38e10437ffe3ff1f0c987482b86f7b83
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《白翼の守護神・アイテール》 / 《ムーンアルミラージ》 / 《グレートタウラス》
C_106741010

今回の構築は、新弾で実装された新レジェンド《白翼の守護神・アイテール》を軸として
中盤から一気にダメージレースを仕掛ける疾走デッキの紹介です。
《白翼の守護神・アイテール》からは7ターン目以降、ビショップの疾走フォロワーの
《ムーンアルミラージ》《グレートタウラス》しか出ないようになっており
フォロワーが出て来るアミュレットと合わせて横並びから一気にフェイスを狙います。
リーサルには8ターン前後必要なミッドレンジデッキ構成となっています。

まだランクマッチも開放されていないので、構築例としての叩き台用となっています。



デッキの長所
・疾走フォロワーでダメージを稼ぐので守護を採用しないデッキに強い
タイミング良く横並びと疾走フォロワーを狙うので、守護を採用しないデッキにはかなり強いです。

・アグロからコントロール系のデッキまで幅広く戦える
初日用のデッキということで、広く浅く戦えるように構築してあります。
フェイス狙いの最速アグロ系からランプドラゴンのような重いデッキまで大体対応可能です。


デッキの短所
・特殊勝利タイプのデッキに少し弱い
超越やセラフのような8ターン目前後に確実なリーサルが来るデッキに対して
デッキ速度を特化していないので負ける場合があります。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、1~3コストのカードが1枚ずつ手札に来ているのが理想です。
中でも新カードの《星導の天球儀》《詠唱:獣姫の呼び声》を引っ張ってくる可能性があるので
初手としては非常に心強いです。
対ウィッチ戦は超越警戒で《マイニュ》を回収しておきましょう。
管理人的には《星導の天球儀》《気高き教理》《漆黒の法典》というスタートも対応力が高くて好きです。

序盤は進化ターンまで相手のデッキを推察するターンです。
《詠唱:獣姫の呼び声》は相手のデッキが遅く感じられたら《気高き教理》ですぐ開放するのも手です。
《ウルズ》は疾走フォロワー用のおまけ採用なので先行時は《ホーリーファルコン》に使うのも手です。
もし相手のデッキが重い可能性を感じたら《ウルズ》《白翼の守護神・アイテール》からの
コンボ用にとっておきましょう。


・後半
進化可能ターン以降は強力な進化能力を持つフォロワーを多数扱えます。
しかし、アグロデッキで自分の体力が危ない場合以外は疾走フォロワーに使い
相手リーダーの体力を狙う方向性で進化を切る方が良いことが多いです。

《白翼の守護神・アイテール》は相手がアグロ構築だった場合は、6ターン目にプレイすることで
《神殿の狂鬼》《エンシェントレオスピリット》という横並びに対応出来るカードが出てくるので
上手く運用しましょう。
7~8ターン目は《ムーンアルミラージ》確定、
9ターン目以降は《グレートタウラス》確定となっています。
特に10ターン目に突入した場合は《ウルズ》も使えるので最大10点出ます。

基本的な相手リーダーの体力を狙う動きとしては
5ターン目:《三月ウサギのお茶会》
6ターン目:《ムーンアルミラージ》
7ターン目:《ムーンアルミラージ》or《白翼の守護神・アイテール》
8ターン目:《グレートタウラス》
9ターン目:《グレートタウラス》or《白翼の守護神・アイテール》
10ターン目:《白翼の守護神・アイテール》《ウルズ》

という流れで各ターン最大ダメージを狙っていくことになります。
早めに《詠唱:獣姫の呼び声》《三月ウサギのお茶会》をプレイしておくことで
これらの疾走フォロワーの動きが通しやすくなるので除去とのバランスに気をつけましょう




セラフ対策の《オーディン》やら超越対策の《マイニュ》は環境が変わったら入れ替えてしまいましょう。

管理人的には《神殿の狂鬼》が使ってみて思いの外使いやすく、進化状態で場に残った時に
相手リーダーに8点ダメージも狙えるというのがなかなか好きです。
《白翼の守護神・アイテール》から《ムーンアルミラージ》が出た時に3/6として登場するので
進化して5/8という割と取れないスタッツになるのもいい感じですね!

またランクマッチが動き出したらMPを稼ぎつつ面白いデッキの紹介を出来たらと考えています!