2
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《呼び覚まされし禁忌》 / 《精神統一》
ac23f11bf4503d448a055356db226719

今回の構築は、新弾で追加されたスペル《精神統一》のおかげで
運用が割と現実的になった《呼び覚まされし禁忌》を使った秘術デッキ構築の紹介です。
特に対アグロ性能が高く、除去を強要することで盤面遅延を図ります。
その後の基本となる動きはミッドレンジ型の秘術デッキと同様となっています。
リーサルには7ターン前後必要なミッドレンジデッキ構成です。



デッキの長所
・盤面を破壊する能力に長けている
《呼び覚まされし禁忌》だけでなく、《偉大なる魔術師・レヴィ》《変異の雷撃》など
序盤だけでなく、中盤以降も相手の横並びを許さないカードを多数採用することが可能です。


デッキの短所
・バーンで押しきれなかった場合に決め手が少ない
回復と除去に特化したデッキと対戦した場合に一撃のパンチ力がそこまで大きくないので
仕留めきれない場合があります。


デッキの回し方
・前半
最初の手札入れ替えでは、こちらの強い動きを通すのが単純に強いので
毎回、《魔女の大釜》、2コストの《星読みの魔女・ステラ》《ドワーフアルケミスト》
3コストのカードのいずれかを狙い続けるのがオススメです。
初手で《呼び覚まされし禁忌》《精神統一》が揃った場合はそのままキープしましょう。

序盤は手札を回して《呼び覚まされし禁忌》《精神統一》を最速で揃えるか
通常の秘術進行でお茶を濁すか手札と相談しつつ進行します。
特に注意すべきは先攻か後攻かどうかです。
《魔女の大釜》《星読みの魔女・ステラ》《呼び覚まされし禁忌》《精神統一》
という流れで後攻4ターン目に《呼び覚まされし禁忌》が発動確定となります。
この間に《星見の望遠鏡》を消化することも可能です。
先攻時は《ドワーフアルケミスト》進化や《星読みの魔女・ステラ》などを《虹の輝き》で回収
わざと1ターン何もプレイせずパスなど、もう1プレイ挟む必要があるので
通常の秘術ルートで進行するか選択しつつプレイを進めましょう。

・後半
進化可能ターンからはいつもの秘術デッキの動きと《呼び覚まされし禁忌》を合わせて狙います。
《呼び覚まされし禁忌》を先に置く場合は、《エンシェントアルケミスト》《オズの大魔女》
発動を狙うルートもなかなか強力です。
《星読みの魔女・ステラ》から《スターフェニックス》が回収出来ていた場合は
《虹の輝き》《精神統一》から《呼び覚まされし禁忌》の条件が満たせる場合があるので注意します。
ダメージが順調に通っている場合は《天輪のゴーレム》《偉大なる魔術師・レヴィ》で焼き切りましょう。
バーン型の秘術らしいダメージを蓄積させてフィニッシュを狙うので
状況優勢の場合は《変異の雷撃》するのも忘れず狙いましょう。




デッキの入れ替え候補としては、《オズの大魔女》のデメリット消しと原初やネフティス対策で
《冬の女王の気紛れ》を1枚採用して範囲変身を4枚にするのもオススメです。
もう少しパンチ力が欲しい場合は、《ギルガメッシュ》などの大型ニュートラルを採用したりするのも手です。
《呼び覚まされし禁忌》ももうネタデッキとは言えないぐらいに安定度が上がったのは感動ですね!