d099ac0eab6be2c03dd7e5237231deb1577a37276b0b590c48c54dcd882b0d4f
デッキリンク(どばすぽ)


キーカード
《ビューティ&ビースト》 / 《鏡の世界》
8a0783a741e9297c97bde1992119b667

今回の構築は、第5弾パック「ワンダーランド・ドリームズ」で実装された新レジェンド
《ビューティ&ビースト》を軸として環境で勝ち越す為のデッキ構築の紹介です。
今回の構築は特に対ヴァンパイア戦を意識した構築です。
完全体《ビューティ&ビースト》を作る為に《鏡の世界》を採用することで
環境に対応できるエルフカードを採用することが可能となっています。
リーサルターン数は8ターン前後のコントロールデッキです。



デッキの長所
《ビューティ&ビースト》が完全体で降臨した時の恩恵が大きい
完全体《ビューティ&ビースト》は対策出来るカードが少ないので通ってしまえば
そのままリーサルという流れを作れます。

・環境で流行している《昏き底より出でる者》対策しやすい
デッキの特徴というよりかは、エルフの特徴ですがバウンス効果を持つカードを採用出来るので
《昏き底より出でる者》の対策が他のリーダーに比べて簡単です。

・ポン置きタイプのデッキに強い
《ビューティ&ビースト》ミラーマッチや《ダークアリス》などのポン置きが通れば勝てるデッキに対して
《妖精のいたずら》がかなり仕事をしてくれます。


デッキの短所
・フォロワーをしっかり並べるタイプのデッキに走られてしまうと盤面負けしやすい
ニュートラル軸の対策を講じてはいますが、先攻+アグロから《不思議の探求者・アリス》されてしまうと
デッキ構築自体がコントロール寄りなのでそのまま押し切られてしまうことがあります。

《サハクィエル》型に弱い
《サハクィエル》から《バハムート》が出て来ると完全体《ビューティ&ビースト》も上から取られてしまうので
盤面負けに繋がります。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、特定のカードを狙いにいきます。
1コスト《フェアリーサークル》、2コスト《森荒らしへの報い》、3コスト《エンシェントエルフ》が優秀です。
先攻時は、《鏡の世界》《エルフの双撃》という動きがアグロ型に対して強いので交換も手です。
《大魔法の妖精・リラ》は先攻時3ターン目にポン置き出来るとフォロワー交換に強いのでオススメです。
それ以外の1~3コストと4コスト以上のカードは交換してしまいましょう。

序盤はアグロ型に負けないように盤面にフォロワーを並べていきます。
特に王道の《フェアリーサークル》《フェアリー》2枚>《エンシェントエルフ》はやはり強いです。
主戦場が6ターン目以降になるので《森荒らしへの報い》で盤面のフォロワーをどんどん取りましょう。
《鏡の世界》は他にカードがない場合は2ターン目に撃つこともありますが
基本的には5ターン目に3コスト以下のカードと一緒にプレイすることが多いです。
《エルフの双撃》《鏡の世界》なしだと火力は出にくいですが、2点ぐらいまでは狙えるので
序盤のアグロに対して仕事してくれることも多いです。
進化ターンまでは盤面が先攻している場合は《大魔法の妖精・リラ》ポン置きも強力です。

・後半
進化可能ターンからは場に対応する形でフォロワー除去を進めていきます。
ニュートラルフォロワーが並ぶようなら《ゴブリンブレイカー・ティナ》進化が強いです。
《大魔法の妖精・リラ》を使う場合は、進化枠は《フェアリー》にして盤面を処理し
《大魔法の妖精・リラ》はポン置きするのが強いです。
《歴戦の傭兵・フィーナ》は進化で使い、《ミニゴブリンメイジ》を回収し《リノセウス》確定サーチに繋げます。
この時、《昏き底より出でる者》対策で《ミニゴブリンメイジ》を場に置くと《妖精のいたずら》
再度使い回し出来るのでヴァンパイア戦では意識出来ると良いことが多いです。
《鏡の世界》から完全体《ビューティ&ビースト》が通ってしまえば《リノセウス》コンボでリーサルです。
盤面やリーダーの体力が不利な場合は、《クリスタリア・エリン》《エルフクイーン》で耐えましょう。




デッキの入れ替え候補としては、《昏き底より出でる者》型のヴァンパイアが環境で減った場合は
盤面処理に強い《雪原の戦士》を採用するのもオススメです。
また、序盤展開を考える場合は《アックスガール・アビー》を採用するのも手です。
デッキを重くする方向性で調整する場合は《ジャングルの守護者》の採用などもオススメです。
対フォロワーを重視する場合は《屈強な山岳隊長》もなかなか相性が良いです。

完全体野獣先輩はやっぱり頼れるんだよなぁ・・・!