IGN JAPANにて新カードが公開されました。

_3b3h

《ディアボロス・プセマ》
レアリティ:レジェンド
種別:フォロワー
タイプ:なし
クラス:ヴァンパイア
コスト:9
攻撃力:6
体力:7
能力:
このフォロワーへの「スペルの能力によるダメージ」は0になる。
ファンファーレ 《デモンストライク》1枚と《デモンストーム》1枚を手札に加える。復讐 状態なら、自分のPPを6回復。


《大悪魔の腕》
レアリティ:ゴールドレア
種別:スペル
タイプ:なし
クラス:ヴァンパイア
コスト:6
能力:
お互いのフォロワーすべてに3ダメージ。
復讐 状態なら、自分のPPを3回復。



《吸血の刻印》
レアリティ:ブロンズレア
種別:スペル
タイプ:なし
クラス:ヴァンパイア
コスト:3
能力:
自分か相手のフォロワー1体に4ダメージ。
そのフォロワーがヴァンパイア・フォロワーなら、ドレイン を持つ。
復讐 状態なら、自分のPPを2回復。




全部ヴァンパイアのカードというのはなかなか珍しい公開形式ですね。
《ディアボロス・プセマ》はコストは重いですが復讐時にPPが回復することを考えると
《黙示録》などのAoEスペルの代替にもなるフィニッシャーとしての実装かもしれません。
復讐時にそのまま《デモンストーム》を打つと大変なことになりかねないので
他のカードとの組み合わせで運用する為に作られた復讐+新規軸ありカードっぽいですね。

《大悪魔の腕》も復讐時PP回復するのでこちらこそ《黙示録》の代替かもしれません。
とはいえ取れる範囲が3点だとなかなか悩ましいですね。
《吸血の刻印》は《ディアボリックドレイン》の代替カードに近い感触がありますね。
戻ってきたPPで何に繋げるかが新ヴァンパイアデッキのキモになりそうです。