デッキ登録制オンライントーナメント「JCG Shadowverse Open 4th Vol.3」の結果が
JCG Shadowverseにて公開されました。
2018/01/31よりシーズン4thが開幕しました、こちらの記事はローテーション戦の結果です。
シーズン2ndより大会は毎週水曜、金曜、土曜、日曜の4日開催されています。
ローテーション、アンリミテッド、2Pickの大会がそれぞれ開催されています。
2018/01/24より一部カードに調整が入りました。
2017/12/29からカードパック第7弾「時空転生」実装後の大会となります。


全体のリーダー使用率
uid000005_20180203165830ea82b1aa

4th初となるローテーション大会です。
先週末のローテーション大会結果と比べて、採用率に変化が見られます。

エルフ:-4%
ロイヤル:-4%
ウィッチ:+9%
ドラゴン:+5%
ネクロマンサー:+5%
ヴァンパイア:-8%
ビショップ:-6%
ネメシス:+2%

ウィッチの採用率が更に伸びて採用率6割超えとなりました。



決勝トーナメントのリーダー使用率
uid000005_20180203165837802ff8d4

決勝トーナメントでは予選での採用比率と比べるとエルフとヴァンパイアの採用率が少し上がっています。



1位 絆/SBG氏
使用デッキ ミッドレンジ復讐ヴァンパイア/アグロ秘術ウィッチ
912ac9e37acebb61fdaffdb0c1a4d848
デッキリンク

《カオスシップ》を軸とした復讐時に強化されるフォロワーをメインとした
ミッドレンジ復讐ヴァンパイアデッキです。
直近で流行していたニュートラル軸を採用している型と異なり、《カオスシップ》1本に絞られています。


fd81d65770404cca256ef5653d0d0998
デッキリンク

土の秘術能力持ちのカードをメインに採用しつつ主にバーンを主体として
相手リーダーの体力を狙うアグロ秘術ウィッチデッキです。
《呼び覚まされし禁忌》ピン挿し採用されている点が特に特徴的ですね。
能力を発動させて使うというよりかはサイズを活かして読み合いする為の採用だと予想されます。



2位  ちくわ
使用デッキ アグロ復讐ヴァンパイア/ドロシーウィッチ
4
デッキリンク

復讐時に強化されるフォロワーをメインとしたアグロ復讐ヴァンパイアデッキです。
疾走軸を主力とされています。


5
デッキリンク

《次元の魔女・ドロシー》を軸としたスペルブーストをメインとしたドロシーウィッチデッキです。
《ギガントキマイラ》採用の少し重めな構築となっています。


2018年2月3日 JCG Shadowverse Open 4th Vol.3 結果




決勝はヴァンパイアとウィッチミラーという形となりました。
BO3環境でもドロシーを対策の軸として、軽くするか重くするかの2極化しているように感じられますね。