e7f746f32ded38852afc5f1b0615ebc21f9232bb7953d9c9aa22030590f937b8
デッキリンク(どばすぽ)


キーカード
《イーグルマン》 / 《黄金郷の獅子》
a1c7ff17064d3c6fe4998a4a4a2a2b4c

今回の構築は、第5弾パック「ワンダーランド・ドリームズ」で実装された新レジェンドの
《黄金郷の獅子》を採用し、初日のニュートラル寄りアグロ環境で勝ち抜く為の構築の紹介です。
まだ全体のデッキ完成度がそこまで高くない環境ではありますが、アグロ型に対抗する為に
こちらも軽めのデッキ構築にして序盤はアグロしつつ、状況に応じて攻めだけでなく
受けにも回れるように構築するのが大事だと考え、フォロワー同士のぶつかり合いと
スペルやアミュレット、能力による除去の両方を重視して手札差や盤面差を狙います。
その時に、《黄金郷の獅子》《イーグルマン》のようにニュートラルフォロワーで
コスト軽減可能なカードをメインに組み立てることで、PP当たりのスタッツが高くなるよう構成しています。
基本的にはフィニッシュに7ターン前後掛かることが多いミッドレンジ帯のデッキです。



デッキの長所
・フォロワー交換に強い
環境で大流行しているニュートラルアグロ型デッキのように並べるデッキに対して
《スノーホワイトプリンセス》《鉄槌の僧侶》《三月ウサギのお茶会》から出てくる
《ブリキの兵隊》など1枚で2枚取り出来るカードを多めに採用しているので
場のフォロワー交換になった時にスピード負けしにくくなっています。

・横並びが早い
序盤のニュートラルカード群から《イーグルマン》《黄金郷の獅子》が繋がった時は
アグロデッキのように振る舞うことが出来る上振れを持っています。

・除去を多めに採用出来る
《テミスの審判》を代表とするようなAoEスペルなどを環境に合わせて調整出来るので
受け用のカードを用意するのはそこまで難しくありません。


デッキの短所
・重めのカードが少ないので、遅延された時に押し切る能力が低い
相手の構成が守護や除去寄りの重めのデッキだった時に息切れする場合があります。



デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、1~3コストのカードが1枚ずつ手札に来るように手札交換します。
特に、《スノーホワイトプリンセス》が強いので最優先で狙うのも手です。
先攻上振れを狙いたい場合は、《ゴブリン》+2コスト+《黄金郷の獅子》という初手も面白いです。
後攻を引いた場合は、《スノーホワイトプリンセス》だけでなく《漆黒の法典》をキープしておくのも手です。

序盤からPPが無駄なく消費されるようにカードをプレイしていきます。
対アグロを意識したデッキなので、《スノーホワイトプリンセス》を使った相手のフォロワー取りは
特に意識して行いましょう。
《ゴブリン》《スノーホワイトプリンセス》とプレイ出来た場合は、3ターン目までの
特殊なスタッツを持つフォロワー以外はほとんど処理可能です。
盤面有利な場合は続けて《ゴブリンリーダー》まで繋げて横並びを目指しましょう。
《ゴブリンリーダー》をプレイ出来れば《イーグルマン》《黄金郷の獅子》が2コス下がるので大きいです。
先攻4ターン目は《ウリエル》《神魔裁判所》が強いので場面に合わせて選びましょう。


・後半
進化可能ターンからは、相手のデッキタイプを考慮しつつ立ち回ります。
基本的には、盤面にいる相手フォロワーを全て取りつつPP通り進行することになります。
状況有利だと思ったら《黄金郷の獅子》をプレイし詰めに掛かるのも手です。
特に、《黄金郷の獅子》《三月ウサギのお茶会》《ブリキの兵隊》進化が強いです。
状況不利で相手の横並びが少しでも早いようなら《テミスの審判》でのリセットも行いましょう。




デッキの入れ替え候補としては、《ビューティ&ビースト》が割と厳しいので
《テミスの審判》《レディアンスエンジェル》の枠に《破邪の光》を採用するのも手だと感じました。
《不思議の探求者・アリス》の採用も考えてみたのですが、アグロ型に同じカードで対抗してしまうと
先攻時なら良いのですが、後攻時に速度負けしてしまうので今回は不採用となっています。

こうして新環境に入って、環境対策デッキを組むのはやっぱり楽しいですね!