デッキ登録制オンライントーナメント「JCG Shadowverse Open 3rd Vol.89」の結果が
JCG Shadowverseにて公開されました。
2017/08/03よりシーズン3rdが開幕しました、こちらの記事はローテーション戦の結果です。
シーズン2ndより大会は毎週水曜、金曜、土曜、日曜の4日開催されています。
ローテーション、アンリミテッド、2Pickの大会がそれぞれ開催されています。
2017/12/29からカードパック第7弾「時空転生」実装後の大会となります。


全体のリーダー使用率
uid006175_2018010819403711fce517

前回のローテーション大会結果と比べて、採用率に多少の変化が見られます。

エルフ:+2%
ロイヤル:変動なし
ウィッチ:-2%
ドラゴン:+1%
ネクロマンサー:-2%
ヴァンパイア:ほぼ変動なし
ビショップ:ほぼ変動なし
ネメシス:ほぼ変動なし

ウィッチ、ドラゴン、ネクロマンサーを軸として2リーダーを決めている方が多い模様です。



決勝トーナメントのリーダー使用率
uid006175_20180108195654cbaccac1

決勝トーナメントではドラゴンの採用率が1位となりました。
予選での採用率とほぼ同様に、ウィッチ、ドラゴン、ネクロマンサーの採用率が高めです。



1位 NORI氏
使用デッキ アグロ秘術ウィッチ/ミッドレンジネクロマンサー
0a67d570b77da17d25fb6903e067186f
デッキリンク

土の秘術能力持ちのカードをメインに採用しつつ主にバーンを主体として
相手リーダーの体力を狙うアグロ秘術ウィッチデッキです。
横並び対策となるカードも採用された対ネクロマンサー戦用の構築となっています。


afb9c8f9834f67879d1efc7bbfed6b1c
デッキリンク

フォロワーの横並びを軸に立ち回るミッドレンジネクロマンサーデッキです。
主にランプドラゴンやミラーマッチを意識して《ペレヌス》の採用枚数を減らしつつ
遅延されても戦えるように《冥河の導き手》採用型です。



2位 カフェオレ
使用デッキ ランプドラゴン/アグロ秘術ウィッチ
1
デッキリンク

PPを増加させて大型フォロワーを叩きつけるランプドラゴンデッキです。
横並び対策の為に、盤面を作る《竜の峡谷》を採用しつつ
進化切れ後も直接リーダーを攻撃出来る《ウロボロス》採用型です。


2
デッキリンク

土の秘術能力持ちのカードをメインに採用しつつ主にバーンを主体として
相手リーダーの体力を狙うアグロ秘術ウィッチデッキです。
構成が優勝された選手とかなり似ていますね。



2018年1月8日 JCG Shadowverse Open 3rd Vol.89 結果




今回は決勝の両選手共にアグロ秘術ウィッチを採用されたという結果でした。
全体的な構成として、押し切るor押しきれないなら長いターンを戦うという形で2分されていますね。
長いターンを戦う枠でビショップやネメシスも頑張れそうな気もしますが
BO3環境ではなかなか難しそうですね。