06a1556f50ecd14a7656910e7c448145
デッキリンク(どばすぽ)

キーカード
《援護射撃》
a531af8f4a037c6b22a620b987c52c2e

今回の構築は、先月のGM昇格戦に使ったデッキの紹介です。
《援護射撃》を置くターンは無防備になりますが、プレイした以降は
カード1枚当たりのリターンが非常に高くなることを生かして盤面を制圧するデッキです。
《バハムート》のナーフ、ローテーション進行によるアミュレット破壊を持つカードの減少
同ローテ進行による疾走フォロワー数の減少によるアグロデッキの速度低下など
《援護射撃》デッキ的にはチャンスな時期でした。
フィニッシュ速度としてはミッドレンジ帯のデッキとなります。


デッキの長所
《援護射撃》に完全に依存する分、環境に合わせた構築を組みやすい
《援護射撃》をプレイしなきゃ始まらないので、環境に合わせた構築が求められます。
基本的には対アグロデッキ戦への対策がメインですが、コントロールデッキが多かった場合に
《不滅の英雄・ローラン》を採用するなどメタから構築を始められるのはメリットの1つです。

・盤面のフォロワー差を作って闘うミッドレンジデッキに強い
《援護射撃》が置けてしまえば、フォロワー差も1枚の指揮官カードで
2~4枚取るのは難しくありません。
流石に先行《次元の魔女・ドロシー》が5ターン目に出てきたら辛いものはありますが
少しでも遅れたらこちらのモノです。


デッキの短所
《援護射撃》にかなり依存したデッキ構築なので引けないと辛い
フォロワーのスタッツ差を作る《シンデレラ》や優先処理を強いる《静かなる炎将・マーズ》
など場を作るフォロワーを採用している分、《援護射撃》を引いて場を押し続けないと
手札も息切れしてしまい苦しいです。



解説&攻略
・前半
最初の手札交換では、《援護射撃》を初手キープしたいところですが
対ヴァンパイア、対ロイヤル戦はアグロデッキであることが大半なので交換がオススメです。
それ以外のリーダー戦では《援護射撃》初手キープがオススメです。
序盤に押されてしまうと《援護射撃》が引けてても押せないので序盤を構築出来るカードを探します。
2コスト枠は《刃ネズミ》が引けているのが理想です。
3コスト枠は先行時は《シンデレラ》、後攻時は《嵐の槍使い》が強い動きに繋がります。
他には先行時は《太陽の槍・ルー》《ウリエル》、後攻時は《火遁の術》も当たりです。

序盤は盤面負けしないように進行します。
先行時は3ターン目に《シンデレラ》が強い動きです。
後攻時は《刃ネズミ》《嵐の槍使い》《刃ネズミ》を育てる動きを狙いたいです。


・後半
進化ターンは後攻時は《先陣の騎兵》が安定行動の1つです。
5ターン目に入ったらリーサル以外の状況なら《援護射撃》を最速でプレイしましょう。
《援護射撃》が置けてしまえばちょっと程度の不利な状況なら返すのはそこまで難しくないです。

《援護射撃》プレイ以降強い動きとしては、
対大型フォロワー:《バルバロッサ》《ダークセイバー・メリッサ》
対フェイス:《ダークセイバー・メリッサ》
横並び:《シンデレラ》2枚、《ルミナスメイジ》《円卓会議》
で対応しましょう。
《円卓会議》《シンデレラ》絡みなので少し運が絡みます。
《シンデレラ》が左に出た場合、右に出てくるフォロワーの影響で手札に戻ってきます。

《援護射撃》2枚目の判断ですが、対コントロールエルフや無謀ドラゴンのように
1ターンでリーサルまで届きかねないリーダー戦の場合はプレイに注意しましょう。
それ以外のリーダー戦では2枚目を出した方が更に盤面への圧力が高められて
勝ちに繋がることが多いので、余裕があれば自分の体力と相談してプレイしましょう。

細かい動きですが、《援護射撃》プレイ以降も《先陣の騎兵》から2コスト兵士で
体力を回復した方が良いシーンもあるので自身の体力には常に注意しましょう。

場面としては多くはないですが、相手も自分も事故った場合《静かなる炎将・マーズ》から
普通に横並びを決めた方が強いシーンもあるので相手の動きもよく見たいところです。




デッキの入れ替え候補としては、《騎士王アーサー》をピン刺し採用して
デッキ圧縮を兼ねて盤面制圧を狙うのもオススメの動きの1つです。
《ランサー》も大半の場合出てくるということもあり、ミッドレンジネクロが採用している
《ブラックスワン・オディール》もそこまで怖くありません。

《シンデレラ》《プリンセス・ジュリエット》に変更して《円卓会議》からの
ダメージ力を上げる調整もオススメの1つです。
ニュートラル系のデッキが環境に多い場合、《均衡の大梟》が4ターン目に出てくるので
《シンデレラ》が有効なシーンもありますがココらへんは細かすぎるので
プレイヤーごとの好みに近い調整部分の1つです。

管理人は始めは《不滅の英雄・ローラン》も採用していたのですが
ローランを採用する場合は、《サハクィエル》軸を採用して体力回復ルートを
多めに採用する方が環境にあっているシーンが多いということもあり
最終的には不採用となりました。

もう少しニュートラル2コストを減らしたいなぁとも思うのですが
《ハッピーピッグ》君も《天弓の天使・リリエル》も優秀なんですよねぇ・・・。