7bc305ce14afeb6c38738daafde5c0cdabfe91c49523939cb073766efd030145
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《不思議の探求者・アリス》
db490eafa42f70b483616f4b4cd3b031

今回は先日管理人もグランドマスターに昇格(以下GM)出来たので、その際に使用したデッキの紹介です。
主にMP8000からの格上とマッチングが非常に少なくなりMPが一進一退するところで
連勝による壁の突破に貢献してくれたデッキです。
軸としては《不思議の探求者・アリス》関連のニュートラルカードで殴りきることを主体としています。
サブプランとして高コストヴァンパイアフォロワーを採用していますが、管理人的に意識したのは
「後攻時の勝率を落としすぎないようにデッキ構築する」という部分です。
GM昇格には主に3デッキ使用しましたが、能力修正も近そうなので最初に公開しました。



デッキの長所
《昏き底より出でる者》に特化したデッキと比べてフィニッシュルートが増えている。
基本的には先攻用のデッキですが、後攻時でもワンチャンス作れるように
ニュートラル軸のアグロから《ヘクトル》《屈強な山岳隊長》に繋げることで
場に置かれるフォロワーサイズを重視した一方取りによる盤面制圧勝利を目指せる確率が上がっています。
《ファントムキャット》のお陰で単純なアグロ戦で手札差が作れる部分も強いです。


デッキの短所
・後攻時を捨てない分、先攻時の上振れる力が減った
《バフォメット》エンハンスが確定サーチでなくなった為、《昏き底より出でる者》だったら
勝った可能性が高い盤面に対する安定性が減っています。



デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、《トーヴ》を狙いつつ1~3コストニュートラルフォロワーを探します。
1コストフォロワーが初手である場合はキープし、2枚目以降は交換しましょう。
ベストな初手としては、《ゴブリン》《トーヴ》+3コストニュートラルまたは
2コストニュートラル+3コストニュートラル+《不思議の探求者・アリス》という状態です。
アグロする必要があるので、初手で《不思議の探求者・アリス》だけがある場合はキープせず
1~3コストニュートラルフォロワーを狙うのが基本となります。
《バフォメット》エンハンスが確定サーチではないので、先攻時でも《バフォメット》は交換します。
後攻時《トーヴ》が引けてないミラー戦の場合は、《鋭利な一裂き》を対《トーヴ》用にキープします。

序盤はアグロ型に負けないように盤面にフォロワーを並べていきます。
一番狙いたい動きは《トーヴ》>3コストニュートラル>《不思議の探求者・アリス》の流れです。
相手がニュートラルアグロだと予想する場合は、《トーヴ》は相手のニュートラルフォロワーを一方取りに使い
それ以外のデッキの場合はフェイスダメージを優先して進行しましょう。
《御言葉の天使》は3コスト枠として考えるのではなく、能力による1ダメージで
何かしらの相手フォロワーを取れる時にのみ使うようにします。
無駄に使わずキープしておくと、後半リーサルに繋がることも多いです。
先攻時は《ヘクトル》の能力発動に必要なニュートラルカードの枚数がギリギリなので
《ヘクトル》を持っているのに《トーヴ》《不思議の探求者・アリス》が引けてない場合は、
2~3ターン目に1コストニュートラルは手札で温存してターンを終えるというのも大事なプレイングです。
2コストニュートラルカードは《歌劇姫・フェリア》が進化ターン以降強いので
《天弓の天使・リリエル》を先に消化しましょう。


・後半
進化ターン以降はここまでの場の状況に応じて最終的なリーサルの狙い方を決めていきます。
《バフォメット》エンハンスは場の状況が有利だったら積極的に狙います。
《歌劇姫・フェリア》《不思議の探求者・アリス》《ファントムキャット》で押しつつ
常に毎ターンリーサルをキープし、《昏き底より出でる者》をそのまま着地させるプレイも強いです。
8ターン目以降は、《ヘクトル》《御言葉の天使》《鋭利な一裂き》《御言葉の天使》
などの組み合わせで4点が出るので、《昏き底より出でる者》進化20点を狙う為に
フォロワー一方取りによる盤面制圧進行もミラー戦での《昏き底より出でる者》を警戒する為に必要です。

対ミラー戦は相手の進化《豪拳の用心棒》《屈強な山岳隊長》進化で取れた場合
《緋色の剣士》《ファントムキャット》を進化させないと対処出来ないので狙いたいムーブの1つです。
対秘術デッキ戦は、変身効果を持つスペルがあるので《昏き底より出でる者》は必ず進化攻撃しましょう。
対ネクロマンサー戦は、ネフティス絡みで《冥守の戦士・カムラ》が採用されている可能性が高いので
7ターン目までに相手の体力を8以下まで削るのが非常に大事です。
後攻6ターン目に《昏き底より出でる者》を潜伏放置しておくと返しで《冥守の戦士・カムラ》が置かれたら
詰むことが多いので、後攻を引いたら《ファントムキャット》軸を意識して使えると強いです。




後攻での勝率を上げる為に《緋色の剣士》をバッサリ切った形となりましたが
その分、連勝は2桁越えず止まることが多いです。
後攻時もじわじわ戦えるので盤面を返しきれることもあるのが管理人的に好きなデッキです。

関連記事:
管理人がグランドマスター昇格に使用したデッキその2「コントロールダークアリスネクロマンサー」レシピ
管理人がグランドマスター昇格に使用したデッキその3「ミッドレンジ獅子ビショップ」レシピ