デッキ登録制オンライントーナメント「JCG Shadowverse Open 4th Vol.8」の結果が
JCG Shadowverseにて公開されました。
2018/01/31よりシーズン4thが開幕しました、こちらの記事はローテーション戦の結果です。
シーズン2ndより大会は毎週水曜、金曜、土曜、日曜の4日開催されています。
ローテーション、アンリミテッド、2Pickの大会がそれぞれ開催されています。
2018/01/24より一部カードに調整が入りました。
2017/12/29からカードパック第7弾「時空転生」実装後の大会となります。


全体のリーダー使用率
uid016012_201802111943191b906b2a

能力変更から約3週経過し、ウィッチを軸としたプレイヤーが多い中
対ウィッチ戦に勝ちが見込めるリーダーを2人目として選択されているプレイヤーが多い模様です。



決勝トーナメントのリーダー使用率
uid016012_2018021119432700459b26

決勝トーナメントでは予選と異なり、ネクロマンサーが採用率1位となりました。
ウィッチ、ドラゴン、ヴァンパイアと続いています。


1位 キャベツ/Forte
使用デッキ ミッドレンジネクロマンサー/ドロシーウィッチ
6a85e95701df4113674ac841cd6ba8bd
デッキリンク

《魔将軍・ヘクター》を軸としたミッドレンジネクロマンサーデッキです。
全体的にコストを軽めにそろえて《シャドウリーパー》のサイズアップも狙う構築です。


1555c6fa407449d0a12509e93274ea99
デッキリンク

《次元の魔女・ドロシー》を軸としたスペルブーストをメインとしたドロシーウィッチデッキです。
《マナリアの防陣》《精神統一》ともシナジーがある《静寂の実験室》
ピン挿し採用されています。



2位  AgoganAI
使用デッキ ドロシーウィッチ/コントロールビショップ
1
デッキリンク

《次元の魔女・ドロシー》を軸としたスペルブーストをメインとしたドロシーウィッチデッキです。
《ギガントキマイラ》採用の少し重めな構築となっています。


2
デッキリンク

序盤を耐えた後、《白翼の守護神・アイテール》などで盤面展開していく
コントロール寄りのビショップデッキです。
中盤の盤面用に《ペガサスデュラハン》を採用したアミュレット多めの構築となっています。


2018年2月11日 JCG Shadowverse Open 4th Vol.8 結果




決勝戦の両者共にネクロマンサーとビショップが独特な面白い構築ですね!
中盤の盤面を意識したフォロワー戦に強い構築として参考にしたいです。