2月15日に予定しておりますメンテナンスに先立ち、
ご利用のお客様に、カードの変更の方針についてご説明いたします。

■概要
2月15日に予定しておりますメンテナンス時に、カードの能力やコストは変更いたしません。
また、「アンリミテッド」フォーマットでの1枚制限カード指定や禁止カード指定は行いません。



■1月24日のカード変更と1月30日の1枚制限カード指定によるゲーム環境の適正化
1月24日のカード変更と、1月30日の「アンリミテッド」フォーマットでの1枚制限カード指定による
ゲーム環境の適正化についてご報告し、2月15日にカード変更がないことの説明をいたします。
これまでのお知らせでは、デッキタイプ別の勝率と使用率を記載していましたが、
今回のお知らせでは数値を伏せてご報告します。これは、2月15日のメンテナンス時に
カードパックの追加もカードの変更もないため、デッキタイプ別の勝率と
使用率を記載することが現在のゲーム環境の攻略情報となってしまう懸念から
です。
ご了承くださいますよう、お願いいたします。


「ローテーション」フォーマットについて、2月上旬の高ランクユーザーの
対戦データを集計したところ、勝率が特に高いデッキタイプはなく、
勝率51.0%以上のデッキタイプが12種類あるという多様なゲーム環境になっています。
使用率では、4.0%以上のデッキタイプが8種類あり、ある程度多様なゲーム環境になっています。
使用率については、特定のデッキタイプが一時的に高くなることがありますが、
その場合でも勝率は特に高くなく、数日で使用率が低下するため、
今回、カード変更の必要はないと判断いたしました。使用率については引き続き注視してまいります。

「ローテーション」の先攻時の勝率について、
前回の「1月上旬の高ランクユーザーの対戦データ」では全デッキの総計で52.0%でしたが、
今回の「2月上旬の高ランクユーザーの対戦データ」では全デッキの総計で50.4%と、
先攻時の勝率が50%に近付いています。

「アンリミテッド」フォーマットについて、2月上旬の高ランクユーザーの対
戦データを集計したところ、勝率が特に高いデッキタイプはなく、
勝率51.0%以上のデッキタイプが11種類あるという多様なゲーム環境になっています。
使用率についても特に高いデッキタイプはなく、使用率4.0%以上のデッキタイプが7種類あり、
ある程度多様なゲーム環境になっています。

「アンリミテッド」の先攻時の勝率について、
前回の「1月上旬の高ランクユーザーの対戦データ」では全デッキの総計で52.3%でしたが、
今回の「2月上旬の高ランクユーザーの対戦データ」では全デッキの総計で51.4%と、
先攻時の勝率が50%に近付いています。

勝率と使用率が特に高いデッキタイプはなく、多様性のあるゲーム環境で、
先攻後攻の勝率に極端な偏りがないため、今回、カード変更の必要はないと判断いたしました。

■今後のカード能力とコストの変更について
Shadowverse運営事務局ではユーザーの対戦データを集計し、より良いゲーム環境にするために、
必要に応じてカード能力とコストを変更し、分解したときに得られる
レッドエーテルの個数の変更によって補償をいたします。

デッキ構築戦のフォーマットには「アンリミテッド」と「ローテーション」の2つがあり、
これらのゲーム環境を同時に適正化していきます。
「アンリミテッド」では、これまで行ってきたカード変更の他に、カード変更が
「ローテーション」に影響する場合などには、「アンリミテッド」での
1枚制限カード指定や禁止カード指定を行います。

今後は、事前にお知らせした日付で、カード能力とコストの変更の有無を発表し、
変更がある場合は原則として発表の翌日にカード変更を行います。
また、下記の日付以外でも、Shadowverse運営事務局が緊急と認めた場合には、
カード変更、制限指定、禁止指定などをすることによって、ゲーム環境を迅速に適正化いたします。

3月8日発表、3月9日カード変更
3月28日発表、3月29日カード変更

※日付は予定であり、変更する場合があります。
※「カード変更がない」場合も、その旨を発表いたします。



管理人も今月GM挑戦中なのですが、ローテ環境が毎日変動していて
TOPデッキと言い切れるデッキもないのでMPを一気に上げるというのが難しくなっています
管理人的にはカード1枚の読み合いが重くランクマを回していて楽しいです!