神々の騒嵐」が実装された後の大会となります。


全体のリーダー使用率
uid025371_201704151615172a84ff46

先週の大会結果と比べ更にドラゴンとネクロマンサーの採用率が上がった形となりました。
エルフは微増、残るリーダーは微減となりました。



決勝トーナメントのリーダー使用率
uid025371_2017041516502521688c4e

決勝トーナメントは、採用率TOPの2人が大量通過した形となり
それぞれ21人中17人ずつが採用したという結果になりました。
続いてエルフとビショップが通過し、ウィッチが1名通過。
ロイヤルとヴァンパイアは残念ながら通過者がいませんでした。


1位 SOS
使用デッキ ランプドラゴン/アグロネクロマンサー
21
デッキリンク(どばすぽ)

サハクィエルシステムを採用した正統派なランプドラゴンデッキです。
《ウロボロス》などによる回復とバーン、《風読みの少年・ゼル》の疾走で
PP増加から一気に盤面を詰めることが可能です。
《ライトニングブラスト》の採用枚数など調整が効いています。


43
デッキリンク(どばすぽ)

アグロネクロマンサーデッキに《死の祝福》《魔将軍・ヘクター》を採用したようなデッキ構成です。
一部カードがミッドレンジまでずれ込んだ時用に枚数調整されています。
ミラーデッキ対策の《風の軍神・グリームニル》など構成にかなり調整が効いています。


2位 ぎん氏
使用デッキ ランプドラゴン/ミッドレンジネクロマンサー
65
デッキリンク(どばすぽ)

《ブレイジングブレス》を採用しアグロデッキ対策を少し強めたランプドラゴンデッキです。
ミラー戦を意識して大型を取れる《ゼウス》を採用されています。


87
デッキリンク(どばすぽ)

7コストフォロワーをフィニッシャーとしてミッドレンジに寄せたネクロマンサーデッキです。
アグロ要素も残しつつ、3コスト守護5枚採用など対アグロデッキ対策が強めな構成となっています。



2017年4月15日 JCG Shadowverse Open 2nd Vol.22 結果



ランクマ頂上決戦かのような組み合わせですね・・・!
この組み合わせだと先にドラゴンを出せないのでなかなか戦略が難しいですね。