2a1d247c3c34c4c5dd84de1e89c4cd93
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《財宝の地図》
e4fa8ae487abdfb806ecd1ab0e65e94a

今回の構築は、現環境のガチデッキが今までの旧デッキとそこまで大きく離れた構成ではないので
面白デッキを中心として紹介したいと思いました。
こちらは管理人がネメシスのミッション消化用に組んでいるネタデッキで
《財宝の地図》から《騎士王の威光》を引いて1コストアーティファクトを疾走させるデッキです。
1/7を引かないと成り立たないデッキではありますが成立すると割と強いです。


デッキの長所
《財宝の地図》ガチャが楽しい
《騎士王の威光》が引きたいところですが、他にも《冒涜の墓場》を引いても楽しいです。
《騎士王の威光》を引いた後なら残るカードも何かしらの意味合いが持てるので引きゲーを楽しめます。

《騎士王の威光》成立後の疾走が凄い
《アナライズアーティファクト》が2点、《エンシェントアーティファクト》が3点PP1で出るのは破格です。
《レディアントアーティファクト》と合わせて一気に押し切れます。


デッキの短所
《鳳凰の庭園》が基本的にハズレ
ガシャなのでもちろんハズレもあります。
大型フォロワーを採用していないので負けそうな時は《鳳凰の庭園》を置いてリタイアしましょう。

・アミュレット頼りなので《バハムート》を素早く出せるランプドラゴンが苦手
フィニッシュターンが7~8ターン目なので《騎士王の威光》を出しても間に合わないことも多いです。



解説&攻略
・前半
最初の手札交換では、序盤からしっかり動けるように1~3コストを1枚ずつ回収します。
《生命の量産》《加速装置》は中盤以降用なので交換してしまいましょう。

序盤は他のアーティファクトデッキと同様にアーティファクトをデッキに回収するのをメインに動きます。
4~5ターン目から動き出しとなるので序盤はフォロワー戦で負けすぎないように注意します。
後攻時はスペル除去を意識して、先行時はフォロワーを優先して置きたいところです。
《財宝の地図》は余ったPPでプレイしておきましょう。


・後半
進化ターンは《イカロス》《重力戦士》で消化しつつ《騎士王の威光》は引けたらすぐプレイしておきます。
通常のアーティファクトデッキ同様に《デウスエクスマキナ》を6ターン目にプレイし
アーティファクトを並べて押し切ります。
《加速装置》《騎士王の威光》が引けなかった時用のサブプランです。
除去遅延してワンチャンスを作るのも大事です。
《生命の量産》《ミスティックアーティファクト》は共鳴状態がズレるので
デッキ枚数の調整に気をつけましょう。




デッキ入れ替え候補としては守護枠の確保を兼ねて《ゴブリンプリンセス》も相性が良いです。
アンリミテッドの場合は《冥府への道》をサブプランで採用しておくのもオススメです。

調子よくカードが引けていると6ターン目に疾走10点とか出たりするのが気持ち良いです!
管理人は現在GM目指してルナちゃんとビショップを回しているのですが
やっぱりこういうデッキ紹介の方が書いていて面白いですね。